岩窟ホテル(がんくつホテル)は埼玉県比企郡吉見町にあるホテル跡。正式名称「岩窟ホテル高壮館」。 ....

岩窟ホテル

岩窟ホテル 概要・歴史

岩窟ホテル(がんくつホテル)は埼玉県比企郡吉見町にあるホテル跡。正式名称「岩窟ホテル高壮館」。 ....

岩窟ホテル 画像

岩窟ホテル
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

岩窟ホテル ストリートビュー・空中写真

岩窟ホテル 関連ブログ・参考リンク

http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/gankutu.html
ノミひとつで掘りあげた建築物である。しかし、2度の崩落事故が内部で起こり、 現在 では建物周辺に柵が設けられていて入ることはできない。 [参考文献] 中田薫 著 『廃墟 探訪』. 岩窟ホテル写真2. 岩窟ホテルが吉見百穴のすぐそばにあること知らなかった 管理
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn013/yosimihi/yosimih2.html
百穴の手前50mの場所に「岩窟ホテル」の廃墟がある。 「岩窟ホテル」は高橋峰吉 という人が明治から大正にかけて掘った洞窟である。貯蔵庫として使うつもりだったと書 かれたサイトもあるが、内部にテーブルや花瓶などが岩から掘り出した形で設置され ていた
http://boo-zhoo01.at.webry.info/200611/article_6.html
2006年11月22日 東武東上線沿線、埼玉県東松山市に、人知れず存在する廃墟が二箇所あります。 一 つが『東松山遊園地』跡。もう一つが『岩窟ホテル』です。 part3で『福島県いわき市 照島 ランド』を紹介したんで、今回は遊園地は置いといて、というか、現在は
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/15384950.html
写真を見て分かるように岩盤をくり抜いて建造した建物で、この岩窟ホテルは、 ホテルではなく醸造用の冷蔵庫として作られたが 計画が雄大で 年月がかかり過ぎる為に頓挫し現在は廃墟と化している。 一時は一般公開もしていたようだが
http://blogs.yahoo.co.jp/happy_go_lucky_neo/46346337.html
段階で開業。その後、遊具施設設置担当業者が夜逃げ状態となりほとんど開園と同時に閉園。そして廃墟に。藪の中に遊園地跡あり。中学の頃、何気なく迷い込んだらとても怖い感じでした)」や「神秘珍々ニコニコ園(園長であるご主人が亡くなられたそうです)」
http://maboroshi-ch.com/maboblog/shida/2011/08/no04.html
2011年8月7日 しかし、何かにつけて埼玉県を訪ねてみたいとは思っているのだ。その結果が吉見百穴 。まず百穴という言葉の響き。異様な光景をさらけ出す横穴墳墓群。すぐそばには岩窟 ホテルという名の廃墟。「B級スポット」とは吉見百穴のためにある称号
http://fwit5220.cocolog-nifty.com/bachelorgirl/2012/04/post-de82.html
手袋のありがたみを知ったのでした…。 ~番外編~ さて、吉見百穴のそばには松山城のほかに 岩窟ホテルがあります。 岩窟ホテルといってもホテルとして利用されていたわけではなかったようですが・・・。 前の遊具が廃墟感をさらに出しておりました…。
http://www.ne.jp/asahi/nikake/usi/nikari/5-10gankutu.html
5-10:埼玉 岩窟ホテル(跡地). 所在地:埼玉県比企郡吉見町大字下細谷. 取材時期: 2002年5月. ジャンル:廃墟系. 珍スポ度: 不明(☆五個が最高得点). コメント:すでに 営業を止めてしまったのは知っていたが、外からでも拝めれば、と思い行ってきました。
http://enuenuenubi.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
