チェルノブイリ原子力発電所

チェルノブイリ原子力発電所(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょ)は、ウクライナ(旧:ソビエト連邦)のチョルノーブィリ(チェルノブイリ)近郊、プリピャチ市にあった、原子力発電所である。

1986年4月26日午前1時23分(モスクワ時間)に、4号炉が原発事故を起こし、世界中にその名が知られた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

チェルノブイリ原子力発電所 国

ロシア

チェルノブイリ原子力発電所 種類

廃工場・発電所

チェルノブイリ原子力発電所 画像

チェルノブイリ原子力発電所 写真・ブログ・リポート

チェルノブイリツアー その4
http://blogs.yahoo.co.jp/aatyan1970/66940475.html
これは建設途中だったチェルノブイリ原子力発電所6号炉 これは最近まで稼働していた3号炉だったかな・・・汗 これも建設中であった5号炉だったような・・・ 4号炉と6号 それがここに来ればよくわかる 続いて廃墟となっている街 プリピャチにむかう <続く
旅のリアルタイムメモ チェルノブイリ原子力発電所の職員食
http://yasutabi.sblo.jp/article/57605665.html
そりゃ、その辺のツアコンが、未だにが放射線量の高い、廃墟と化した技術者の街や4号炉の界隈を、素人が好き勝手に客を引き回した日には安全管理も何もあったもんじゃないし、こっちだって怖い。