深静峡

深静峡は、山梨県甲州市の板橋峠近くにあるリゾート開発地跡。森泉郷とも呼ばれ、「深○峡」「S静峡」等として紹介されていることもある。。廃道が迷路のように入り組んでおり、心霊スポットとしても知られる。

建物は2005年に放火と見られる火災により消失した。現在もコンクリートの土台部分は残存している。

解体され現存していません

深静峡 住所

山梨県甲州市塩山平沢

深静峡 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

深静峡 画像

深静峡 写真・ブログ・リポート

墨川山 倉掛山 鈴庫山 柳沢ノ頭 高芝山
http://himalaicus.hiho.jp/yamaseireki/2010/kurakakeyama/kurakakeyama.html
⑤標識越しに広瀬ダム(西沢渓谷側)を見下ろす。 ⑤しっかり埋まっている三等点。 ⑤ 少し東に 板橋峠(深静峡)で、廃墟に寄り道。 ⑦板橋峠に戻る。 板橋峠の南側。 . そこを入るとコンクリート構造の廃墟があった。足を進めると瓦礫の中に2つの湯壷が 残る
真夜中の廃墟 『深静峡』 - 廃墟シリーズ1 - FC2
http://haiokuhaioku.web.fc2.com/mayonaka/sinseikyo/htm/-1.htm
ここは山梨のある峠をかなり突っ走ると現われる 深静峡 立地条件の悪さから廃業と なった噂 ここが火事で焼失してしまった またなんて事を、、 もうほんとにやめてくれ!! !! 廃墟をいじめないで下さい!!! お願いします!! もうここは骨しかない かなしい
真夜中の廃墟 『深静峡』 - FC2
http://haiokuhaioku.web.fc2.com/mayonaka/sinseikyo/htm/1.htm
客室は結構な恐ろしさを感じてしまいました かなり出来の悪い作品で申し訳ご ざいませんでした 写真も汚いものしかなく かといってまた撮りに行く事は二度と出来 ません 無念だ ホント悲しい ふと気づいた 廃墟マニアはMが多いんではないか?と 廃墟 は短い運命
uwasa
http://www.geocities.jp/kokoyo_koko/uwasa.html
最近、得た情報なのですけど青梅街道をおいらん淵を越えて柳沢峠付近にある深静峡 とい. う廃墟と化したレジャー施設があるらしいのですけど、そこはおいらん淵なんて比 じゃない. 程ヤバイ所らしいです、あるサイトで今盛り上がっています、しかしそうとうな所
Ruin's Cat -郷愁的廃墟写真- 深静峡 -解体後-
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
2012年3月22日 山奥の厳しい渓谷に、その廃墟はあった。 雪の積もる細い山道をバイクで乗り越え ようやくここまで来たが、そうして目に飛び込んてきたものは、 何者かにより放火され、 解体・撤去されてしまった”亡き”廃墟の姿だった―― 半ば呆然としながら、
斉木林道 (山梨県甲州市、山梨市) [山行記録] - ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-78116.html
2010年9月15日 実は林道入口は別荘地入口の手前にあったのですが(上記の通り尾根そのものが斉木 林道)標識なども一切なかったので当時は知る由もありませんでした。 深静峡(別荘地): 今では廃墟系サイトにも取り上げられるほど、怪しい場所として有名
23万HIT記念 山梨県甲州市~丹波山村 国道411号旧道巡り(その11
http://blogs.yahoo.co.jp/takaratta1152/38679782.html
2012年8月26日 http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/. そしてここは「深静峡」への入口である。 深静峡と は、バブル期に建設されたレジャー施設で、その後廃墟となり、心霊スポットとなった 場所である。 なお、数年前に不審火により焼失してしまっているそうだ。
三窪高原から倉掛山
http://lodgesansha.com/Kikou2009/Mikubo.htm
2009年6月13日 ここは地図には「深静峡」と書かれ、道が入り乱れている。 廃墟のような建物があり、バブル時のリゾート計画の名残か。 これも帰ってからネットで調べてみたら、何か事件もあったらしく、心霊スポットだとか言った興味本位の記事ばかり。
山と鉄 三窪高原(下)
http://satsunan226.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
地形図を見ると、この峠の西側に車が通れる道が網の目状に走っている。ここはバブル期に別荘地として開発された深静峡(しんせいきょう?)と呼ばれるリゾート地の跡である。その廃墟が上から望めた。結局ほとんど別荘地は売れずに経営は破綻してしまったらしいが、管理人夫婦はし
80.12.31三窪高原
http://www4.tokai.or.jp/seizan/80.12.31mikubokougen.html
雪の中稜線より左右に走る獣の足跡のみ。 巨大な電波塔脇を行くと又草原。大菩薩嶺や黒川鶏冠山が間近に堂々。北は奥秩父主脈の山々が西より奥千丈岳、国師岳、甲武信岳、 破風 はふ 山、笠取山、唐松尾山、 竜食 りゅうばみ 山、飛竜山と続く。
深○峡
http://mindtravel.web.fc2.com/yamanasi/y-a2-01.html
深○峡うんざりするような長い峠道を登り、さらに脇道からダートを突き進んでようやく辿り着ける此の物件。まずは廃車がお出迎え、この他にも多くの廃車があります。メインの建物であった管理棟は既に焼失後でした。来るまで火事が在った事を知らなかったので、非常にがっかり。遺
S静峡その1
http://www5f.biglobe.ne.jp/~punch-ht/haikyo/h043001.html
私はまったく知らなかったのですが、ここは心霊系(というか肝試し系)の人の間ではちょっとした有名物件だったようです。レストハウスに残っていた物のせいもあり、ここのオーナーである(あった?)「おやっさん」という謎の人物について様々な噂がネット上を駆けめぐっていまし
廃墟リスト⑦
http://members.jcom.home.ne.jp/usiro/okutama/sinsen.htm
廃墟リスト7奥多摩深静峡(山梨県東山梨郡三富村)☆コメントつきですので左上より右に順番に進んでくださるとありがたいです☆
50D本格運用&タイヤ慣らしツー 2-1 | 岡野隆浩 Photograph
http://red.ap.teacup.com/ciq64480/4646.html
2012年7月9日に行った、「奥多摩50D本格運用&タイヤ慣らしツーリング2-1」です。っと言う訳で、笠取林道を抜け「深清峡」にやって参りました。少し言い訳を書くと、本当はポートレートで50D本格運用するつもりでしたが、撮影話がスッ飛んだので…廃墟になってしま
Leisure Facilities in Yamanashi - 産業遺跡リスト
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/yamanashi/leisure/index.htm
レジャーランド 深静峡. 別名『森泉峡』とも言われている敷地面積105万坪のリゾート地。テニスコートや分譲別荘地があり、 周囲に民家もなく、陸の孤島と化したキャンプ場が廃墟になっており、さながら廃村の様相を呈しています。土地の借用期間から察する 
伝説の・・・。: きょんたろの廃墟って中毒。
http://c2195hiro2295.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_2b9d.html
ん?深○峡か??そんな気がしてPCの中にある画像を見ました多分間違いは無かったと思います。夜中にこんなところに連れて来られて助けを呼ぼうにも人なんか居ませんし、逃げ出したところで近くには何も有りませんし、4月でも雪が残っているくらい厳しい地域ですからどうする事