阿仁鉱山 概要・歴史

阿仁鉱山(あにこうざん)は秋田県北秋田市にあった鉱山。正確には小沢鉱山萱草鉱山真木沢鉱山一の又鉱山二の又鉱山三枚鉱山の6つの鉱山があり、これらを総称し阿仁鉱山とされる。また阿仁向山鉱山を加える場合もある。

金、銀、銅が採掘され、とくに銀鉱、銅鉱の産出が多かった。

江戸時代前期の寛文年間(1661年-1672年)に開坑されたと言われる。1716(享保元)年には産銅日本一となり、長崎輸出銅の主要部分を占めた。御用鉱山から久保田藩(秋田藩)の藩営となり、明治初年に官営鉱山となったのち、1885(明治18)年に古河市兵衛に払い下げられ古河阿仁鉱山の経営となる。

世界恐慌により一時休山となるも、1933(昭和8)年再開。1978(昭和53)年閉山。

多くの遺構が残るが、とりわけ小沢鉱山には巨大な選鉱所跡がある。また、1879年に来日したアドルフ・メッケルらドイツ技師らの官舎として建てられた異人館という西洋風建物が、国の重要文化財に指定され保存されている。

地図は阿仁小沢鉱山。

状態
2011年09月15日 作成
2019年02月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

阿仁鉱山 住所

秋田県北秋田市阿仁小沢鉱山

阿仁鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

阿仁鉱山 画像・写真

阿仁鉱山

阿仁鉱山 ストリートビュー・空中写真

阿仁鉱山 スポット

阿仁鉱山 関連ブログ・参考リンク

阿仁鉱山-01
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/ani-01.html
あるいは勝手な推測をするならば六鉱山のほとんどが熊が出没するような場所なので人 が来にくいのと、すでに廃坑とはいってもかつて開発していたの そうした中で明治に 入ってしばらくしてからは足尾銅山や飯盛鉱山などと同じ古河鉱業が経営権を取得。
阿仁鉱山
阿仁鉱山▲ 404?
http://www.miharu-e.co.jp/ja7fyg/kouzan/ani/ani.html
阿仁鉱山. 秋田県北秋田郡阿仁町 阿仁鉱山. up date 2000/05/12 拡大写真リンク 修正. 阿仁鉱山は延慶2年(1,309年)阿仁金山として開発されて以来、次々と銅山が 開発され享保元年(1,716年)佐竹藩の産銅は全国第一位を占め、阿仁銅山は藩内の 主位
廃墟ブログ 秋田 小沢鉱山|ruins-polomerriaさんのブログ
http://ameblo.jp/ruins-polomerria/entry-11056973623.html
「傘を、持っておいでよ。。。」まるで、大切な「なにか」に言われるかのようにどの鉱山に行く時も雨に好かれる。あらあら、、、結構重いのに、、誰か運んだのかや。。。100%天然盆栽。。
阿仁鉱山-01 - Zero
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/ani-01.html
阿仁鉱山の場合いは堅い岩盤?のせいで”核のゴミ捨て場”候補地に挙がっているのだろうか。その辺は門外漢の小生にはちょっと分からない。あるいは勝手な推測をするならば六鉱山のほとんどが熊が出没するような場所なので人が来にくいのと、すでに廃坑と 
柵の向こう側 阿仁 小沢鉱山 選鉱場
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
阿仁6ヶ山の中で現存する、小沢鉱山の選鉱場跡に来てみた。この鉱山、1600年代の開抗から1978年の閉山に至るまで、300年以上の歴史を持つ。道路脇から見える、選鉱場跡。上まで登って来た。草木が茂り、全体の姿を確認する事は出来ない。巨大ホッパー。登ってみると…
柵の向こう側 阿仁 小沢鉱山 火薬庫
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-142.html
通称「阿仁鉱山」この「阿仁」地域、かつて11もの鉱山を数えた時期もあった。「一ノ又」「二ノ又」「三枚」「小沢」「萱草」「真木沢」で、阿仁6鉱山。「大沢」「天狗平」「黒滝」「糠内」「深沢」を加えた、11鉱山の総称が「阿仁鉱山」だ。阿仁地域にある鉱山って意味で、「
秋田ストーンヘンジ 秋田県阿仁鉱山 ワンダートラベル53 | ワンダー速報
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-596.html
阿仁鉱山(あにこうざん)は14世紀に金が発見されたという、歴史の古い鉱山。金、銀、銅が採掘され、とくに銀鉱、銅鉱の産出が多く、1716年(享保元年)には産銅日本一となり、輸出銅の主要部分を占めたそうです。御用鉱山から久保田藩(秋田藩)の藩営となり、明治初年に官
柵の向こう側 阿仁 小沢鉱山周辺
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
選鉱場を後にして、周辺の探索にきた。「旧寛文抗橋」の石組橋脚。有名らしい…川の両岸には、かつての坑口跡があった。こちら側は、みごとに塞がれている(涙こちらの坑口は開いていそうだ!早速、流れの速い川を渡る。が、残念!!ダムが築かれ、見事に水没している…(涙気を取
向山(阿仁町)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/05.Akita/Ani_Mukaiyama.html
◆向山(むかいやま)(向山鉱山)※この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「阿仁合」(大正5)を使用したものである所在:北秋田市阿仁水無(―みずなし)地形図:阿仁合/阿仁合形態:谷の合流部標高:約190m訪問:2016年5月大字水無の西部、

ピックアップ廃墟