本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館シー・エリオン邸エム・エリオン邸)は兵庫県神戸市中央区の北野異人館街にある邸宅跡。オランダ坂沿いに位置する。

1949年築。オランダ人貿易商、チャーリー・エリオン(シー・エリオン)氏の邸宅で、1982年まで姉のメーベル・エリオン(エム・エリオン)が実際に居住していた。

本家オランダ館として運用され、2000本のチューリップが咲き誇る庭園が遊覧でき、オランダ民族衣装の試着などのサービスがあった。

2010年頃閉館。

老朽化・崩壊が進んでいるが、張り紙がされ厳重に管理されている。

なお向かいに位置する香りの家オランダ館(旧ヴォルヒン邸)は現役施設であり、オランダ民族衣装の貸し出しなどが行われている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸) 住所

兵庫県神戸市中央区北野町

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸) 種類

団地・住宅・別荘

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸) 画像

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸)

本家オランダ館(シー・エリオン邸、エム・エリオン邸) 写真・ブログ・リポート

神戸北野の異人館 うろこの家 ( 旅行 ) - 「コッツプレイス」 の ブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/cotsplace/14183673.html
オランダ坂沿いには、シー・エリオン氏と、エム・エリオン氏の家がありました。本家オランダ館があった場所なのですが、既に廃館となっていました。もう誰もいませんね、取り壊されるのも時間の問題でしょうね。ここのオランダ坂を上りきると、うろこの家になります。神戸北野の異
昨晩のブラタモリは神戸でした|germanbierのブログ
https://ameblo.jp/germanbier/entry-12251509063.html
エム・エリオン邸エリオンて、オランダ人ですかね?貼り紙がありましたお客さま各位本家オランダ館は、閉館しました長年のご愛顧、誠に感謝してをりますありがとうございました本家オランダ館館主10年以上前に初めて訪れた時とのギャップに観光地としては、ちょっとがっかり
旧エリオン邸(本家オランダ館): 近代建築を訪ねて(近代建築・近代化遺産・レトロな建物)
http://kindaikenchiku.seesaa.net/article/426639180.html
建築年:1949年(昭和24年)設計:不詳施工:不詳構造:不詳所在地:神戸市中央区北野町2-16-17備考:北野・山本地区の伝統的建造物№37撮影日:2009年7月この「本家オランダ館」は、オランダ人貿易商、故チャーリー・エリオン邸宅で、1982年1まで姉の故
報告 2017.10.3/神戸 - Lousism
http://lousismlousism.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
そしてあちこちが壊れた緑色の木柵の向こう側には、広大な一続きの敷地がそっくりそのまま雑草に覆い尽くされていて、朽ち果てるがままに放置された幾つかの廃墟がこの緑色の海に飲み込まれて錆び付いているのである。シー・エリオン、エム・エリオンという表札はあるが明らかに人