鹿児島交通枕崎線(南薩線) 概要・歴史

枕崎線(まくらざきせん)は鹿児島県日置郡伊集院町(現・日置市)の伊集院駅から同県枕崎市の枕崎駅までを結んでいた鹿児島交通の鉄道路線。通称「南薩線(なんさつせん)」。

1914(大正3)年に南薩鉄道株式会社(鹿児島交通の前身)によって日置郡中伊集院村の伊集院駅から川辺郡加世田町の加世田駅までの区間が開通し、1931(昭和6)年に加世田駅から川辺郡枕崎町の枕崎駅までが開通、全線が開通した。1983(昭和58)年の豪雨被害により一部区間が不通となり、翌1984(昭和59)年に廃止された。

廃線後、加世田駅(かせだえき)はバスターミナルとなっている。駅構内にあった石造倉庫を転用して南薩鉄道記念館が建てられたが、休館している。

伊集院~上日置間では、伊集院川橋梁の橋台、架道橋、大田トンネル、上日置駅跡の給水塔などが残る。

上日置~吉利間では、日置駅跡の給水塔、橋台、吉利駅跡の貨物ホームらしき遺構が残る。

吉利~伊作間では、永吉川橋梁の橋台と橋脚のほか、永吉駅跡が整備されて残っていたる。

加世田~干河間、加世田トンネル、上加世田駅跡のホーム、第2加世田川橋梁の橋台などが残る。

干河~薩摩久木野間、薩摩久木野~枕崎間、加世田~薩摩万世間にも小規模な橋梁や橋台などの遺構が見られる。

状態
2011年09月15日作成  2019年06月11日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鹿児島交通枕崎線(南薩線) 住所

