海軍航空隊明治航空基地(明治基地)は愛知県安城市にあった海軍軍用飛行場。 1943(昭和18)年、東端...

海軍航空隊明治航空基地(明治基地)

海軍航空隊明治航空基地(明治基地) 概要・歴史

海軍航空隊明治航空基地(明治基地)は愛知県安城市にあった海軍軍用飛行場。 1943(昭和18)年、東端...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

海軍航空隊明治航空基地(明治基地) ストリートビュー・空中写真

海軍航空隊明治航空基地(明治基地) 関連ブログ・参考リンク

http://www48.tok2.com/home/yamabiko/sonota/meiji.okazakiair.html
三河平野、穀倉地帯の海軍航空隊史実を後世に! 序文: この度、縁あって、終戦 とともにはかなく消えた二つの海軍航空隊を公開します。 その内容は、安城市根崎 2004.7.22: 旧第210海軍航空隊13期会(飛行科予備学生)一行16名が明治基地跡を 訪問
http://ktx.fc2web.com/fc2/meijikiti/meijikiti.htm
2003年11月29日 友人より明治航空基地の情報を得て今回歩いてみようと思いたった。HPを検索したら 現在の様子を紹介したページがあり興味深く拝見させて頂いた。詳しくは「戦争遺跡見聞 碌の海軍航空隊明治基地」と「遺構探訪の本文から明治飛行場」を
http://underzero.net/html/tz/tz_401_3.htm
岡崎市・安城市・豊田市にまたがる海軍航空隊基地跡。 昭和17 昭和19年2月河和 海軍航空隊岡崎分遣隊として基地南側に設立、4月岡崎海軍航空隊となる。昭和20年2 月第一 写真奥の橋が架かっている所が三河では有名な明治用水。 現在は深くも
http://underzero.net/html/tz/tz_414_1.htm
明治海軍航空隊基地跡 その1 (安城市 2008/7). 愛知県内の戦争遺跡としては割と 有名で探索もしやすい。 それでも数年前に探索したが下調べがずさんで見つけられ なかった。因縁のある遺構。 戦況の悪化により航空隊・搭乗員の拡充を図るためにつく られた
http://www.aichi-c.ed.jp/contents/syakai/syakai/seisan/sei066.htm
1943年(昭和18),横須賀海軍施設部の管理により,当時の愛知県碧海郡明治村の 東端,根崎,和泉に約200ヘクタールの海軍軍用飛行場の建設が始められた。そして, 翌年から終戦まで海軍航空隊が航空基地として使用した。飛行場は滑走路をはさんで
http://underzero.net/html/tz/tz_414_3.htm
明治海軍航空隊基地跡 その3. 隊門や兵舎などがあった明祥中学校。 遺構は残ってい ないが、中学校の門と隊門の位置はほぼ同じ。 南西側から中学校を撮影。 往時、この 位置から撮影すれば隊門が正面にあった。 格納庫基礎跡。 道路下の畑脇に残されて
http://burari2161.fc2web.com/meijikiti.htm
太平洋戦争たけなわの1943年4月、横須賀海軍施設部の監理の下、当時の愛知県 碧海郡明治村大字東端、根崎、和泉の三集落に そして、翌年5月下旬から終戦( 1945年8月15日)に至るまで、建設工事と並行して海軍航空隊が航空基地として使用 した。
http://underzero.net/html/tz/tz_414_2.htm
明治海軍航空隊基地跡 その2. 東端神社の南西、畑の中に残る燃料油庫。 暑さで早々 にバテが来てしまい、中には入らず。 こちらは型枠で造られているので中の成型は整っ ているようだ。 畑の中に違和感なく溶けこんでいるのが、安城チック。 燃料油庫の南側
http://www.geocities.jp/bane2161/meijikiti.htm
太平洋戦争たけなわの1943年4月、横須賀海軍施設部の監理の下、当時の愛知県 碧海郡明治村大字東端、根崎、和泉の三集落に そして、翌年5月下旬から終戦( 1945年8月15日)に至るまで、建設工事と並行して海軍航空隊が航空基地として使用 した。
http://www.burari2161.fc2.com/meijikiti.htm
太平洋戦争たけなわの1943年4月、横須賀海軍施設部の監理の下、当時の愛知県 碧海郡明治村大字東端、根崎、和泉の三集落に そして、翌年5月下旬から終戦( 1945年8月15日)に至るまで、建設工事と並行して海軍航空隊が航空基地として使用 した。
http://www.geocities.jp/heritagefromwar/sennsouisekikenngaku-aiti-a-meiji.htm
海軍航空隊 明治基地. 所在地:愛知県安城市東端町. 航空基地概要飛行場は滑走路を 挟んで北と南地区に別れており、北地区は夜戦隊、艦爆隊、陸偵隊、南地区は艦戦隊、 局戦隊、艦攻隊が使用していた。 航空隊 基地跡には3箇所現存している。場所は
http://www48.tok2.com/home/yamabiko/sonota/meijiairkeii.html
明治航空基地と、 とそこに配備された海軍航空隊の概要については、本誌第20号掲載 の『明治基地と海軍航空隊』において、またその戦歴の一部であるB29邀撃戦の経過 については本誌第27号掲載の『明治基地とB29邀撃戦』において、それぞれ紹介させて
http://blog.livedoor.jp/kuubohosiina/archives/40971252.html
愛知県安城市に残る海軍航空隊明治基地の遺構を見てきました。(2014.9)明治基地は、昭和18年の4月に建設が始まり、翌年の5月から使用された。当初の目的は、初期の飛行訓練を終えた搭乗員の練成教育だったが19年に入ると名古屋を空爆するB-29の迎撃や、沖縄特攻
http://blog.livedoor.jp/kuubohosiina/archives/20167175.html
午後の飛行展示が終了してから…もう一つの目的実は前日、基地近くに旧軍事代の遺構があるとの情報を見つけたので向かいます。岐阜基地南側に残る掩体壕今まで見た中で一番大きいと思う(岩国基地内、八尾市、八日市市、鈴鹿市)ここもやはりこの手の遺構では定番の倉庫となってい