埼玉県比企郡吉見町にある吉見百穴(よしみひゃくあな、よしみひゃっけつ)に残る中島飛行機地下軍需工....

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴)

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴) 概要・歴史

埼玉県比企郡吉見町にある吉見百穴(よしみひゃくあな、よしみひゃっけつ)に残る中島飛行機地下軍需工....

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴) 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴) ストリートビュー・空中写真

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴) 関連ブログ・参考リンク

http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-418.html
太平洋戦争中、この岩山の地下に軍需工場を建設するため、その出入口として岩山の最下部に大きなトンネル(直径3メートルほど)が3本掘られた。この際、元から存在していた横穴が数個崩されて消滅しているらしい。これらの軍用トンネルの内壁は、ほぼ素掘りのままとなっていて、
http://blowinthewind.net/haikyo/yoshimi/yoshimi.htm
廃墟の風景吉見百穴よしみひゃくあな軍需工場跡2007/4/5*istD「百穴」の名が文献にみられるのは今から二百年位前で、江戸時代の中頃には「百穴」の呼び名も生まれ不思議な穴として興味をもたれていたと思われます。「吉見百穴」が科学的に検討されだしたのは明治にな
http://tokyo.rdy.jp/archives/1808
吉見百穴の下の方は、戦時中に防空壕にされてしまっている。遺跡の損壊ということで残念なことなのだろうけれど、素人的にはコレはコレで面白い。まぁどっちも穴だし。防空壕の中。かなり広い。見学できる防空壕は一部だけなのだけれど、それでも結構な広さがある。
http://igacham.hatenablog.com/entry/2017/05/25/204144
現在の公開範囲は全体の1/10以下丘の内部に掘られた地下軍需工場跡は、太平洋戦争末期に作られました。日本の航空機工場が米軍の爆撃を受けてしまい、新たに軍需工場を作れる場所を探していたところ、掘削に適した&空襲を避けられるベストスポットとしてこの場所が選ばれたの
http://showaspotmegri.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-3d05.html
吉見町にある「吉見百穴」。ここは自宅からわりと近いので以前に何度も訪問しているのですが、ブログをやるようになってからは初訪問です。敷地内には百穴の他にも地下軍需工場跡や昔ながらの売店などもあって楽しみどころ満載なんですよー。という事で、それぞれを順番にご紹介し
http://outdoor.geocities.jp/kotetsu0213/yoshimihyakuana.html
東武東上線東松山駅を降ります。バスも出ていますがどの方面行に乗ればよいかよく分からず歩くことにしました。30分ほど歩くと吉見百穴に着きます。入場料300円です。地下軍需工場は昭和20年初頭から8月にかけて建設されました。左右約500mに亘るそうです。本格的生産
https://blogs.yahoo.co.jp/s04hi992ma/32820270.html
吉見百穴にある地下軍需工場跡2012年2月訪問久々に近代ネタを掲載します。吉見百穴は、日本史の授業でも登場するので名前だけでも覚えている方も多いと思いますが古墳時代に造られた横穴式墳墓です。その特異な景観から議論をよびコロホ゜ックル!の住居説まで飛び出していた