鹿児島県南さつま市加世田本町

鹿児島交通枕崎線(南薩線) 種類

廃線・鉄道駅

鹿児島交通枕崎線(南薩線) スポット

鹿児島交通枕崎線(南薩線) 関連ブログ・参考リンク

鹿児島交通 - The Ruins of Rail --- 廃線跡を旅する
http://www.kysd.net/kakou.html
南薩鉄道は、大正3年4月の伊集院~伊作間開通を皮切りに、翌月にはこの地域の 中核都市である加世田までを開業した。このころは、まだ現在の鹿児島本線 あった( 加世田駅跡に保存されている車両). その一方で、本線格であった枕崎線は、昭和24年 から国鉄客車が鹿児島から枕崎まで乗り入れる...
加世田、そして旧南薩鉄道
http://tkohara.la.coocan.jp/kaseda3.html
加世田、そして旧南薩鉄道. (鹿児島県 薩摩 全国各地の鉄道廃線跡の遺構が撤去 により消えていっている昨今、橋脚が残る、いや放置されている永吉川橋梁跡。積極的 な保存が 永吉川橋梁跡すぐ上流、三連が美しい浜田橋。1991年に補修された道路 橋
晩年の鹿児島交通: 【鉄路ノ別景】
http://tetsurono-betsukei.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-a08c.html
2011年5月14日 その際、指宿枕崎線枕崎駅に向かうのに伊集院駅から鹿児島交通枕崎線を利用しま した。 下り夜行急行「かい 実は直前の06/21の豪雨災害により加世田-枕崎間が 運休となっており、同区間はバス代行となっていました。なので列車は
鹿児島交通 伊作駅
http://www.geocities.jp/red50kei/kagosima/kagosima-izaku.html
(薩摩湖~伊作). 全23駅間で吹上浜~薩摩湖が0.9kmで最短でしたが、次の短距離 区間は薩摩湖~伊作駅間と上津貫~薩摩久木野間の各々1.2kmとなります。 伊作 駅全景。 17:03発 枕崎行き 丸型気動車 キハ102。 17:04発 西鹿児島行き 角型気動車 キハ303。 南薩線(伊集院~枕崎)で 時は流れて、...
鹿児島交通鉄道写真館(非公式)
http://kaijyu.no-ip.org/~shubus/mytown/kakou/nantetuphoto.html
館(伊集院~伊作). バスフォーラム鹿児島>鹿児島交通>鹿児島交通鉄道写真館( 伊集院~伊作) 昭和59年3月17日。鹿児島交通枕崎線である。 間は乗れずじまい 。ここでは、現役当時の姿と廃線跡の写真をおりまぜながら当時を振り返ってみたい。
鹿児島交通2
http://www.fossil-net.com/Kago2.htm
鹿児島交通 PAGE 2. 鹿児島交通の車庫 加世田駅の構内や車庫には写真の様な 廃車された気動車、木造客車、機関車がごろごろしてました。 木造客車、 残念ながら 鹿児島交通、枕崎線は1983年6月に襲った集中豪雨により路線が各地で寸断され 不通となりそのまま1984年3月18日に廃止になりました...
南薩線の記憶(掲示板ログ)
http://homepage2.nifty.com/~naka-chan/nantetu_kioku.htm
掲示板に書き込んでいただいた「鹿児島交通線(南薩線)の記憶」です。 . 同じような線 区はとうの昔に廃線になってしまいましたから。 ねこおばさん、お久しぶりですHVCC さんの投稿にもあるように枕崎駅周辺では大きな変化がありますね。 .. ①伊集院~上 日置間の高架橋②伊作駅跡には図書館が...
線路巡礼:鹿児島交通(加世田駅の謎の倉庫線路。伊集院駅の美しい
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/61100164.html
2005年5月30日 鹿児島交通の中心駅が加世田駅。 イメージ 6 ひょっとすると、これが私の廃線跡歩き の第1号路線だったかも? 加世田駅はどうなっているのかな? 伊集院駅は、 TVの 情報番組で、鹿児島交通線路跡は駐車場になっていました。 線路に興味がある方は 、是非こちらの線路巡礼:枕...
鹿児島交通 南薩鉄道 MAIN
http://www.geocities.jp/red50kei/kagosima/kagosima-link.html
さらに1931(昭和6)年3月10日には加世田~枕崎間を開通させ、本線となる伊集院~ 枕崎間49.56㎞が完成しました。1943( との合併で社名から「鉄道」を廃して鹿児島 交通 と社名変更し、1965(昭和40)年11月15日の知覧線廃止、昭和40年代前半には 強力
鹿児島交通南薩線廃線跡5 加世田-干河間
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/056nansatsu6.html
鹿児島交通南薩線⑤加世田~干河間 加世田駅跡を出るとしばらく空き地が続き、踏切 跡があった。傍らには境界標も立っていた。その先は草生した路盤が 枕崎側は容易 に近寄れるが水浸しになっている。コンクリート造りで内部はマクラギが残されている。
鹿児島交通万世線廃線跡 加世田-薩摩万世間
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/056nantetsu9.html
鹿児島交通万世線⑧加世田~薩摩万世間 加世田駅構内から西へ急カーブしていた はずだが大型店の駐車場となっている。 戻る(路線概要) · 戻る(⑦薩摩久木野~ 枕崎間) このページの一番上へ トップページに戻る.
鹿児島交通南薩線廃線跡6 干河-薩摩久木野間
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/056nansatsu7.html
線路跡は加世田川を渡ると同時に国道をくぐるが、国道上から橋台のみ確認できる。 この付近 付近には加世田駅跡の記念館の立て札が捨てられていた。 このあたり が加世田~枕崎間の分水嶺のようである。 国道の橋には「鹿児島交通線」の銘が ある。
鹿児島交通線 廃線跡比較写真 上日置
http://www.geocities.jp/red50kei/kagosima/kagosima-h-kamihioki.html
築造によって水流が分断されてしまえば山側一帯は水没することとなり、築造と同時期に水路トンネル(※)もしくは架橋工事が必要となります。 .. 本線は廃線跡探索のガイド本にも掲載されており、駅跡周辺に限定すれば容易に探索できる路線ではあります。
廃線探索 鹿児島交通枕崎線(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/haisen/Kyushu/140308kagoshimakotumakurazakisen.html
2014年4月5日 鹿児島交通枕崎線は、かつて鹿児島県日置郡伊集院町(現・日置市)の伊集院駅から同県枕崎市の枕崎駅までを結んでいた鹿児島交通の鉄道路線である。1984年(昭和59年)に廃止された。南薩線(なんさつせん)と呼ばれ親しまれていた。

ピックアップ廃墟