プリピャチの廃遊園地 概要・歴史

放射能に汚染された遊園地

1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故によりゴーストタウンとなったプリピャチにある廃遊園地。

1986年5月1日のメーデーに合わせて開園する予定だったが、原発事故に伴い放置された。

観覧車などの遊具が朽ち果てた状態で残されている。

状態
2019年06月02日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

プリピャチの廃遊園地 国

ウクライナ

プリピャチの廃遊園地 種類

遊園地・テーマパーク

プリピャチの廃遊園地 画像・写真

プリピャチの廃遊園地
プリピャチの廃遊園地
プリピャチの廃遊園地

プリピャチの廃遊園地 ストリートビュー・空中写真

プリピャチの廃遊園地 関連ブログ・参考リンク

プリピャチの遊園地の廃墟 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。
http://worldtv.blog.fc2.com/blog-entry-467.html
2011年6月23日 今回の旅行先は「ウクライナ」です。 チェルノブイリ原子力発電所から、およそ20km。 プリピャチの街に時が止まった遊園地があります。Thumbnail:By Justin Stahlman from Montre'al, Canada (Bumper cars) [CC-BY-2.0], via Wikimedia
14年目のチェルノブイリ
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/chertour/Tkhs.html
町の入口を遊園地式の公園が飾ることになる。 荻野さんの放射能測定器は アスファルトの地表面で五マイクロシーベルト/hr(最高値八マイクロシーベルト/hr)、 地上一メートルのところで一マイクロシーベルト/k(最大で二 無人のプリピャチ市の 公園>

ピックアップ廃墟