沼沢沼発電所 概要・歴史

沼沢沼発電所は、福島県大沼郡金山町にあった東北電力の水力発電所。日本初の純揚水式水力発電所だった。

昭和27(1952)年11月14日運用開始、平成14(2002)年9月12日廃止。

草に埋もれかけた美しい水圧鉄管跡が残る。

状態
2011年09月15日作成  2019年04月30日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

沼沢沼発電所 住所

福島県大沼郡金山町沼沢

沼沢沼発電所 種類

廃工場・発電所

沼沢沼発電所 ストリートビュー・空中写真

沼沢沼発電所 関連ブログ・参考リンク

水力発電所ギャラリー 東北電力沼沢沼発電所跡 - 水力ドットコム
http://www.suiryoku.com/gallery/fukusima/numazawa/numazawa.html
所在地:福島県大沼郡金山町沼沢交通:JR只見線 早戸駅より約2km. 特記事項. 日本 初の純揚水式水力発電所です。 発電所諸元. 歴史: 所有:東北電力[運開]-東北電力 [廃止]: 昭和27(1952)年11月14日:運用開始: 平成14(2002)年 9月12日:廃止
沼沢発電所跡。 - 水辺の土木遺産 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kyodain/7074660.html
2011年6月18日 沼沢トンネルと半ば一体化していた沼沢第二発電所を通過してしばらく進むと、沼沢第 二発電所の揚水池も兼ねている . 地図に発電所が載っているのは、おそらく、この 周辺が載っている1/25000地形図「沼沢沼」が昭和62年に刊行されて

ピックアップ廃墟