松代大本営は、太平洋戦争末期、当時の大日本帝国の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町などの...

松代大本営 象山地下壕

松代大本営 象山地下壕 概要・歴史

松代大本営は、太平洋戦争末期、当時の大日本帝国の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町などの...

松代大本営 象山地下壕 画像

By baku13 via https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Matsushiro_Zouzan_Underground_Shelter_20100919-04.jpg

近くのスポット

松代大本営 象山地下壕 ストリートビュー・空中写真

松代大本営 象山地下壕 関連ブログ・参考リンク

http://kaze3.seesaa.net/article/235202401.html
その一つが松代大本営跡(象山地下壕)です。今回のシルマンウォークは、ここを散策。 象山地下壕に、政府機関、日本放送協会、中央電話局の施設を建設。 皆神山地下壕に備蓄庫。 舞鶴山地下壕に皇居、大本営を移転することになりました。
http://www.kotono8.com/2008/07/15matsushiro1.html
同校郷土研究班の案内 松代大本営地下壕:イ地区・象山地下壕 「信州松代 れきみちの家」 松代大本営地下壕:ロ地区・舞鶴山地下壕 その後、地元新聞記者の方の話 6月29日:松本第一高校 平川豊志先生 松本市里山辺地下工場(名古屋三菱航空機製作所
http://www.matunomi.com/guide/tikagou/zouzantika.html
松代象山地下壕. 第二次世界大戦の終戦直前、最後の本土決戦を準備するため、この 松代を選定し極秘裏に地下壕の建設をすすめた。 また、「もうひとつの歴史館・松代」 建設実行委員会でも、松代大本営と「慰安所」をテーマに歴史を解説しています。
http://underzero.net/html/tz/tz_331_1.htm
敗戦の色が濃くなってきた昭和19年11月、本土決戦に備えて皇居や大本営を疎開 させるために掘られた地下壕。地震が少なく岩盤が強固なこと、海から遠いこと(上陸し てくる敵兵に備えて)、飛行場が近いことなどの条件から選ばれたのがこの松代。舞鶴 山、
http://blogs.yahoo.co.jp/offsen_onsen/38986380.html
一度行って見たかった「松代の地下壕」 と言う訳で行って見ました 公開されているのは図の左から右に抜けて そこを上に抜けた部分です 鉱山風の入り口から入ります 公開さえている場所は
http://hiroyuki-o-outdoor.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-8224.html
お稲荷さんにお参りして。。。 第二次大戦末期に当時の大日本帝国が国家中枢機能を移転するために、山中に秘密裏に掘られた地下坑道の〝松代大本営 象山地下壕〟へ ヘルメットを着用して、地下壕の深部目指してレッツゴー!! 巨大コウモリ
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3662938.html
信州歴史旅つづきです。 今回、松代行きを決めた大きな目的が こちらの見学でした。 松代大本営 正式には、 松代大本営予定地跡(象山地下壕) ここは、第2次世界大戦も末期の頃 敗戦の色が濃くなってきたところに 日本政府の中枢機関と天皇陛下を 安全
http://www.geocities.jp/skegfirst/matusiro1.html
川中島合戦の古戦場として知られているとおり要害の地である。 松代地下大本営は 舞鶴山(大本営と皇居)を中心として皆神山(皇族住居、食糧庫)、 象山(政府機関と 放送関連施設)に基盤の目の如く掘り抜き、その延長は10km余に及ぶ大地下壕である 。
http://www.hotetu.net/kouzannkidou/131201matushirodaihonei.html
2013年12月10日 松代大本営跡(まつしろだいほんえいあと)は、太平洋戦争末期、日本(当時の大日本帝国)の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現在の長野市松代地区)などの山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡でツ黴
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-173.html
長野県松代。ここには第二次世界大戦時に、天皇陛下をはじめ、大本営や各省庁を移転させるために掘られた地下壕が残されている。その一つ、象山地下壕に行ってみた。この壕は一般公開されており、年間10万人が訪れるという。いつものように前夜から野営である。今回は、河川敷に
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/55364283.html
長野市の南部にある松代には、太平洋戦争末期に、本土決戦に備えて大本営や各省庁、それに皇居を移すための巨大な地下壕が造られました。その地下壕の一部は一般公開されており、今回出かけてみました。地下壕の詳細は、パンフレットに纏められていたので、その内容をそのままここ
http://asama888.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/70-a190.html
マリアナ諸島の陥落から敗戦までの1年間、大本営は松代に地下壕を掘らせて大本営を移動し、地上ではどんな事態が起きようとも徹底抗戦しようとした、戦争の狂気が地下壕跡となっているということだ。 壕を管理保存する長野市や、保存運動を続ける市民団体などの解説によると、労働者の 現在、一般に公開されているのは、イ号(象山)、ロ号(舞鶴山)、ハ号(皆神山)と三ヶ所で掘られたうちの、象山(イ号)地下壕。象山地下壕は総延長5.9キロあり、そのうちの500mが公開されている。写真の壕は、 
http://pumpkin9.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
松代象山地下壕へ松代大本営地下壕は、舞鶴山(まいづるやま)(現気象庁松代地震観測所)を中心として、皆神山(みなかみやま)、象山(ぞうざん)に碁盤の目のように掘り抜かれ、その延長は約10キロメートル余りに及んでいます。 ここは地質学的にも堅い岩盤 
http://vacances2007.blog119.fc2.com/blog-entry-428.html
松代大本営とは、アジア・太平洋戦争末期、現・長野市松代町の三つの山(象山・舞鶴山・皆神山)を中心に、善光寺平一帯に分散して作られた地下壕などの地下軍事施設群のことである。敗色濃厚だった当時、軍部は本土決戦を行うことにより連合国側に「最後の打撃」を与え、「国体護