第一中野センター 概要・歴史

第一中野センターは兵庫県神戸市垂水区の総合商業ビル。通称「なかせん」。

1970年代から存在が確認できる。

全体に蔦が這い随所でガラスが損壊し、廃墟と見紛う外見ながら長らく現役営業している。

1階には薬局、理髪店、寿司店、電気店、パン店、牛乳店などがあったが、2010年時点でほとんどの店舗が閉業していた。地下には地下生鮮食料品あり、2010年時点でも一部営業。二階以上は封鎖されていた。外壁には「焼き鳥さっちゃん」「下川酒店」などの看板が設置されていた。

2018年時点で、喫茶ライオンなどが営業していたが、2018年8月19日に放火と見られる火災が発生、大きな被害を受けた。

しかしその後復旧、2019年7月時点で、喫茶ライオンのみが唯一営業している。

2018年中に、前の橋にダンプカーが乗り半壊したが、2019年度になって自治会等で新しく橋をかけ直したという。

蔦の張った外観、閉業店舗の看板などに朽ちた味わいがあるが、営業している店舗もあり、廃墟ではない

状態
痕跡を残しての再利用・一部現役・一部解体等、通常の不使用状態ではありません
2019年07月15日 更新

第一中野センター 住所

兵庫県神戸市垂水区塩屋町

第一中野センター 種類

商店

第一中野センター 画像・写真

第一中野センター(2019年7月)
第一中野センター(2019年7月)
外観上は廃墟さながらである
外観上は廃墟さながらである
2019年7月時点で、一店舗のみ営業している
2019年7月時点で、一店舗のみ営業している
「喫茶軽食ライオン」
「喫茶軽食ライオン」
第一中野センター
第一中野センター

第一中野センター ストリートビュー・空中写真

第一中野センター 関連ブログ・参考リンク

塩屋~中野センター~ : MY SWEET ROAD
https://hitonemuri.exblog.jp/14324456/
「お食事処」という旗がなびいている所を見ると営業している模様入ってすぐの「喫茶ライオン」からはラジオの音がしていました中に入ってみるとショッピングセンターなんですね1階には、薬屋さん、理髪店、お寿司屋さん、電気屋さん、パン・牛乳屋さん等があったようです見たとこ
垂水区の塩屋をちょっと散策する Tsu.-Morrow!/ウェブリブログ
https://tsu-morrow.at.webry.info/201512/article_11.html
歩き始めたのは駐車場に近い「中野センター」という寂れたショッピングセンター。失礼ながらほとんど廃墟に近い感じで、おそらく営業しているのは1件だけではないだろうか。その中野センター脇を塩屋谷川が流れる。ここからこの川の河口まで歩いてみることにした。
ちいきいと2・塩屋⑦「哀愁」 : 塩屋百景
https://shioya100.exblog.jp/16629253/
塩屋の地理的「へそ」にある「第一中野センター」僕が子供のころは栄えていましたが、震災のまま16年そのまま区域もあり、いまは看板もなく、数店が営業を続けているのみ。哀愁よりさらににリアルな寂しさがあります。
廃墟がありました。辺鄙な場所に似合わな… - 日本沿岸旅行記
http://www.jpcoast.com/entry/25994.html
廃墟がありました。辺鄙な場所に似合わない大型な建物?

ピックアップ廃墟