柵原鉱山 概要・歴史

柵原鉱山(やなはらこうざん)は岡山県久米郡美咲町(旧・柵原町)にあった鉱山。岩手県の松尾鉱山とともに日本を代表する硫化鉄鉱の鉱山であった。

慶長年間に発見されたと言われるが、本格的な採掘は明治時代になってから始まった。

1882年、下柵原鉱体に当たる箇所で硫化鉄鉱の採掘が開始される。1893年になって吉井川対岸の久木地区から銅を含有する硫化鉱の露頭が発見され、久木鉱山と名づけられる。

1884年、褐鉄鉱の露頭を発見。1900年から露天掘りで採掘開始。日露戦争終結後の不況などにより1907年に休山。なお最初に開発された下柵原鉱床は下柵原鉱山と呼ばれ、久木鉱山とともに順調な経営を続けていた。

1912年、下柵原鉱山の経営者が柵原鉱山を買収し、下柵原鉱山と柵原鉱山は合併して柵原鉱山と呼ぶようになった。

1916年、藤田組が買収。近代化と増産がはかられ、1936年には硫化鉄鉱の年生産高は戦前最高の約50万トンに達した。

戦時下で藤田組の銅生産は低迷、1943年に帝国鉱業開発に買収され、柵原鉱山も帝国鉱業開発の傘下に入った。

終戦後、帝国鉱業開発は解散となって1945年12月には同和鉱業が創立され、柵原鉱山は同和鉱業傘下の鉱山となった。急速に生産力を回復、1951年には柵原本鉱床の下部鉱体を発見。柵原鉱山の総生産量は1966年には80万トンを突破し、最高値を記録した。1960年代に全盛期を迎える。

1970年代以降に急速に衰え、1991年3月閉山。

現在は同和鉱業片上鉄道の吉ヶ原駅と操車場跡を利用して造られた柵原ふれあい鉱山公園柵原鉱山資料館がある他、片上鉄道の貨車や客車が動態保存されている。

また、藤原人材竪坑櫓のレプリカが展示されている。藤原人材竪坑櫓は1961(昭和36)年10月竣工、鉱石採掘材料および人員の昇降を担った。櫓の高さ24m(地上部)、竪坑底までの距離約450m、ヘッドシーブ(櫓上滑車)直径3m、重量2.5t(軸受け含)。ロープ直径32mm、ロープ全長550m。ロープ速度237m/分、220kw複胴(人・材兼用)巻揚機、定員35人、最大積載量2,800kg。レプリカは実際の半分の高さ12mに圧縮されている。

月1回、第一日曜日に柵原ふれあい鉱山公園を出発地点とした坑道見学会が美咲町農業公社によって開催されている。

状態
2019年01月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

柵原鉱山 住所

岡山県久米郡美咲町

柵原鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

柵原鉱山 画像・写真

柵原鉱山
柵原鉱山資料館
柵原鉱山
柵原鉱山資料館
柵原鉱山
藤原人材竪坑櫓のレプリカ
柵原鉱山
藤原人材竪坑櫓のレプリカ
柵原鉱山
藤原人材竪坑櫓のレプリカ
柵原鉱山
柵原ふれあい鉱山公園に展示された坑内用電気機関車と鉱車
柵原鉱山
坑内の切羽用のバケット ローダーY-40、Y-75
柵原鉱山

柵原鉱山 ストリートビュー・空中写真

柵原鉱山 ブログ・リポート

柵原鉱山(岡山県久米郡美咲町藤原) - 日本すきま漫遊記
http://www.sukima.com/14_sanyou01_07/19douwa.html
柵原鉱山が廃鉱になったのは、1991年のこと。まだ多くの施設が取り壊されずに残って いる。 写真. 柵原鉱山が掘っていたのは硫化鉄鉱で、硫酸を分離して肥料や化学 原料に用いていたのだという。 川の反対側の選鉱場跡にはもっと巨大な櫓が見える。
国内第37回巡検 - 野外歴史地理学研究会
http://newfhg.sakura.ne.jp/junken/jp/jp37.html
今回は古代から美作の中心地であった津山を中心に、吉井川中流の鉱山町柵原から 備前地域最大の前方後円墳の両宮山古墳を訪ね . 鉱山資料館にて閉鉱(1991年) までの採掘状況を記録したビデオを視聴し、さらに展示物や廃鉱跡を担当者の案内を 受け
棚原鉱業所|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/319.html
岡山県の棚原鉱業所訪れた時はだいぶ整理されて更地が広がっていました。硫化砂鉄が採掘されていたようですね~
おやじの休息: 柵原鉱山
http://oyajinokyuusoku.blog.ocn.ne.jp/top/2010/01/post_1ce9.html
今日は岡山県美咲町(旧柵原町)にある「柵原鉱山跡」に行ってみました以前はこの土台の上に大きな建物があったみたいですが今はコンクリートの構造物が残るだけですもう少し奥に行くと当時の鉱石の積出し口が少し残っていますここは平成3年に廃線になった片上鉄道の終着駅「柵原

ピックアップ廃墟