田奈弾薬庫 概要・歴史

田奈弾薬庫は神奈川県横浜市青葉区にあった旧日本軍弾薬庫。正式には「東京陸軍兵器補給廠田奈部隊・同填薬所」である。

1941(昭和16)年に建造された。1945(昭和20)年の終戦後も米軍に接収され引き続き弾薬製造が行なわれていたが、1961(昭和36)年に返還された。

現在は「こどもの国」となっているが、園内に倉庫跡、トンネル跡、弾薬庫の換気塔などが散在し残っている。

弾薬庫は計33基作られたが、土に埋まったり湖に沈む等により、現在確認できるのは10基のみである。

また、旧・国鉄横浜線長津田駅より田奈弾薬庫専用線が引かれていた。引き込み線の一部経路は東急こどもの国線として現在も利用されている。遺構はほとんど残っていないが、線路脇にある道路敷地の境界石は旧帝国陸軍の物が多数残されている。

状態
2019年05月15日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

田奈弾薬庫 住所

神奈川県横浜市青葉区奈良町

田奈弾薬庫 種類

軍事施設・戦争遺構

田奈弾薬庫 ストリートビュー・空中写真

田奈弾薬庫 スポット

田奈弾薬庫 ブログ・リポート・参考リンク

こどもの国の戦跡:田奈弾薬庫の写真 | RE-JOURNALISM
http://rejournalism.blogspot.com/2011/07/blog-post.html
2011年7月9日 それは通称「田奈弾薬庫」、正式名称「東京陸軍兵器補給廠田奈部隊・同填薬所」だ。 まずはこのこども 戦後もアメリカ軍に返還されるまでは、弾薬製造が行われていた。 . 江ノ島 龍口寺の戦跡・陸軍歩兵第401連隊の坑道に行って来た
田奈弾薬庫専用線跡
http://www.geocities.jp/takeshi_departure/tana.html
田奈弾薬庫専用線跡 東京急行電鉄の長津田駅から「こどもの国線」という支線が出 ています。この「こどもの国」が開園したのは昭和40年の事で開園には現在の天皇両 陛下が来られた事でも有名になっています。この地は戦時中は「田奈弾薬庫」 と言う 戦争で
平和の旅
平和の旅▲ 404?
http://home.p01.itscom.net/99qq/heiwa.html
第一回 田奈 弾薬庫跡 (こどもの国) (アンダーバーの付いたところを、左クリックします と地図が出ます。 地図から文章に戻る時は、パソコン左上の○の中に←が付いたところ をクリックます). 現在の「子供の国」、 ここは、東京都町田市と青葉区が接する所である
田奈弾薬庫専用線跡 その1 - 昭和迷宮物件
http://www.maboroshi-ch.com/maboblog/karibe/2011/02/post-24.html
田奈弾薬庫専用線跡 その1. 2011年2月 2日 17:11 | コメント(0). 今回から数回に分け て散策レポートをお届けしたい。前回記事から間があいてしまい、エラいフリが長くなって しまったが、そんなに期待せず、お楽しみあれ。 前連載の第33回「弾薬庫ばかりの"
旧陸軍田奈弾薬庫補給廠跡
http://www.k4.dion.ne.jp/~entaigou/tana.html
旧陸軍田奈弾薬庫補給廠跡(横浜市青葉区 2007.02.11). 横浜の北部にあるこどもの 国は、戦時中陸軍田奈弾薬庫補給廠のあったところで、弾薬庫の跡が多数(33箇所 という)残っている。梅見の観光客に混じり、小学生の時以来久々に行ってきました。
弾薬庫跡 - こどもの国 こどもの国協会
http://www.kodomonokuni.org/tanbo/tanbo2.html
これは第2次大戦中に使われていた弾薬庫の名残りです。 こどもの国の場所は戦時中 、旧陸軍田奈弾薬庫補給廠(しょう)として、旧陸軍田奈部隊の管理のもと、戦地に送る 弾薬を保管・発送したり、製造したりしていました。 弾薬庫は計33基つくられましたが、土
Clip & Scrap | 田奈弾薬庫引込線
http://www.toy-train.com/sb/log/eid534.html
2001年5月20日 ホームページでこどもの国線が、田奈弾薬庫引込線跡を利用したことを見て、息子に話 したら家から片道2時間かけて自転車で行ってきました。その気力と体力に脱帽。最近、 私の使っていた銀塩カメラを自由に撮っていいと言ったら、デジカメ
田奈弾薬庫跡 - 主に田都撮影記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/naoki_090909/8777214.html
2012年3月20日 本日、友達とこどもの国の田奈弾薬庫を見に行きました。 ※肖像権保護の為、一部、モザイク処理をしている画像があります。 いきなり第1トンネルからスタート。休日なので人が多いです。 プレートの跡? 第二駐車場 ここは操車場だったらしい 
田奈弾薬庫専用線跡 その1 - 昭和迷宮物件 - まぼろしチャンネル
http://maboroshi-ch.com/maboblog/karibe/2011/02/post-24.html
2011年2月2日 今回から数回に分けて散策レポートをお届けしたい。前回記事から間があいてしまい、エラいフリが長くなってしまったが、そんなに期待せず、お楽しみあれ。 前連載の第33回「弾薬庫ばかりの"子供のくに"」にて、横浜にあるレクリエーション 
廃線探索 田奈弾薬庫専用線(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/haisen/kanto2/141129tanadanyakukosenyousen.html
2014年12月4日 田奈弾薬庫専用線:神奈川県と東京都にまたがる、こどもの国の場所は戦時中、旧陸軍田奈弾薬庫補給廠として、旧陸軍田奈部隊の管理のもと、戦地に送る弾薬を保管・発送したり、製造したりしていました。弾薬庫は計33基つくられましたが、 
第33回 弾薬庫ばかりの子供のくに~たどりついたらいつも行列来来亭
http://www.maboroshi-ch.com/old/cha/kar_33.htm
そんな平和的な施設も、嘗ては旧日本軍最大の弾薬製造貯蔵施設で、戦後、田奈弾薬庫として進駐軍に接収される。だからこどもの国線も長津田から弾薬を運ぶ軍用線だった。 初乗り運賃がかかる独立した線区で、車両も横浜高速鉄道のY000系という電車が 
(396)こどもの国 歴史をたずねて 旧陸軍弾薬庫遺跡の見学 - M YASUDA
http://21432839.at.webry.info/201503/article_6.html
2015年3月24日 M YASUDAのブログの(396)こどもの国 歴史をたずねて 旧陸軍弾薬庫遺跡の見学に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)横浜市青葉区田奈町に広さ100ha(30万坪)、外周道路4キロ、内周道路2.4キロの多摩丘陵の 

ピックアップ廃墟