持倉鉱山 概要・歴史

持倉鉱山は新潟県旧三川村(現阿賀町)にあった鉱山。五十島銅山とも呼ばれた。

1700年頃に発見され、当初は会津藩が主に銅を掘り出していたという。近代に入り蛍石、銀・鉄・鉛・亜鉛などが採掘された。

近代に入り小出鉱業(株)、東北振興(株)、三井金属鉱業と経営が移った。

明治末から大正に掛けてが最盛期で、1918(大正7)年には年間10万トン近く産出したとの記録が残されている。

資源枯渇により大正中期には閉山。昭和に入り、第二次大戦中から蛍石の貯鉱場として利用されたらしい。昭和20年代には五十島鉱が蛍石の採石事業を行っていた。

1963(昭和38)年に閉山。

現存する煉瓦造りの事務所跡建物は1913(大正2)年築、屋根部分は既に崩落し、壁だけが残っている。1階部分はアーチ型窓、2階部分は四角形のデザインとなっている。

山中に古代遺跡のような荘厳な姿が残り、地元の保存会により草刈りなどの手入れがされている。

2017年12月27日放送の『世界の何だコレミステリー』で取り上げられた。

状態■■■
2019年03月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

持倉鉱山 住所

新潟県東蒲原郡阿賀町五十島

持倉鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

持倉鉱山 ストリートビュー・空中写真

持倉鉱山 ブログ・リポート

持倉鉱山跡
http://haikyo-hyouhon.parasite.jp/mochi/mochi.html
まるで西洋の遺跡のようだが、持倉鉱山の精錬所跡である。 この鉱山で 1回目は 単独による探索だが、2回目は『廃墟伝説』の黒魔さんの新潟OFFで 3回目は『Bar森亜 亭』のねりぃさん『真・路地裏番長』の番長さんと 様々な方たちと合同調査をしている。
秘境!持倉鉱山: born March
http://marchyoo.seesaa.net/article/154870343.html
2010年6月29日 秘境!持倉鉱山. あらすじ ひまだったので新潟県の廃墟をググっていた管理人そこで ふとこんな記事を発見 欧州の古代遺跡が残る持倉鉱山 地元である新潟県にこんなもの があるだと!? こりゃぁ 見る価値がありそうだ! ~持倉鉱山へ~
持倉鉱山(新潟県)
http://www.miharu-e.co.jp/ja7fyg/kouzan/mocikura/mocikura.html
持倉鉱山. 新潟県東蒲原郡三川村. スカルン鉱床. 持倉鉱山は、明治時代に小出氏 により開発され後に大正8年より五十島鉱業(三井金属鉱業)により銅を目的に操業され たが、 昭和38年1月に閉山となり現在では精錬所跡が山中にひっそりとたたずんでいる 。
持倉鉱山
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/niigata/mine/mochikura/mochikura1.htm
地上に降りたラピュタ 持倉鉱山Mochikura Cupper Mineその神殿は、越後の国の山奥に存在した。常人には辿りつけない越境の彼方・・・ただ静かに、そしてじっくりと熟成を重ね、神殿は、訪れる者たちに、強く語りかけるのであった。『我、此処に存在せし』と・・・
【廃墟】持倉鉱山|廃墟巡行 -tours to ruins- - Ameba
http://ameblo.jp/fury99/entry-11412671672.html
2012年11月26日 【廃墟】持倉鉱山. Theme: └ 持倉鉱山. [所在地]新潟県東蒲原郡[探索年月]2010年 5月 「 新潟県の山奥に、古代神殿の遺跡が眠っているらしい・・・ 」 そんな噂 ドーン! !ここが目的地の持倉鉱山跡。 .. そんな廃鉱に感動し、 セフィロス 
くろべぇの廃墟:持倉鉱山-livedoorBlog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/8350272.html
2013年5月26日探訪。江戸時代より蛍石の採掘を行っていた鉱山。明治後期の銅鉱脈発見を機に大規模な開発が始まった。大正2年、精錬所や事務所といった施設が建てられ、ひとつの町が出来るほど発展したそうだが、数年で採掘のピークを超え、世界恐慌の銅価格下落なども重な