2012年11月11日 岩窟ホテル。廃墟です。写真がろくなのが無くて申し訳ない。 1人のグレートなおっちゃん がノミ1つでコツコツ岩掘って削って作ったホテル。 まあ結局ホテルとして使われる日は 来なかったのだが・・・・。 昔は中を公開していたらしいのだが、今は
http://daimaohgun.web.fc2.com/walker/13_05_06.html
2013年5月6日 町にある吉見百穴。 観光資源の乏しい埼玉県でかろうじて観光スポットとなっている同地のすぐ側には、「岩窟ホテル」なるものが存在する。 . ホテル正面の庭には錆び付いた遊具があり、 同地の廃墟化を印象付けるオブジェとなっている。 そもそも何故ここに、 . すぐにドン・キホーテでテント買ってきます。 持って来てねえのツ黴
http://ytinbk.blog.fc2.com/blog-entry-156.html
吉見百穴工場 内部はかなり広く、複雑に通路が繋げられて迷宮化している。 かの硫黄島要塞もこんな感じだったのだろうか、途中から先は鉄格子で区切られて暗闇に埋もれており、一人だと正直怖い。 吉見百穴内部 山頂には茶店の廃墟が 
http://ochimon.blog.shinobi.jp/廃宿泊系/岩窟ホテルの巻。
明治から大正にかけて、近くの農民・高橋峯吉が城跡の本丸下の懸崖をノミとツルハシだけでくりぬき、ホテルを造った。内部の完成にはいたらなかったが、「昭和」の初めにはそのデザインが珍しがられ、多くの観光客がつめかけた。岩窟ホテルという名前は、近所の人から「いつも岩窟
http://likesmbike.blog.fc2.com/blog-entry-744.html
ある意味埼玉の名所である岩窟ホテル。約30年振りに来ましたね。岩窟ホテルと言うからにはホテルだったと思うのでしょうが、別にホテルだった事はない場所なんです。以前来た時は入れましたが、今は入れなくなっているようですね。子孫の人がちゃんと保存しておけば、百尺観音の
http://minkara.carview.co.jp/userid/977065/blog/25979415/
正式には「岩窟ホテル高壮館」というそうで、高橋峰吉という安政5年生まれの農夫が明治37年から大正14年までの21年間かけて、ノミひとつで掘りあげた建築物だそうです。10数年ほど前には中には入れたそうですが、2度の崩落事故が内部で起こり、立入禁止となった現在では
http://red.ap.teacup.com/ciq64480/4624.html
2012年6月7日に、埼玉県の2件目「岩窟ホテル」を撮影して来ました。ホテルとは言ってますが、1人の男が貯蔵庫して使用する為に云十年かけノミ1本で掘った物らしぃが岩盤の崩落事故によって使う前に閉鎖になったとか?どうとか?らしぃ?岩窟ホテル、親切にも駐車場のある
http://blog.goo.ne.jp/faure64/e/b24b87152b8c0d16d6a0b75c7262a0f3
すごい廃墟。山のような岩をくり抜いて作ってあるのだ。しかも、その名前がすごい。岩窟ホテル。だが、ここは一度たりともホテルとして使われたことはなかった。いつ見ても、ここを作った主がくり抜くために一生懸命岩を掘ってる。いつ見ても、岩窟掘ってる。岩窟掘ってる→岩窟ホ
http://ameblo.jp/mirei-sk8/entry-12273251056.html
までも、事実はどちらか、ファジーにしてきたみたいね。 ま、それはいいとして、今日の本題。 廃墟萌え。 「岩窟ホテル(巌窟ホテル)」。 その昔、近隣に住む高橋峰吉という農夫がノミ1つで 明治37
http://ameblo.jp/brut-sauvage-ism/entry-12270848044.html
ら静岡市内の浅間神社! 華麗な美しさなら国内屈指の神社じゃないでしょうか?! 埼玉県・吉見百穴 古代の墓地。隣接の岩窟ホテル廃墟も見所? オカルト的でちょっと薄ら寒い気もしてくるけど…鎌倉の切通にもこんなのがあったような。 長野
岩窟ホテル 関連ワード
  • Goreme
  • ホテル
  • 吉見
  • 埼玉県
  • 山門
  • 巌窟ホテル
  • 建設
  • 掘られた
  • 有る
  • 来ています
  • 東松山
  • 楽しむ
  • 知る
  • 面白い