勿来炭鉱 概要・歴史

勿来炭鉱は福島県いわき市にあった炭鉱。

1897(明治30)年、石城採炭合資会社が勿来地区で本格的な採炭を開始。その後経営が三星炭礦に移り、三星炭礦窪田鉱となった。

1906(明治39)年に常磐線勿来駅~いわき市勿来酒井字出蔵(いでくら)に大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道が引かれる。

1916(大正5)年、立坑開削による増産をはかるも、同年に内郷の綴鉱が出水事故により閉山し、経営危機に陥る。1917(大正6)年、大日本炭礦が窪田鉱を買収して勿来鉱とする。第一次世界大戦の好景気に乗るも、戦後の不況により1921(大正10)年には平鉱と本山鉱が休山、1922(大正11)年には三井鉱山の傘下となる。

1931(昭和6)年、茨城県の唐虫鉱と高萩鉱を租鉱に移し、直轄鉱は勿来鉱のみとなった。1932(昭和7)年、昭和石炭の傘下に入る。

1957(昭和32)年に大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道が609mmから1067mmとなる。

1959(昭和34)年、大日本炭礦はビルド炭鉱に指定。1964(昭和39)年、南坑を閉鎖し大槻坑での出炭を開始。

1966(昭和41)年1月に閉山。同年11月11日に大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道廃止。

跡地は現在工業団地となっている。

状態
2019年08月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

勿来炭鉱 住所

福島県いわき市勿来町酒井赤坂

勿来炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

勿来炭鉱 ストリートビュー・空中写真

勿来炭鉱 ブログ・リポート

大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道
http://www.geocities.jp/sendaiairport/nakoso/idekura1.htm
大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道の基礎知識開設明治39(1906)年(初代専用軌道軌間609mm)移設昭和18(1943)年(軌間は609mmのまま、経路を変更)改軌昭和32(1957)年3月2日(昭和18年の経路をほぼ踏襲、609mmから10
故郷探訪・大日本炭鉱鉄道 日々佳良好/ウェブリブログ
http://katintokei.at.webry.info/201009/article_28.html
私が中学生の頃まで、家の近くを鉄道が走っていた。勿来駅と出蔵(いでくら)を結んだ、正式名称「大日本炭鉱勿来鉱専用鉄道」という、1067mm軌道を蒸気機関車が石炭を運ぶ本格的な鉄道だった。当時我が家の風呂は石炭を燃料としていたが、鉄道のレールの脇には石炭が落ちて
大日本炭鉱勿来鉱業所 解説 新・日本石炭公団/ウェブリブログ
http://kurodaiya.at.webry.info/201505/article_4.html
明治30年、石城採炭合資会社が勿来地区で本格的な採炭を開始した。勿来地区における近代炭鉱の始まりである。その後、この炭鉱の経営は三星炭礦に移り、三星炭礦窪田鉱となった。大正5年、三星炭礦は立坑開削による増産を計ったが、同年に内郷の綴鉱が出水事故により閉山し、三
teleport_taikenのblog : 故郷の炭鉱 今昔重ね合わせ(3)
http://blog.livedoor.jp/teleport_taiken/archives/53781034.html
これまで、今昔重ね合わせと称していくつかの炭鉱の歴史を遡る旅をしてきましたで今回の最後になりますが、前述の福島県いわき市から県境を挟んだ地域の炭鉱についてもちょっとご紹介いたします(”県境”という言葉はもはやこのブログではお馴染みですね)県境を越えるとすぐ茨城
意外?勿来地区にも炭鉱があった!・・その1 : いわき市 勿来地区 地域史
http://nakoso-mukashi.blog.jp/archives/1030277630.html
日本経済の復興を担った石炭産業と勿来地区1.石炭優遇政策の「傾斜生産方式」①石炭の増産を梃子に鉄鋼などの生産を増強敗戦によって農林水産業および工業の生産は大きく落ち込んでいた。あらゆる物資が乏しく、それに反して物価は高騰し、インフレーションを引き起こし、しかも
teleport_taikenのblog : 故郷の炭鉱 今昔重ね合わせ(2)
http://blog.livedoor.jp/teleport_taiken/archives/53768253.html
さらに場所を移動しまして、いわき市勿来町酒井地区へとやってきました大日本勿来炭鉱があった所です住宅地へと変っておりますね炭鉱の施設はまったくみられませんでした上「ズリ山から(昭和38年)」(冒頭挿絵より)ひとつ上の写真で中央に写っているエリア付近に行って見まし

ピックアップ廃墟