香取航空基地 概要・歴史

香取航空基地(海軍香取航空基地)は旧・匝瑳郡椿海村(現・千葉県匝瑳市)と同郡共和村(現・千葉県旭市)にまたがり建設された大日本帝国海軍の航空基地(軍用飛行場)。

1942(昭和17)年頃完成。滑走路は1500mと1400mの2本で互いの中央部が十字状に交差した特徴を持つ。1945(昭和20)年2月、本州から初となる神風特攻隊が硫黄島へ出撃した。

1945(昭和20)年10月、太平洋戦争終結と共にその役目を終えた。

跡地にはあさひ鎌数工業団地があり、北西角の北側田圃内(匝瑳市春海)に航空機用有蓋掩体壕が2基残っている。春海第一掩体壕(東)、春海第二掩体壕(西)と呼称され、春海第一掩体壕(東)は開口部に蓋がされた上で案内板が設置され、近づいて見学できる。案内板には「鉄筋コンクリート造アーチ型、開口19.5m、奥行10.6m、高さ6m、コンクリート厚0.3m」といった説明がある。春海第二掩体壕(西)は個人所有農地内に位置し、近づくことはできない。

基地跡南東角の東側、鎌数伊勢大神宮(旭市鎌数)の私有地駐車場脇に大型機用有蓋掩体壕がある。

また、鎌数工業団地から西へ約2km、匝瑳市椿に間口幅3m×高さ1.5mで奥行の深い有蓋掩体壕があるが、関連ははっきりしていない(匝瑳市椿の掩体壕)。

工業団地西側の空き地内に当時の前庭舗装が残っている。また、滑走路面跡地にある日清紡ブレーキの自動車テストコースには、滑走路の舗装が当時のまま一部残っている。

旭緑地公園には慰霊碑が設置されている。

同公園内には、「米国からのMAP供与品」としてSNJ型航空機T-6テキサン(619号機)が展示されている。防衛庁海上幕僚長から旭市長が借り受けたという。MAPとは「Military Assistance Program」の略で、米国が相互安全保障法(MSA)協定に基づき相手国に軍需品を無償供与するものだが、この練習機がどういう経緯で旭市に貸与されているのかははっきりしない。「黄色い飛行機」等として紹介されていることもある。

状態
2019年02月07日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

香取航空基地 住所

千葉県旭市鎌数9152

香取航空基地 種類

軍事施設・戦争遺構

香取航空基地 画像・写真

香取航空基地
北西位置に2基並ぶ掩体壕の一つ、春海第二掩体壕
香取航空基地
畑の中に2基の掩体壕が並ぶ姿は壮観である
香取航空基地
向かって左、西側の掩体壕(春海第二掩体壕)は手付かずの状態で残る。近づくことはできない
香取航空基地
東側の掩体壕(春海第一掩体壕)は蓋をされ管理されている
香取航空基地
春海第一掩体壕には案内板が設置されている。上には草が生えているのがわかる
香取航空基地
東側から二つの掩体壕を望む
香取航空基地
春海第一掩体壕は管理されており間近まで近づくことができる
香取航空基地
春海第一掩体壕の案内板
香取航空基地
開口部は封鎖されている
香取航空基地
鎌数の大型機用掩体壕
香取航空基地
鎌数の大型機用掩体壕
香取航空基地
内部は倉庫に転用されている

