尾去沢鉱山

尾去沢鉱山(おさりざわこうざん)とは、秋田県鹿角市にあった鉱山である。銅や金が採掘された。708年(和銅元年)に銅山が発見されたとの伝説が残されており、1978年(昭和53年)に閉山した。

跡地には選鉱場、シックナー、大煙突等が残されている。これらの近代鉱山施設の遺構は土木学会選奨土木遺産や、近代化産業遺産に選ばれている。また、一部は、坑内や鉱山施設の見学や砂金取り体験のできるテーマパーク史跡尾去沢鉱山となっている。2007年には日本の地質百選に選定された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

尾去沢鉱山 住所

秋田県鹿角市尾去沢獅子沢

尾去沢鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

尾去沢鉱山 画像

尾去沢鉱山
©Google

尾去沢鉱山 写真・ブログ・リポート

尾去沢鉱山跡-AbandonedMine
http://www.tomboy-urbex.com/osarizawa-mine/
“尾去沢鉱山”は708年で銅鉱山を発見し、1889年に繁栄に達しました。1966年に鉱山は不採算と銅鉱石の枯渇から、古い地下坑内は1978年に閉鎖し、尾去沢歴史博物館が代わりに建設されました。鉱山部分は廃墟ですが一部の施設が現在も使用されています。
廃墟 尾去沢鉱山1|記憶屋「廃墟」
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/mine/osari2/osari2-1.html
廃墟写真、尾去沢鉱山の写真です。記憶屋廃墟のドイテフが秋田の尾去沢鉱山に やってきました。
隧道レポート 尾去沢鉱山 煙道
http://yamaiga.com/tunnel/osarizawa/main.html
2006年10月1日 尾去沢鉱山跡地。 ここには、広大な廃墟が眠っており、全国の廃墟好きを惹きつけて 止まない。 だが、廃墟群の前庭には現役で稼働する工場が連なっており、平日休日を 問わず、多くの人が働いている。 この廃墟探索には、誰何と通報という
廃墟デフレスパイラル 尾去沢鉱山 雪景色
http://home.f01.itscom.net/spiral/osarizawa/osarizawa01.html
場所・秋田県. 東北三大鉱山の一つがこの尾去沢鉱山である。 今回は雪景色の精錬所 跡を訪ねた。 真冬の尾去沢 ここからの景色は白と黒の世界。 遠くから眺めるだけの つもりだったけど。 行けるところまで行ってみよう。 固そうなドーナッツ。 廃墟に粉砂糖。
尾去沢鉱山 1/2
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/kouzan/osarizawa/osarizawa-1.htm
尾去沢鉱山 1/2 私の場合、既に誰かが訪問している既知の廃墟には、殆ど興味が 沸かない。 紙媒体やネットで発表されていれば、どのような廃墟であるか、たかが知れ ているからだ。 未知の廃墟に入る時の、期待と不安が入り混じったような高揚感にこそ、
高津本陣・廃墟点描-尾去沢炭鉱
http://www1.plala.or.jp/MUSASHI/game/kanon/ruine/osarizawa.htm
秋口に、同和鉱業の小坂鉄道の廃線跡を訪問した余勢で、尾去沢鉱山の跡を見てき ました。 この地方では松尾の遺跡が有名なので、 足元がかなり不自由ですが、雨に 霞んだ廃墟はこれはこれでなかなかの風情。 周囲にはまだ現役の事務所があったり する
廃墟 秋田 尾去沢鉱山1
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/mine/osari/osa1.html
廃墟写真、尾去沢鉱山の廃墟写真です。 軍艦島、足尾銅山、松尾鉱山など鉱山廃墟 から廃墟遊園地、廃墟ホテルなどの廃墟写真. 尾去沢鉱山 正直なところここは何をし ていた鉱山なのかはしらない 廃墟探索の行ける範囲に入っていたために行ってきた
秋北バス 花輪・尾去沢線
http://nekoaruki.sakura.ne.jp/michinokubus/syuhokubus/osarizawa2.htm
廃鉱になった鉱山には寂れた町が付き物。 日本は炭鉱で栄えた場所が多いだけに、 北海道や九州などでは異様に数が多い気も・・・・。 夕張、赤平、歌志内、池島、大牟田・ ・・・。 '鉱山'という物が、どれだけの人々を引き寄せ、また養ってきたか。 廃鉱を沿線に
勉 強 会 -マインランド尾去沢-
http://www.geocities.jp/shyu0530/ozarisawa.html
廃鉱 廃坑道 地下 勉 強 会 -マインランド尾去沢見学-(週末探険隊遠征合同オフ). た
秋北バス 花輪・尾去沢線
http://nekoaruki.sakura.ne.jp/michinokubus/syuhokubus/osarizawa3.htm
