待恋橋そばの橋脚跡 概要・歴史

北海道苫前郡羽幌町にある待恋橋そばの橋脚跡。道道747号線上羽幌羽幌線のそばに位置する。

西側の河岸および東側の畑の中に橋脚跡が残っている。

羽幌森林鉄道の遺構らしく、1978年時点の空中写真でも既に橋桁はなくなっている。

羽幌森林鉄道は1942(昭和17)年に竣工、その後順次延伸され、最終的には総延長44㎞に達した。徐々にトラック輸送に切り替えられて、1963(昭和38)年に全面廃止されている。

平橋そばの橋脚跡も関連と見られるが詳細不明。

状態
2019年08月02日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

待恋橋そばの橋脚跡 住所

北海道苫前郡羽幌町字上羽幌

待恋橋そばの橋脚跡 種類

廃橋

待恋橋そばの橋脚跡 画像・写真

待恋橋そばの橋脚跡(2019年7月)
待恋橋そばの橋脚跡(2019年7月)
畑の中に残る橋脚跡
畑の中に残る橋脚跡
対岸の西側にも橋梁の跡が見られる
対岸の西側にも橋梁の跡が見られる
左手は道道747号線の待恋橋
左手は道道747号線の待恋橋

待恋橋そばの橋脚跡 ストリートビュー・空中写真

待恋橋そばの橋脚跡 関連ブログ・参考リンク

林道探索blog版 道北へ道道めぐり 2/2
http://decoja11.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
更に道道741号を進んでいき、「待恋橋」というなんともロマンチックな橋(地図7)の右手に古い橋台っぽい何かが見えた(というか、怪しいところでは橋をわたる毎に左右に何かないか確認するのは我ながら少し病気かも、と思う)。ここだけじゃなくて数カ所で橋台っぽいのが残っ

ピックアップ廃墟