ホテルキャデラックハウス(the Hotel Cadillac House)は、山梨県北杜市高根町清里にあったホテル。「....

ホテルキャデラックハウス

ホテルキャデラックハウス 概要・歴史

ホテルキャデラックハウス(the Hotel Cadillac House)は、山梨県北杜市高根町清里にあったホテル。「....

ホテルキャデラックハウス 画像

ホテルキャデラックハウス
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
ミュージアム跡
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
ブティック跡だろうか
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

ホテルキャデラックハウス ストリートビュー・空中写真

ホテルキャデラックハウス 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/morinoigureku/33265978.html
2010年9月13日 清里高原の南の外れに、こんな廃墟があります。 なにやらアメリカ南部の金持ちの屋敷 のような、でもよく見るとちょっと安普請の外観。そう、これは「キャデラックハウス」という ホテルだった建物の廃墟です。 ここはホテルであると同時に、古い
http://blogs.yahoo.co.jp/dorojiai2007/68449952.html
2013年8月7日 まったく新しいパワースポット その名も廃墟. お気に入りの人に登録/削除 を企画した のかも知れない。 アフタースキーは、キャデラックハウスで・・その、ほら、わかるでしょ ツアー。 2~3日置きに、ホテルでディナー 女子大生というだけでツ黴
http://blogs.yahoo.co.jp/dorojiai2007/68442403.html
2013年8月5日 キャデラックも健在ですが、写真をカメラで撮って、その写真をまたカメラで撮っている のでよく見えません。 イメージ 12 泊まれるディスコホテルってヤバスギ! そして、今 ↓ ズズさんちょっとキャデラックハウス行ってきます! 2013/8/19(ツ黴
http://blog.livedoor.jp/arajiru0721/archives/51671212.html
今回行ったのは清里高原。バブル時にはミニ原宿と言われていたオサレな場所らしいですが、バブルが弾けた今は廃墟だらけ、との噂。 清里の前に、一つ見つけたホテル廃墟から。ただし、徹底的に入り口が塞がれていた為、進入は出来ませ 
http://blog.livedoor.jp/arajiru0721/archives/52051578.html
ちょっと話題遅いけど、日本シリーズ第2戦の事。 藤田の内野安打、完全にアウトですね。普通に誤審だと思います。 ただ、巨人さんは普段審判の恩恵を受けまくってるし、まぁ多少はね? 横浜戦で1イニングに2回も誤審されたり 
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1360631/blog/29250112/
雪の日の廃墟っていいですよね♪雪の下がどうなってるか分からなくて危ないけどwレンガ造りなんだけどなんかインチキ臭い(^^;)見るからにバブルw入っていきなりネタもの発見。テッド!何でこんな所にwwモデル、テッド(´艸`)
http://blogs.yahoo.co.jp/kitikitiboon/59430020.html
先日、久しぶりに廃墟探索したくなり、以前に山梨の方のコメントをたよりに○里に出向いてきました。物件は「キャ○ラックホテル」。たいそう外観が米国とかの官庁にありそうなデザインで、すっごくカッコイイ。前庭がこんなにクサボーボーでなければ、一瞬みたかぎりでは廃墟には
http://ochimon.blog.shinobi.jp/廃宿泊系/ぶらぶらドンキーの巻。
今日は山梨にある曰くつきのホテルです。ご覧ください。今回お見せするのは山梨にある有名なホテルです。ここはどうやらオ〇ム真理教が関係していたらしいね。ちょっと特殊でオシャレなホテルです。外観は博物館っぽいでしょ。アチャ~・・・閉まってるザンス。
http://ochimon.blog.shinobi.jp/廃宿泊系/cハウスの巻。
運転しながらキョロキョロしてたら遠くにそれらしい物件が・・・レンガ造りの建物なので目立ってました。まるで美術館の様な建物です。どうやらここはホテルだったようです。キャデラックギャラリーって何だろう?どうやらキャデラックの博物館があったようです。ブティックなんか
http://blog.livedoor.jp/mistral_mt/archives/34915509.html
今回はホテルキャデラックハウスに行ってきました。ほぼ下調べなしで行ったのですが、なかなか良かったですね一瞬、この藪を抜けるのかと思いますがちゃんと道ができているので安心ください中は普通のホテルですサバゲーの跡が半端無かったですねTシャツとか売ってたらしくて、そ
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2014/04/post-88c0.html
山梨県の清里は八ヶ岳の南麓に広がる別荘地。しかしバブルの時代には現在では想像もつかないような施設もたくさん作られた。「ザ・ホテル・キャデラックハウス」もそんな一つだった。雄大な柱を前面に押し出した豪奢な偉容は、まるで西欧の巨館のように見る者を圧倒する。ただこう
http://mumyouhoukou.blog130.fc2.com/blog-entry-109.html
今回の記事も高原のお洒落な廃墟おちもんさんのブログの後追い記事みたいになってきている気もするここはかつて宗教団体が引っ越してきそうになって騒ぎになったらしいわざわざ裏から入るのが俺流だZE!笹薮で無駄に疲れただけでした・・・もうそういうの慣れたわーこういう光景
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/8784407.html
2015年4月14日 清里ザ・ホテルキャデラックハウス. 2013年5月4日、2014年8月2日探訪。 1980年代半ば頃に開業した避暑地の典型的バブル物件ホテル。 その名の通りキャデラックミュージアムがメインのホテルとなっており、 1920年代~50年代頃の車種ツ黴
http://uosan.info/20151216/15263/
いつぞやロケハンということでまわりだけ眺めて帰ってきた「キャデラックハウス」の地に再び降り立った。今回はデジカメに加えて、モノクロフィルムでも挑戦しようとフィルムカメラとミニ三脚も準備してきた。隣の資材置き場にも誰もいない。これは呼ばれているね。正面から堂々と
https://haikyomeguri.wordpress.com/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9/
ホテルキャデラックハウスホテルキャデラックハウスは2017年1月に巡った、山梨県にある廃ホテルです。総合評価:【4】★★★★★【アクセス】「道路から近くて簡単にアクセスできる」★★★★★【規模】「ホテルはやや大きいが、その建物だけになる」★★★★★【安全度】「
ホテルキャデラックハウス 関連ワード
  • すいの冒険2017
  • 勇者
  • 山梨県
  • 廃墟