松代大本営舞鶴山地下壕は、太平洋戦争末期に大本営の疎開先として掘られた地下壕で、大本営と皇居が入...

松代大本営 舞鶴山地下壕

松代大本営 舞鶴山地下壕 概要・歴史

松代大本営舞鶴山地下壕は、太平洋戦争末期に大本営の疎開先として掘られた地下壕で、大本営と皇居が入...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

松代大本営 舞鶴山地下壕 ストリートビュー・空中写真

松代大本営 舞鶴山地下壕 関連ブログ・参考リンク

http://www.matsushiro.org/photo/ph_rochi.htm
写真で見る松代 舞鶴山地下壕. 松代大本営に関わる写真集です。写真部分をクリック するとカラーの拡大版が見られます。 実際に写真パネルを貸し出してもいます。詳細 はお問い合わせ下さい( → 連絡先)。 なお、写真はいずれも1991年以降に撮影した もの
http://homepage2.nifty.com/nhi/MATSUSHIRO/MATSUSHIRO.html
松代象山地下壕鳥瞰図. 松代大本営。大東亜戦争の末期、本土決戦に備えて極秘の うちに大本営、政府各省庁等を松代に移すという計画の下に構築された遺構群です。 計画によれば、 ●舞鶴山:大本営と皇居 ●象 山:政府機関と日本放送協会・中央電話 局
http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/hike/matusiro.htm
皆神山 ( みなかみやま ) ・松代大本営 象山地下壕 ( ぞうざんちかごう ). 風変わりな お椀型の皆神山の山容 また、舞鶴山にもあり、気象庁の地震観測室になっており、 天皇御座所などを少し見ることができます。象山地下壕に車で移動する場合は、'07年に
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col20230.htm
2009年9月28日 松代と言えば、言わずと知れた太平洋戦争の遺跡、終戦直前に掘られた大本営地下壕 があることで有名だ。 私たちも 下の地図にあるように見学できる大本営の地下壕は 通称、象山(475m)にあるが、その他、舞鶴山(559m)にもある。
http://www.kotono8.com/2008/07/15matsushiro4.html
2008年7月15日 長野の戦争遺跡訪問【4】松代大本営・舞鶴山地下壕(2). 舞鶴山の御座所の向かいには 、三種の神器を納める賢所が建設される予定だった。そして、この松代大本営の朝鮮人 強制労働と慰安所についての詳しい話を聞く。 ※この記事は合計で
http://www.geocities.jp/bane2161/matusirotikagou.htm
松代象山地下壕は、第2次世界大戦の末期、軍部が本土決戦最後の拠点として極秘の うちに、大本営、政府各省等を松代に移す 松代地下壕は、舞鶴山(現気象庁精密 地震観測室)を中心に皆神山、象山の3か所に碁盤の目のように掘り抜かれ、その延長
http://www.kotono8.com/2008/07/15matsushiro3.html
2008年7月15日 長野の戦争遺跡訪問【3】松代大本営・舞鶴山地下壕(1). 6月28日午後、松代大本営・ 舞鶴山地下壕を訪問。天皇・皇后両陛下の御座所と参謀本部などが置かれる予定だっ たところだ。 ※この記事は合計で約1153字ありますので、個人差は
http://www.geocities.jp/skegfirst/maizuruyama.html
政府機関と放送関連施設である象山地下壕を見学したのち、今度は大本営と皇居として の役割を担う予定だった舞鶴山へ行ってみます。 もうひとつの歴史館・松代』 にて、『 この2号庁舎では天井を注意して見て下さい』 と教えていただきました。 灰色のコンクリ
http://blogs.yahoo.co.jp/mattsum1103/60655726.html
2005年10月6日 象山地下壕の次に向ったのは、天皇・皇后・宮内庁の御座所が入る予定だった舞鶴山 へ。外から見ると普. 通の山 ちなみに、この松代全体の大本営を完成させる為、日本 軍はアメリカとの本土決戦を少しでも遅らせる. 為、沖縄での戦いを
http://henro.gozaru.jp/15-sinano/0003-genkou/003-nanka/27-karigoza/27-karigoza.htm
地震研究所の有る舞鶴山には、天皇・皇族が疎開する予定だったらしい。 教えられた 神田川沿いに、自転車をエンヤコラと漕いで行きました。 何の変哲も無いノドカな山麓に 、立派なトイレが有り駐車場になってます。 そお言えば象山地下壕の受付に居た