香取航空基地 ストリートビュー・空中写真

香取航空基地 スポット

香取航空基地 関連ブログ・参考リンク

茂原海軍航空基地
http://www.shimousa.net/kaigunkichi/mobara.html
茂原海軍航空基地茂原市に残る飛行場跡を紹介。取材:森-CHAN、写真撮影:染谷たけし、文責:森兵男航空基地の開設まで茂原は田園都市というイメージが強いが、房総半島のほぼ中心にあり、古くは房総往還の道筋などの交通の要衝にあって、市もたって、商業も発達した町であっ
香取航空基地跡写真集 - プロバイダーなら ぷらら
http://www16.plala.or.jp/nagarebosi_s1/A5_1.htm
香取海軍航空隊と香取航空基地の図面です。当初の図面には秋田川北部の農地には何も無かったのですが、 ここに掩体壕が造られ、川には橋が掛けられて誘導路が造られました。誘導路の両側にある掩体壕には それぞれ番号が
香取海軍航空基地 - とある戦跡と自衛隊
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-134.html
千葉県旭市の国道126号線沿いにある、現在日清紡ホールディングス旭事業所のブレーキテストコースが香取海軍航空基地の滑走路をそのまま改修し、使用している。もともとの滑走路はX字型をしていて、1400m方の滑走路を使用している、1500mの方は現在の航空写真を見て
神風特別攻撃隊/香取海軍航空隊
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/sinpu-katori.htm
香取香取海軍航空隊昭和19年2月、整備教育練習部隊として開隊、空地分離編成により実戦部隊の編成・練成基地となり、その後に本土防衛作戦基地となった。昭和20年2月に米軍が硫黄島に上陸するに及び、第ニ御楯隊が編成され、2月21日硫黄島沖の米艦艇に突入した。この地で
香取航空基地(干潟の飛行場)跡地:空港探索・2:So-netブログ
http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/katori-airfield
千葉県旭市鎌数にあった「香取航空基地」。地元では「干潟の飛行場」とも呼ばれていました。十字に交差した2本の滑走路を持つ飛行場で、前記事の「横芝飛行場」の北東約13kmに位置しています。現在は滑走路の1本がテストコースになっています。2014/8/16追記:地元
旅館旭楼跡@旭市、香取航空基地跡(2017千葉廃墟、遊廓巡り01) | 世界潜水旅行倶楽部の世界潜水旅行ガイド
http://4travel4travel.blog.fc2.com/blog-entry-1841.html
2017千葉廃墟、遊廓巡りとして、廃墟、遊廓巡りの目的地としてはややマイナーな、千葉を記事化します。まずは、旅館旭楼跡@旭市、香取航空基地跡。千葉
ちBポ 千葉の愛しきB級スポット達
http://www.chibpo.com/spot151.html
File151黄色い飛行機戦時に日本の航空拠点の1つとして活躍した「香取航空基地」。その跡地に作られた公園に、黄色い飛行機が展示されている。はたしてどのようなものか?黄色い飛行機【所在地】千葉県旭市鎌数以下不明【地図】googleマップ【HP】ありません。【交
12/10 スパイク散歩#6「旭緑地公園」 | ばくんと愛犬スパイク - 楽天ブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/ja11spikel700/diary/201612130002/
旭市の掩体壕みたあと「あさひ鎌数工業団地」に入ります。ここには「香取航空基地」があった場所で現在も滑走路が残ってます。しかしブレーキメーカーの日清紡ケミカルのテストコースとなっておりフェンスと林で覆われているので外から見ることはできません。見学許可受けるか不法
旭緑地公園にある黄色い飛行機@旭市 - 千葉県の公園・観光スポット
http://chibakouenkankou.blog.fc2.com/blog-entry-268.html
どなたかのホームページで見かけた黄色い飛行機が気になり、旭市の「あさひ鎌数工業団地」にある旭緑地公園を目指してみました。所在地は、旭市鎌数字川西一番5146番地32。工業団地の隅にある小さな公園に「黄色い飛行機」はひっそりと展示されていました。ここは、かつて香
工業団地内に置かれた古いプロペラ機 ( 千葉県 ) - 昭和の歴史B級研究所 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/vwgolfjpndrum/8522075.html
千葉県旭市の工業団地に、古いプロペラ機が置かれているとのことで見に行って来ました。JR線干潟駅に近い「あさひ鎌数工業団地」の中の小さな公園にその飛行機を見付けることが出来ました。黄色く塗装された旧式の飛行機は、公園奥のフェンスの中にひっそりと置かれていました。

ピックアップ廃墟