レッチワースビレッジ(Letchworth Village) 概要・歴史

レッチワースビレッジLetchworth Village)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ロックランド郡セルズ(Thiells)にあった精神障害者のための複合施設。

1911年開設。約2,000エーカーの広大な敷地に、最盛期には130もの建物が点在していた。

1950年2月27日には、米国において初めてポリオワクチンが八歳児に投与されている。

当初は「精神障害者にとっての理想の地」とも称揚され、多くの小児患者が治療を受けていた。一方で、虐待や実験が行われている、という噂もあった。また収容患者数に施設規模が釣り合っておらず、過密状態にあったらしい。

1996年閉院。

現在はハベストロー(Havestraw)の町が管理しており、舗装された場所なら敷地内の出入り自由で、廃墟に住み着いた猫を地元住民が世話をしているという。

状態
2019年02月18日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

レッチワースビレッジ(Letchworth Village) 住所

アメリカ合衆国ニューヨーク州ロックランド郡セルズ

レッチワースビレッジ(Letchworth Village) 種類

廃病院

レッチワースビレッジ(Letchworth Village) 画像・写真

レッチワースビレッジ(Letchworth Village)
レッチワースビレッジ(Letchworth Village)

レッチワースビレッジ(Letchworth Village) ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