金丸原陸軍飛行場は栃木県大田原市にあった旧軍施設。 1934(昭和9)年、所沢陸軍飛行学校の不時着場に...

金丸原陸軍飛行場

金丸原陸軍飛行場 概要・歴史

金丸原陸軍飛行場は栃木県大田原市にあった旧軍施設。 1934(昭和9)年、所沢陸軍飛行学校の不時着場に...

金丸原陸軍飛行場 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

金丸原陸軍飛行場 ストリートビュー・空中写真

金丸原陸軍飛行場 関連ブログ・参考リンク

http://kanreport.blog58.fc2.com/blog-entry-167.html
栃木県大田原市金丸には、金丸原陸軍飛行場の掩体壕が1基のみ残っている。金丸原飛行場は沿革は、昭和9年金丸原演習場の一部が、所沢陸軍飛行学校の不時着場になる。昭和10年所沢陸軍飛行学校金丸原分教場に指定される。昭和12年熊谷陸軍飛行学校金丸原分教場になる。昭和1
http://www.warbirds.jp/airport/tochigi/kanamaru.html
大田原金丸飛行場投稿者:へんじん投稿日:2001/01/31(Wed)21:37:22大田原金丸飛行場(陸軍のものらしい)現在は田畑および、ゴルフ場になっていますが、付近のゴルフ場敷地内にコンクリートでできた機体を隠蔽しておく掩体壕(でしたっけ?)が最近まであ
http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/kanemaruhara-airfield
栃木県大田原市南金丸にあった「金丸原陸軍飛行場」。ここは元々人家がなく、数条の草刈りや作場の道が通るだけの未墾の土地でした。この飛行場には上図の通り2本の滑走路がありました。当記事内では便宜的にそれぞれ「A滑走路」、「B滑走路」とさせて頂きます。滑走路位置につ
http://garitune.hatenablog.jp/entry/2011/06/12/223245
ちょっと前の地図を見ると、金丸原飛行場跡の丘陵を走る細道に「黒羽街道」という名前が書かれていた。実際には丘陵を避けるように新黒羽街道国道461号が通っており、かつてはこの細道が主要な道であったことがわかる。国際医療福祉大学(1995開学)が出来る以前、丘陵を上
http://blogs.yahoo.co.jp/trpys563/11198608.html
大田原市史後編(大田原市史編さん委員会、昭和五十七年十二月一日発行)P717金丸原陸軍飛行場開校偶然にも一月後の五月十日には、金丸原陸軍演習場の東北隅に熊谷陸軍飛行学校の金丸原分教場が設置開校されたのである。「侍ニッポン」の作曲者松平信博の「新民謡・大田原小唄