鉱 ~巨大なシックナーと高さ60mの大煙突が残る尾去沢鉱山~. 秋田'花 輪 秋北 バス/(小坂~)花輪営業所・鹿角花輪駅前~上山~尾去沢・史跡尾去沢鉱山. 史跡 尾去沢 折り返し「尾去沢鉱山」から下ってくるところを廃鉱が広がる地点で撮影しよう 。
YIDFF: DocBox: #26
http://www.yidff.jp/docbox/26/box26-1-1.html
尾去沢銅山は十数年前から廃鉱になって、今はマインランド尾去沢という見学施設に なっています。 小坂鉱山だとか尾去沢鉱山だとか、例の中国人虐殺があった花岡 鉱山にしても、奥羽山脈の秋田県側は結構鉱山が多くて、在日の人たちも仕事があっ たから
2006年 ‥ 尾去沢炭鉱跡(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/sandglass_naka/30267329.html
炭鉱は、廃鉱になりましたが、炭坑跡は見学できます。 去年、外は30度を越す暑さでしたが、中は寒いぐらいの涼しさ。長袖で入ったぐらいです。 1200年の歴史を誇った尾去沢鉱山 全長1.7kmの観光坑道では、約900万年前の地殻が
尾去沢鉱山跡
http://haikyo-hyouhon.parasite.jp/osari/osari.html
■尾去沢鉱山跡■ 全国数ある廃鉱の中でも群を抜く美しさを誇り その姿はしばしば 遺跡に例えられるほどの風格だ。 坑道をテーマパーク化した観光施設もできているが 鉱山跡は手付かずのまま残されている。 廃虚探索に慣れていなかったため、長居や
ぺーちゃんのブログ 初ブログde尾去沢
http://2784360.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
2011年6月25日 月初の事ですが、あの赤レンガの廃墟の後にマイミクの提案の元、マインランド尾去沢 に向かった 湾観光牧場~むつ湾インターナショナル・スピードウェイ (後) (11/04) · むつ湾観光牧場~むつ湾インターナショナル・スピードウェイ 前 (11/02)
尾去沢鉱山: その日の気分次第+
http://tangerine-blue.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-a3ea.html
期間:2010年5月15日場所:秋田県・尾去沢鉱山. 用事で仙台に行った帰りに鹿角に立ち寄ってきました。 ちょっと気になっていた尾去沢鉱山(おさりざわこうざん)を見学。現在は廃鉱していて観光鉱山となっています。公開されている坑道 
選鉱場跡 尾去沢鉱山
http://ruin-explorer.com/ozarisawa/ozarisawa.html
廃墟鉱山廃坑坑道廃鉱尾去沢鉱山跡遺構調査機構へ戻る尾去沢鉱山鉱山廃坑廃鉱地下竪坑立坑マイン
尾去沢鉱山跡 かなや/ウェブリブログ - ブログのトップへ
http://futures.at.webry.info/201205/article_10.html
小学校から少し登ると,いよいよ尾去沢鉱山の象徴ともいえる大煙突が見えてきます。 画像. 廃坑らしい良い雰囲気が漂ってます。 画像. 「史跡」に到着すると,鉱山で活躍した車両たちが出迎えてくれます。 画像. 鹿角花輪駅で活躍した 
みちのくの旅 2/4 尾去沢から奥入瀬、十和田湖へ | 馬郎の日記 - 村ぶろ
http://blog.murablo.jp/syo-ryu/kiji/382439.html
廃坑の後は史跡尾去沢鉱山として一般に公開されている。 一度入ったことがあるがそのスケールの大きさに驚いた。 今回もN夫妻に勧めて一緒に見学した。 1.7km約40分の見学コースをたどる。 「史跡尾去沢鉱山」 クリック. 坑道の長さは延800km、実に東京から広島までの距離に匹敵する。 中には至ると...
史跡 尾去沢鉱山 (マインランド尾去沢) - 東京港区白金台五ッ星お米マイ
http://blogs.yahoo.co.jp/ricekomine/59529534.html
30年ぶりに訪れたJR花輪線陸中花輪駅。 当時は”陸中花輪”と ここの成功により全国に廃坑跡を利用した同じような施設が乱立し、訪れる目前で断念した、福井県九頭竜湖駅そばの中竜鉱山アドベンチャーランド中竜。 更に、2007年3月31 
「尾去沢鉱山」ありがとう100万ヒット!!~specialcommemorativeexhibition~
http://home.f01.itscom.net/spiral/osarizawa02/osarizawa0201.html
呼称・尾去沢鉱山場所・秋田県鹿角市おかげさまで「廃墟デフレスパイラル」も、100万ヒットを迎えることが出来ました。これからもマイペースにやっていきたいと思います。皆さんへの感謝の気持ちを込めて大好きな場所を公開します。