衣浦荘(衣浦温泉) 概要・歴史

衣浦荘は愛知県碧南市にある特殊飲食店跡。

特攻隊員の養成基地でもあった海軍航空隊明治航空基地(明治基地) の近隣に位置し、戦時下に海軍将校用に開設された特殊飲食店街(慰安施設)だった。

戦後GHQの指導監督を受けて特殊飲食店街となり、往時は特殊喫茶「鎌倉屋」「丸新」「寸楽」「鈴本」「新鈴本」「幾代」「ひさご」「〆竹」「吉文」「清元」「山月」「大喜」など業者が立ち並んでいたという。

売春防止法施行を控えた1954(昭和29)年に「衣浦温泉」となった。最盛期には10軒の旅館に、置屋、劇場、パチンコ屋などが並び、碧南一の歓楽街だったという。

当時は崖下に海が広がる風光明媚な土地だったが、昭和30年代後期に「衣浦臨海工業地帯」として埋め立てが進んだ結果景観を失い、また温泉も天然温泉であったか怪しく、急速に衰退していった。

2010(平成22)年時点で営業している旅館は1軒のみとなっている。

2019(令和元)年時点で、ガラス張りの「衣浦荘」の他、数軒の転業旅館跡などが残る。なお、旅館としては廃業していても個人宅として利用されている建物があり、すべてが廃墟なわけではない。

階段は通行禁止となっているため、回りこんで近づく必要がある。衣浦荘跡の駐車場跡は個人向けの駐車場として利用されているらしい。

状態
2019年07月16日作成  2019年07月16日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

衣浦荘(衣浦温泉) 住所

愛知県碧南市山神町

衣浦荘(衣浦温泉) 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

衣浦荘(衣浦温泉) 画像・写真

衣浦荘(衣浦温泉)
衣浦荘(衣浦温泉)
衣浦荘(衣浦温泉)

衣浦荘(衣浦温泉) ストリートビュー・空中写真

衣浦荘(衣浦温泉) 関連ブログ・参考リンク

衣浦荘跡(愛知県碧南市山神町)
http://furoyanoentotsu.com/kinuuraso20070602.html
衣浦荘跡(愛知県碧南市山神町)2007.6.2今回の碧南行の第一目的は、戦時下に、海軍将校用に開設された特殊飲食店街の「衣浦荘」跡を訪れること。特攻隊の飛行士養成の明治航空基地と、そのための特飲街・・・。どんな、悲しくも艶のある物語があったのだろうか・・・。そ
碧南市・衣浦荘跡 – 光を撮む
https://atmoflex.wordpress.com/2010/09/22/%E7%A2%A7%E5%8D%97%E5%B8%82%E3%83%BB%E8%A1%A3%E6%B5%A6%E8%8D%98%E8%B7%A1/
今回は碧南市(へきなん)山神町付近に残る衣浦荘という赤線跡を歩いてみます。この衣浦荘というのは、もともと大戦時、近隣に明治航空基地があり、その将校用の慰安施設として開設された場所だったようです。ちょっと「明治航空基地」についても触れておきましょう。この基地は現
衣浦荘跡へ行ってきました その1 愛知県碧南市  できるかなぁ
https://dekirukanakousaku.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
衣浦荘跡へ行ってきましたその1愛知県碧南市元は兵どものためにつくられた遊郭です。やってきました。ここは愛知県碧南市山神町。1丁目の辺りに遊郭がありました。名は衣浦荘といいました。ここから入っていきましょう。1944(昭和19)年、明治航空基地に駐屯する旧日本海
遊廓跡地を訪ねて 衣浦荘 | テキメモ
https://note-plus.ever.jp/2016/05/kinuurasou/
碧南市、名鉄新川町駅から西へ行ったところにある衣浦荘跡地へ行ってきました。目次1.衣浦荘とは衣浦荘とは衣浦荘は昭和19年に明治航空基地の将校の慰安所として特殊飲食店をこの地へ設置したことによります。戦後は碧南市有数の歓楽街として発展しましたが、○春防止法施行を
衣浦温泉(愛知県碧南市) | ★KENTAの写真倉庫★
https://sasabari-photo.amebaownd.com/posts/3089603
知立から名鉄三河線で30分程の新川町駅に降り、西へ海側に進むと遊里の痕跡が現れる。元々は近くにあった明治航空基地の将校相手の慰安所「衣浦荘」で、特殊飲食店が15軒ほどだった。戦後は占領軍の慰安施設、赤線を経て、○春防止法施行を前に特殊飲食店は旅館に転業。温泉採
衣浦温泉
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/aichi_data/kinuura/kinuura_file.html
衣浦とは、愛知県南部知多湾奥の境川河口、衣ヶ浦湾地域の総称である。境川河口は、両岸を埋め立てられ広大な工場用地となっている。かつては、風光明媚な場所であったのだろう、河岸段丘の縁に衣浦荘(後に衣浦温泉)と呼ばれた旅館街があった。ここは、昭和33年の売防法施行前
碧南 衣浦荘 - M K
https://blog.goo.ne.jp/nankyoutei/e/79b10376eac1230a0666eae4124a8302
遊廓→RAA施設→赤線花街と混在していた遊里。さらには射的場や雀荘といった娯楽施設が加わって一大歓楽街を形成していた。昭和30年、業者数15、従業婦数59新川町駅から歩いていくと、まず目に入るのがこの建物。全体が薄赤色をしている。以前は二階の角に「旅館八千久」
目の横から懐中電灯 【番外】元赤線地帯、衣浦温泉街
http://chudento.blog54.fc2.com/blog-entry-17.html
愛知県碧南市の元赤線地帯、衣浦温泉街を歩いたよ衣浦荘は、旧海軍明治飛行場の航空隊将校用に慰安所として開設されました。特殊飲食店に加えパチンコや射的などの店が軒を連ね、歓楽街として繁盛していました。時代はかわって昭和30年ごろ、○春防止法が施行されることになり特

ピックアップ廃墟