広和ビル(津久井進学予備校) 概要・歴史

ドリームマザーの怪増築ビル

広和ビルは神奈川県相模原市緑区のビル。国道412号線沿いに位置する。「グレートマザーの宿る、ツギハギビル」等として紹介されていることもある。

足場用単管パイプとクランプを大量に使い増築されている。

えんじ色の壁面の一見五階建てビルだが、2015年10月17日の不動産情報では「物件概要、地上3階」とあり、4階(屋上)の白い部分と5階(屋上に出るための部分)の白い部分は、全て増築らしい。

建物裏側(道路と反対側)にも同様の増築が見られる。

三階より上の外階段は雨樋などをつなぎ合わせたものらしく、階段の体を成していない。

閉業時期不詳で、現在でも使用されている可能性があるが(後述)、2012年時点で廃墟としての言及が見られる。

2010年8月時点では、1階部分のスピリチュアルな絵画が見当たらず、2016年10月までに設置されたものらしい。これらの絵画には「ダイヤモンドマザー」「観音様・涅槃山」「白百合ジェンヌ生のデビュー」「ドリームマザー デビューの里」「東洋のアルプス・ドリームマザー」「ダイヤモンド富士・高尾山デビュー」などのタイトルが付けられているらしい。

津久井進学予備校」の看板、また「舞踊・琴・バレエ31(ミイ)」「白百合・OB・友の会・ヤマハ・バレエ・編物・学園」の看板が見られる。

一階には豚骨ラーメンの店があったらしいが、2018年時点で施錠されており営業していない。

オーナーは津久井地域でバレエスクールや編物教室などを経営していた男性で、「足掛け30年間・OB1800名」と公式サイトで謳っている。ソワールデビュース相模湖クラブの経営者でもあった。

1981(昭和56)年に大手工務店を退社し、自宅兼教室を建設、その後津久井町に移動、ソワールデビュース相模湖クラブを創設したらしい。広和ビルは「相模原ゲストハウス」として紹介されている。他に八王子シエアハウスがある。

公式サイト上では「平成29年11月」の日付で開口となっているが、2019(平成31)年3月現在、広和ビルに現役使用されている様子は見られない。また2018年に債権回収会社からの郵便物がポストに残されているのが確認されている。

管理会社名義で立入禁止の掲示が設置されており、管理されている。

状態
2019年03月29日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

広和ビル(津久井進学予備校) 住所

神奈川県相模原市緑区三ケ木

広和ビル(津久井進学予備校) 種類

その他・廃墟一般

広和ビル(津久井進学予備校) 画像・写真

広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
「津久井進学予備校」の看板
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
上層階は日曜大工で増築されたような様相を呈している
広和ビル(津久井進学予備校)
大量の単管パイプが使用されている
広和ビル(津久井進学予備校)
入口は施錠され「立入禁止」の張り紙がある
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
「白百合・OB・友の会・ヤマハ・バレエ・編物・学園」
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
左が「東洋のアルプス・ドリームマザー」、右が「ダイヤモンド富士・高尾山デビュー」
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
上層の外階段は階段の用を成していないように見える
広和ビル(津久井進学予備校)
広和ビル(津久井進学予備校)
「舞踊・琴・バレエ31(ミイ)」

広和ビル(津久井進学予備校) ストリートビュー・空中写真

広和ビル(津久井進学予備校) ブログ・リポート

広和ビル(津久井進学予備校跡) | ある歯科医院の院長の日記
https://ameblo.jp/tuburesika/entry-12436959494.html
1月30日(水)パチンコ屋に行く途中の写真だよ今回は廃墟検索地図には載っていない物件ですなんだかすごい建物を発見しました目的地まであと10㎞もありませんが、それどころじゃねぇぇぇ!違法増築かな?タイムマシン機能で2010年8月を見ると、まだ看板があり緑のシート
古流かたばみ会
https://katabami03.exblog.jp/tags/%E6%B4%A5%E4%B9%85%E4%BA%95%E9%80%B2%E5%AD%A6%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1/
昨日久々にチャリトレで相模湖方面に行った。途中で道を間違えたりしながらも、トレーニングの核心部に向かう街道に入り、順調に流していると・・。ん、なんじゃこりゃあ。???現代美術???一度通り過ぎたのだけれど、その異形にそそられて、引き返して写真に収めた。「津久井
ツーリングde温泉時々B級【相模湖周辺後編】 - 思いつきde一人旅
http://oyajinoomoituki.blog.fc2.com/blog-entry-320.html
尾張屋さんから相模湖に向かう途中妙に前から気になる廃墟?建物津久井進学予備校なる建物を通過して相模湖へ向かう。

ピックアップ廃墟