新潟の山奥にインカ神殿を見た(前編): たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2012/12/post-616d.html
西会津からさらに新潟県までやって来た。越後山脈の懐深く、阿賀野川の支流・五十母川(いそもがわ)の渓流に沿って遡っている。というのも、この川の上流にまるでインカ神殿のような鉱山廃墟があるというのだ。探索したのは11月末だが、実はこのスケジュール、かなりピンポイン
日常からの大脱走 持倉鉱山
http://zunda225.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
探索日2014年4月20日新潟には本州の軍艦島と言っても良いレベルの廃鉱山があるそこは廃墟などでなはい。欧州の神殿跡である等など友人らだけでなく少しググっただけでも数多くの先人の方々が語っていた。これは行くしかないでしょ。季節によっては熊との遭遇やヒル地獄の恐
柵の向こう側 持倉鉱山保存会
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
人里離れた山中に、突如として現れる巨大建造物。カラミレンガで造られた建物(選鉱場・精錬場以外)は、珍しい。「インカの神殿跡」などと称される、持倉鉱山の事務所棟跡だ。江戸期に銀山として開抗し、大正期に閉山を迎える。戦中戦後に渡って、蛍石を産出する。産出量は、全国
柵の向こう側 持倉鉱山 その1
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-203.html
秘境に建つ、謎の建造物。山奥に残る、インカの遺構。等と称される、アーチ構造が特徴的な、持倉鉱山の事務所跡を見て来た。ちなみにこの場所は、鉱山の一部分であり、鉱山本体と言える「採鉱区」や「集落跡」は、さらに上流部に存在する。選鉱場や精錬場に、カラミレンガを使った
柵の向こう側 持倉鉱山 冬編
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
雪景色の持倉鉱山を見てみたい!と思い立ち、挑戦してみる。通常は片道徒歩2km位、20分~30分位の行程なのだが、雪のこの季節、道路の除雪は行われない。したがって行程は片道約5km、2時間半~3時間程になる。雪景色の中、虹が出迎えてくれる。途中の行程ははしょって
新潟県阿賀町の神殿【持倉鉱山跡】 | 柳田 金乃助 絵画活動情報
https://ameblo.jp/kinnosuke-banana/entry-12236060991.html
新潟県旧三川村(現,阿賀町)の山中、旧持倉鉱山跡地に神殿遺跡の様に静かに眠る廃墟があります。この持倉鉱山跡は大変知名度が高く鉱山廃墟や近代産業史等に興味のある方ならば一度はその名を耳にした人も多いのではないかと思います。現在では地元の保存会が草刈り程度の軽い手
持倉銅山 持倉鉱山 跡
http://mikkun.yu-nagi.com/07min/009_motikura.html
この前持倉鉱山の事務所跡を見てきたよ♪大正ロマン?すごいよ!道が崩れていてさ歩きだよ~♪20世紀の後半近く迄は事務所跡の裏側を通って一番上流の砂防ダムまで車に忍びこんでいけたのにさ~♪そこの河原にはさりげなく銅鉱が落ちていましたので、さりげなく拾って帰りました
持倉鉱山(新潟県)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/mocikura/mocikura.html
持倉鉱山新潟県東蒲原郡三川村スカルン鉱床持倉鉱山は、明治時代に小出氏により開発され後に大正8年より五十島鉱業(三井金属鉱業)により銅を目的に操業されたが、昭和38年1月に閉山となり現在では精錬所跡が山中にひっそりとたたずんでいる。産出鉱物銅・鉄・螢石写真をクリ
【阿賀町鉱山特集・前編】「ナニコレ珍百景」で放映された阿賀町・持倉銅山こぼれ話~草倉銅山の事務員&五十島の蛍石 | 阿賀野川え~とこだ!流域通信
https://aganogawa.info/archives/12983
「ナニコレ珍百景」で放映されてから、東蒲原郡阿賀町の持倉銅山が大変注目されていますね。この銅山は江戸時代に発見され、明治期に銅の産出で栄えますが、鉱脈の枯渇や不景気の影響で大正期に閉山します。現在も事務所跡や精錬所跡が残り、地元の人々や鉱山・廃墟の愛好家の方々

ピックアップ廃墟