柿田眼鏡橋 概要・歴史

柿田眼鏡橋は静岡県駿東郡清水町の廃橋。

明治42年(1909)竣工。柿田川にかかる石アーチ橋で、昭和6年(1931)には道路橋としての役目を終えた。

現・柿田橋(昭和49年竣工)の下に見下ろせる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

柿田眼鏡橋 住所

静岡県駿東郡清水町堂庭

柿田眼鏡橋 種類

廃橋

柿田眼鏡橋 画像・写真

柿田眼鏡橋

柿田眼鏡橋 ブログ・リポート

静岡県清水町 廃橋でも土木遺産・柿田眼鏡橋 ( その他趣味 ) - 埼玉発 おとなの小探険 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/takaratta1152/39995005.html
【14年1月12日探索・1月26日公開】現在地はここ静岡県駿東郡清水町堂庭清水町役場からも程近い場所に目的地はあった。この先に湧水で有名な柿田川があるのだが・・・その柿田川に架かる柿田橋から見た光景になる。現道の橋のすぐ下に明らかに廃となっている橋が放置?され
ぽんたの気ままな写真 柿田橋へ~柿田橋とめがね橋
http://poritannku.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
柿田橋のすぐ下にはめがね橋の遺構がありました柿田川も流れが速くなり狩野川に合流する様子も見られます柿田川の終点がここならば柿田川の散歩もここで終了とするのでした・・・
柿田川通信:柿田川 下流 眼鏡橋付近
http://kakidagawa.i-ra.jp/e726859.html
柿田橋から眼鏡橋の遺構を見た柿田橋の西側には、柿田橋を架けた久保田氏の胸像と共に、柿田橋記があります。水量、水勢が凄い眼鏡橋付近
駅からマンホール » 東洋一の湧水量・柿田川湧水群 ~ 静岡県清水町
http://ekikaramanhole.whitebeach.org/?p=1839
マンホールの蓋にデザインされている「眼鏡橋」。正式名称は(旧)柿田橋で、1909年、丁度100年前に架橋された。ご覧のように現在では使われていない。上に見える橋が現在の柿田橋。柿田川は富士山の湧水のみで構成される清流で、全長約1.2kmと短いが、日本三大清流の
眼鏡橋 : at-blog*
http://plysima.exblog.jp/4844729/
柿田川の下流付近にかかる、旧柿田橋、通称眼鏡橋。もう崩れ落ちてます。上部にあるのが、現在の柿田橋です。このあたりには、ヤマセミの巣があるらしいです。
FP渡辺のちょっといいはなし : 柿田眼鏡橋
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5066907.html
柿田橋の下に竣功から100年以上も経っている眼鏡橋があります。もちろん廃橋で渡れないですが明治の文化を現代に忍ばせます、意外に気が付かない方が多いです。

ピックアップ廃墟