阿仙原集落は、山口県山口市の廃村集落。 最後の一戸が昭和39年に転出し、廃村となる。棚田も植林され...

阿仙原集落

阿仙原集落 概要・歴史

阿仙原集落は、山口県山口市の廃村集落。 最後の一戸が昭和39年に転出し、廃村となる。棚田も植林され...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

阿仙原集落 関連ブログ・参考リンク

http://www5.ocn.ne.jp/~shimoxx/inaka/inaka1.htm
2004年12月27日 第2話 廃村、阿仙原を行く (山口県山口市). 日本人は古く 新たに刊行された山口市大 歳地区の郷土史を何気に読んでいると、大歳地区に「阿仙原」(あせんばら)なる廃村が あるという記事に出会った。 その農村は馬庭(まにう)と言う。3分ほどで馬庭の集落を 抜けると舗装道は途切れ、砂利道が林の中へと続いていく。道は「
http://kido1944.soreccha.jp/e1578.html
大歳阿仙原(40年前に廃村)の話題など元の住民の情報をもとに! 阿仙原探訪2. 阿仙原は『地下上申絵図』(1740頃庄屋からの報告でつくられた)を見ますと、石州街道の朝田市から朝田川に沿って馬庭集落を通り、上流に上がる道は今も同じですが、阿仙原集落を超えてつづら折の道を小郡の七曲に越す道と、法満寺に通ずる道が描かれており、家影も九戸ほど書かれています。 古老から、平家の落人伝説のある里だと聞いたことがあります。下関の壇ノ浦に亡んだ平家落人達が追手の目をのが 
http://kido1944.soreccha.jp/e1347.html
大歳阿仙原(40年前に廃村)の話題など元の住民の情報をもとに! この阿仙原は、朝田の国道から約三キロ入った山奥で、明治以前でも九戸程の集落にすぎず、吉敷の竜蔵寺や小郡町の七曲集落には山越えで行けば近い位置にあります。電灯もつかないまま、昭和三十九年野村家の転出を最後に住む人もなくなった仙境に、この二月二十七日に史談会員で探訪に出かけました。案内には三作の野村キミエさん(三十八年まで居住)にご無理を申し上げ、最近は人も通っていない悪路を、軽トラの旅と