葡萄鉱山 概要・歴史

葡萄鉱山は新潟県村上市(旧・朝日村)にあった鉱山。

大同年間に露頭を発見されたという。

1907(明治40)年から本格的な開発が始まり、鉛・亜鉛が主に採掘された。1955(昭和30)年に朝日鉱山(株)買収。1960(昭和35)年に閉山した。

選鉱場跡、坑口跡や堆積場跡など大規模な遺構が残る。

状態
2011年09月15日作成  2019年07月09日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

葡萄鉱山 住所

新潟県村上市蒲萄

葡萄鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

葡萄鉱山 画像・写真

1970年時点での葡萄鉱山跡。選鉱場跡らしき施設が確認できる
1970年時点での葡萄鉱山跡。選鉱場跡らしき施設が確認できる

葡萄鉱山 ストリートビュー・空中写真

葡萄鉱山 関連ブログ・参考リンク

柵の向こう側 葡萄鉱山
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
例のごとく、詳しい場所など分からずに、とりあえず来てみた(汗当時の地図。現在の地図と比べても、大体の位置しか分からない。なんせ手書きに近いので、距離がアバウト!道路も現在とは、全く違う。選鉱場跡へ来た。朽ちかけた門が、出迎えてくれる。施設が残っているとの情報だ
葡萄鉱山(新潟県)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/budo/budo.html
葡萄鉱山新潟県岩船郡朝日村熱水鉱脈鉱床葡萄鉱山は、明治時代に開発され鉛・亜鉛を目的に東邦亜鉛が採掘した鉱山で最盛期は600~700人の規模であったと伝えられ良質の方鉛鉱・閃亜鉛鉱を産出したが昭和35年(1960)閉山となった、現在は山林となりつつあり選鉱場跡、
葡萄鉱山跡
http://mikkun.yu-nagi.com/07min/018budo.html
葡萄鉱山跡葡萄鉱山跡岩船郡朝日村の葡萄鉱山を見てきました。今は村上市ですか・・・そうですか・・・ここはいつから掘っていたのかな?慶長二年(1597年)の絵図には描かれていませんが、その後の元和六年、(1620年)の文書には記載があるそうです。葡萄鉛山と呼ばれて
葡萄鉛鉱山跡/村上市 - 新潟県北部の史跡巡り - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/rekisi1961/52931169.html
葡萄鉛鉱山選鉱場跡選鉱場の石垣在りしの葡萄鉛鉱山(朝日村史より)在りしの葡萄鉛鉱山(朝日村史より)精錬所跡の基礎草が生えない位夥しい量の精錬滓溶岩が溶けたような精錬滓(からみ)葡萄鉛鉱山跡は、村上市大字葡萄にある。葡萄川の谷に面している。いつ頃から開発されたか
葡萄鉱山(朝日村)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/15.Niigata/Asahi_Budo-mine.html
蒲萄(ぶどう)鉱山 ※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「勝木」(昭和22.3)を使用したものである所在:村上市蒲萄地形図:蒲萄/勝木異表記:葡萄鉱山(碑文等)形態:川沿いから山中にかけて家屋や施設が集まる標高:約110m(北側の建物群)訪問

ピックアップ廃墟