北村小学校(小笠原村)

北村小学校は東京都小笠原村にあった学校。母島北部、都道241号線沿いに位置する。

1887(明治20)年開校。戦前の母島には沖村と北村に集落があり、1944年の強制疎開までは、北村にも400人ほど住んでいたという。現在は北村地区には誰も住んでいない。

石段を登った両側に、製糖圧搾機の石ローラーを重ねた門柱が残る。

ガジュマルに覆われた道路脇の石垣が当時を偲ばせる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

北村小学校(小笠原村) 住所

東京都小笠原村母島

北村小学校(小笠原村) 種類

廃校

北村小学校(小笠原村) 画像

北村小学校(小笠原村) 写真・ブログ・リポート

JI5RPT Web Site - JD1BLX and JD1BLY 東京都小笠原支庁小笠原村AS-031からの運用記
サーチライト跡(左)北村小学校跡(右)大戦中のサーチライト跡。もうぼろぼろ。(左)。北村にあった小学校跡。グランド跡にガジュマルが生えたらしい。戦前は、北村には400人ほど住んでいたとか。今は、北村地区には誰も住んでいない。(右)北港跡北村にあった港。戦前は北