筑後川昇開橋 概要・歴史

筑後川昇開橋(ちくごがわしょうかいきょう)は福岡県大川市と佐賀県佐賀市諸富町を結んでいた鉄道用可動式橋梁。正式名称は筑後若津橋梁(ちくごわかつきょうりょう)だった。

国鉄佐賀線の鉄道橋梁として1935(昭和10)年に竣工。舟運との共存のため、橋の一部が可動式となっている可動橋で、橋桁の一部が垂直方向に上下する昇開橋として日本に現存する最古のものである。竣工当時は「東洋一の可動式鉄橋」と呼ばれた。

1987(昭和62)年に佐賀線が廃線となり、筑後川昇開橋も閉鎖され解体も検討されたが、地元では橋存続の要望が強く、1996(平成8)年に遊歩道として復活した。

旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)として重要文化財及び機械遺産に指定されている。

状態
痕跡を残しての再利用・一部現役・一部解体等、通常の不使用状態ではありません
2019年07月03日 更新

筑後川昇開橋 住所

福岡県大川市向島

筑後川昇開橋 種類

廃橋

筑後川昇開橋 画像・写真

筑後川昇開橋
筑後川昇開橋

筑後川昇開橋 ストリートビュー・空中写真

筑後川昇開橋 関連ブログ・参考リンク

九州ヘリテージ - 筑後川昇開橋(筑後川橋梁)
http://kyushu-heritage.jp/map/13tikugo/13tikugo.html
佐賀県諸富町と福岡県大川市の境界を流れる筑後川に、昭和62年に廃線になった旧 国鉄佐賀線の鉄橋“筑後川昇開橋”が残されています。昇開橋と 筑後川昇開橋は 全長507メートル、そのうちの24mの橋桁が両側にある高さ30mのタワーの間で昇降し ます。
筑後川昇開橋パンフレット
http://www.tetsuroni.jp/haisen/saga/syoukaikyou-panf.html
佐賀線廃線跡調査. 筑後川昇開橋パンフレット. 大きな画像を直接読み込んでいるので サムネイル表示に時間がかかります。 パンフレット表紙; 可動時間、昇開橋のあゆみ; 歴史と構造; 大川・諸富町のイラストマップ; 裏表紙、交通案内.
筑後川昇開橋 - METEORIC STREAM - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/uetakacchi/4099264.html
2012年2月17日 概要筑後川昇開橋は、国鉄佐賀線の鉄道橋梁として建設され、1935年(昭和10年) 竣工、同年5月25日に開業した。舟運との共存のため、橋の一部が可動式となっている 可動橋には旋回橋、跳開橋(跳ね橋)、昇開橋などがあるが、本橋は
マチョ松の「輪道(りんどう)をゆく」: 鹿児島から博多まで九州縦断!
http://rindou-yuku.blogspot.com/2011/05/blog-post.html
2011年4月29日(金曜日) ゴールデンウィークの始まりです。 今回の自転車旅行は、鹿児島から、博多を目指します。 予定では、昨晩、夜行バスで大阪を出発し、鹿児島に朝8時に着く予定でした・・・・・が、 「自転車は乗せられません。」と乗車 
筑後川昇開橋 ( 鉄道、列車 ) - 観光系輸入車整備日誌 - Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/t_jetronic/30175281.html
筑後川昇開橋 その二 > 筑後川昇開橋 クリップ追加 2009/10/12(月) 午後 5:39 鉄道廃線関連 豊後森の機関車庫とこの昇開橋、廃SLなど九州の廃線関連の見所満載、その名も「廃線」というDVDがミリオン出版から出ています [ ] 名前
筑後川にまつわる二つの橋梁 - @niftyホームページサービス
http://homepage1.nifty.com/majin/train/chikugo/chikugo.html
筑後川にまつわる二つの橋梁跡 ~国鉄佐賀線筑後川橋梁と筑後軌道逆谷橋~ 九州で大きい河川の一つである筑後川。上流に行くと三隈川と名前が変わりますが、その川にまつわる廃線跡を2題連続してお届けします。

ピックアップ廃墟