石井造船所 概要・歴史

石井造船所は千葉県富津市の造船所跡。国道127号線内房なぎさライン沿いに位置する。

島戸倉の巨大廃墟」「金谷の造船所跡」等として紹介されていることもある。

建屋は2010年以前に解体されたらしく、現在はドックのみが残っている。

2018年12月現在、立ち入り禁止の看板が設置されている。

状態
2018年12月29日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

石井造船所 住所

千葉県富津市金谷

石井造船所 種類

廃工場・発電所

石井造船所 画像・写真

石井造船所
石井造船所

石井造船所 ストリートビュー・空中写真

石井造船所 ブログ・リポート

房総マイナースポットツーリング2010・前編
http://touring2010.michikusa.jp/touring/touring20100207b.htm
石井造船所跡に到着。数年前までは建屋も残っていたそうですが、現在は無くレールだけが残っている状態です。また、敷地内は立ち入り禁止になっていて工事事務所のような物が建っているのでひょっとしたら近い将来レール自体も無くなってしまうかも知れません。
富津岬展望台 chillout
http://96chillout.blog39.fc2.com/blog-entry-675.html
と、今回の目的地、石井造船所跡へ。って...ナクナッテマスヤン...
輪行サイクリング内房(竹岡から那古船形)その1|フォーキー・ブルースの近代産業遺産探訪と単身赴任生活
http://ameblo.jp/folky530/entry-10499244033.html
そして海側には、石井造船所の跡。以前は、有名な廃墟物件だったのですが現在は、更地となっています。ドックヤード跡に残るレール今では、釣り場として良さそうです。残された係船柱は、良い椅子になりそうです。石井造船所跡地を出て内房線の本日2個目の煉瓦トンネル発見。樽山
旧きものを訪ねる旅路(別館): 金谷の造船所跡地
http://tcodef.blogspot.jp/2014/04/blog-post_14.html
こんなところ・・・って、台車邪魔だわ~・・・2本の軌道敷が海に向かって伸びていますが、このレールは水面下にも伸びており、造られた船を台車に載せて海面に降ろす軌道なのです。・・・・とはいえ、その造船所自体はというと・・・・今はただトラックが止まっているだけの更地
8月25日の行動 久里浜~金谷~富津岬: えいはち@十二社の行動
http://ei8at12so.seesaa.net/article/52813309.html
しばらく行くと、イイ感じの造船所跡廃墟発見。思わず立ち寄る。このアタマの折れたバス停にもバスは来るのだろうか。金谷港から2kmほどのところにある、天然温泉「海辺の湯」に立ち寄る。隣には食事処「漁師料理かなや」がある。去年の暮れにオープンしたそうで、前回(一昨年
道路レポート 国道127号 旧道及び隧道群 明鐘岬編  
http://yamaiga.com/road/r127/main7.html
ここは、私が生まれて初めて立つ、造船所の廃墟だった。潮騒の音がむなしく響く作業場。この高い天井の下で、幾隻の船が生を受けたのだろう。旧道は、廃墟の作る大きな影の下を通って、長閑な島戸倉集落へと続く。静かな砂浜を囲むように続く旧道。沿道には瓦屋根の民家が多い。集

ピックアップ廃墟