陸軍 二川トーチカ跡

陸軍二川トーチカ跡は、愛知県豊橋市にある戦争遺構。

渥美半島の付け根に位置する一帯は、米軍の本土上陸作戦が予想されたため、陸軍第第73師団によってトーチカが多く建設されたという。

現在は住宅街の中に位置し、両隣は住宅、正面は駐車場となっている。

前面は正方形で、開口部が階段状となっているのは至近弾の被害を軽減するためだという。

また、二川トーチカの裏山には本土決戦に備えた塹壕や観測所の跡が残っているらしい。

2018年11月現在、トーチカ周辺には草木が繁茂し、開口部には「私有地につき立ち入りはご遠慮ください」の注意書きが設置されている。

状態
2018年11月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

陸軍 二川トーチカ跡 住所

愛知県豊橋市大岩町北山

陸軍 二川トーチカ跡 種類

軍事施設・戦争遺構

陸軍 二川トーチカ跡 画像・写真

陸軍 二川トーチカ跡
陸軍 二川トーチカ跡
陸軍 二川トーチカ跡
陸軍 二川トーチカ跡
陸軍 二川トーチカ跡

陸軍 二川トーチカ跡 ストリートビュー・空中写真

陸軍 二川トーチカ跡 ブログ・リポート

豊橋の戦争遺跡(6)
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn014/toyohasi/toyohas6.html
以前、和歌山で見た陸軍墓地よりはマシな状態で、草は生えていたものの、ボーボーに はなっていなかった。市街地の中 【二川トーチカ】(地図) 二川駅近くの住宅街の中 に、二階建ての建物くらいのサイズのコンクリの固まりが残っているのは不気味な感じ。
陸軍 二川トーチカ跡 所在地:愛知県豊橋市二川町 太平洋戦争末期
http://hirasyain4.web.infoseek.co.jp/sen9.htm
陸軍 二川トーチカ跡. 所在地:愛知県豊橋市二川町. 太平洋戦争末期、本土決戦に備え て名古屋に第13方面軍が編成され、豊橋にも河田末三郎中将指揮する第73師団が 遠州灘に面する海岸に布陣した。 連合軍が計画した関東上陸作戦「オリンピック作戦」 の
二川の史跡
http://www.futagawa-j.toyohashi.ed.jp/futagawa-j/page/sansaku/sa3.htm
トーチカ跡 (私有地なので入らないでください。) 拡大します, 第2次世界大戦の終結間際 の戦時中に、アメリカ軍が遠州灘沖から攻撃あるいは上陸阻止という本土防衛のため、 怒部隊が二川に駐屯し,トーチカが構築されました。
住宅の隣の戦争遺跡(豊橋・二川): たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2012/11/post-451f.html
2012年11月13日 ここは愛知県豊橋市の二川(ふたがわ)という所。 これ、太平洋戦争当時に築かれた、 トーチカの跡なんだね。 この辺りは、米軍の本土上陸作戦が予想された場所という ことで、陸軍第第73師団によって防御陣地であるトーチカが多く建設
岩屋観音 重機関銃陣地跡
http://www.geocities.jp/skegfirst/iwayakannnonn.html
本土決戦用に急ピッチで建設された迎撃用重機関銃陣地。 この裏手にある榴弾砲陣地、そして二川トーチカ、 これらがこの一帯で残されている代表的な遺構です。 (二川トーチカについてはコチラ) 陸軍大将尾野実信書とあります。
”二川トーチカ” : -廃虚日常記録帳-
http://blog.livedoor.jp/kuubohosiina/archives/26299574.html
さて、最後に向かうは”二川トーチカ”戦跡業界では有名どころです。と言う私も2度目の訪問ですし、というか、前回は脚立を忘れてしまい、入れなかった訳で、リベンジとも言うのです(笑3段脚立なら、楽勝と思ってたのにギリギリ(汗)とりあえず振り向くとこんな感じんで、正面
二川トーチカ
http://www.geocities.jp/skegfirst/hutagawa.html
軍事遺産を扱うサイトでもよく紹介されている二川トーチカ。 場所は愛知県豊橋市二川。 渥美半島の付け根に位置する豊橋市は、戦争末期において米軍の本土上陸作戦が予想されていた場所ということで、 陸軍第13方面軍第73師団に
愛知県 二川トーチカ(2回目)その1 -underZero-
http://underzero.net/html/tz/tz_310_1.htm
「瀬戸地下軍需工場跡を保存する会」が主催した「軍都豊橋 春の戦跡見学会」で訪れた二川トーチカ。住宅地の中にポツンと残るトーチカで戦争遺跡としては結構有名なもの。以前筆皇と二人で来たことがあるのだが、住宅地の中
さまよう雨男 二川トーチカ 愛知県豊橋市
http://shigezo9009.blog.fc2.com/blog-entry-293.html
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます。 豊橋駅から1駅、二川駅から住宅地の中に突然現れる戦争遺跡として有名な二川トーチカを見てきた。二川駅北口から
二川トーチカ - ブログならライブドアブログ(livedoor Blog) - 無料
http://blog.livedoor.jp/sujin_10/archives/41784162.html
所在地:愛知県豊橋市二川町 縄 張:トーチカ 城 主:大日本帝国陸軍 遺 構:トーチカ 文化財:なし 探訪日:平成24年(2012年)2月19日 概要 太平洋戦争末期に陸軍第73師団が築いたトーチカ。この二川
本土決戦用 『二川トーチカ』 ( 愛知県 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sagashigaookuwa/17885842.html
いつもお世話になっている稲口町さんより、またまた貴重な画像を頂きました。 愛知県豊橋市二川(JR東海道線 二川駅近く)に残る、旧日本陸軍のトーチカです。 中央にあるのが二川トーチカです。 二階建ての大きさぐらいあります。
二川トーチカ - ホスティング/レンタルサーバー/ドメイン
http://www1.linkclub.or.jp/~oya-wm/hutagawafile/hutagawa.html
二川トーチカ トーチカ望遠・近撮・二十年八月の部隊配備図 愛知県豊橋市二川 二川トーチカ望遠 上の写真は、愛知県豊橋市二川のとある地域を撮影したものです。国道一号線沿いから内陸部の山腹に広がる住宅地を見ています。
【美恵軍團】(3)陸軍第三師団歩兵第十八連隊 - 戦争遺跡調査
http://yumisogun.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
【続き】 ご存知かと思いますが、現在の動植物公園(のんほいパーク)のある二川には 岩屋観音の下にトーチカがあり、 いまはすっかり埋め立てられて面影すら残していない感がありますが 大崎島という海軍航空隊があった人口島が

ピックアップ廃墟