奥川並 概要・歴史

奥川並(おっこうなみ、おくかわなみ)は滋賀県長浜市余呉町(旧・伊香郡余呉町)にある廃村集落。高時川支流の奥川並川上流部に位置する。

製炭業などが営まれ、冬季には深い雪に閉ざされる山深い土地だった。

1969(昭和44)年に最後の村民たちが村を離れ、無人となった。

丹生小学校奥川並分校があった。1969(昭和44)年に休校、1975(昭和50)年に閉校。

石垣跡などわずかな遺構が見られる。

状態
2011年09月15日作成  2019年06月03日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

奥川並 住所

滋賀県長浜市余呉町奥川並

奥川並 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

奥川並 ストリートビュー・空中写真

奥川並 関連ブログ・参考リンク

奥川並
http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/haison_all/d_okukou/hai_d_okukou.html
その『田戸』から東へ分かれる未舗装狭路をさらに岐阜県側へ山奥に4km程進むと、最 奥の集落『奥川並』にたどりつく。 なお余呉町にある余呉湖の西側に『川並』という 集落があるが、この『奥川並』とは関係無いようである。 今、子どもたちの声で 賑わっていた頃の小学校の写真と、廃墟となっ...
緑に沈んだダム建設予定地
http://heyaneko.web.fc2.com/dj21.html
緑に沈んだダム建設予定地 滋賀県余呉町半明,針川,尾羽梨,. 鷲見,田戸,奥川並,小原. 廃村 半明の神社跡に残されていた六地蔵です。 8/31/2003 余呉町半明,針川,尾羽梨,鷲見,田戸,奥川並,小原. # 21-1: 今畑に行って,愛媛行き中止の憂さが晴れ
谷山から左千方へ
http://www18.atpages.jp/mten/110521.html
今は廃村となっている奧川並(オクコウナミ)の車道が使えなくなってしまい、やむなく谷山 から歩いて1時間ほどの廃村奥川並から取りついて行けるところまでとの山歩きでした。 それにしても左千方ははるかなる峰でありました。今回も登りの道整備で極めて時間を
風花漂流 廃村・奥川並を訪ねる
http://kazahana0603.blog36.fc2.com/blog-entry-347.html
廃村・奥川並を訪ねる. 2011-06-20. ▲奥川並集落跡 【行動日】 2011年6月19日(日) 【空模様】 曇り 時々 晴【参加者】 2名【ルート】 滋賀県長浜市余呉町菅並 六所神社~ 奥川並廃村 往復【距離】 約19km 【所要時間】 往路 約2時間 復路 約1時間40分
2007/09/18 22:44 - たまに一言のあしあと - FC2
http://tamanihitokoto.blog87.fc2.com/blog-entry-132.html
先月、本サイトの県内廃村の項で『奥川並』を大幅に修正し、再公開させていただいた。その中でもふれているように、奥川並にお住まいだった方の多くは、離村時に同じ余呉町内に集団移転されている。先日その移転された地を訪れてみた。
2009/04/21 22:59 - たまに一言のあしあと - FC2
http://tamanihitokoto.blog87.fc2.com/blog-entry-185.html
こんな『奥川並』は初めてだ。村在りし頃は多くの人の姿が見られたはずだが、林道を歩く何人もの人の姿を見ると、それにちょっと近いものを感じたりもする。いつものように一人静かに廃村の春を味わうことはできなかったが、これはこれで 
高時村より\奥川並(おくこうなみ)の谷を詰める
http://www.takatoki.justhpbs.jp/nikki/ki06789/kawa.html
廃村跡を過ぎてすぐに、橋の所に車止めがある。車を置いて、自転車に乗り換える。 すぐに谷が別れる。橋を渡らずに、まずリッカ谷に向かう。 林道は何のためか草が刈ってある。20cmほどに伸びているので、7月末か8月初旬
艨艟ノ棲処-滋賀県余呉町の廃村~丹生ダムに沈む村
http://moudou.hatagashira.com/moudou/motercycle/kdx/kdx_touring_report/20090502-01_kdx_yogo/20090502-01_kdx_yogo.html
滋賀県余呉町を南北に流れる高時川流域には、現在も残る菅並と中河内の間にもかつては幾つかの集落があった。 それら集落の内、より奥地の針川、尾羽梨(おばなし)、奥川並(おくこうなみ)は昭和45年前後(またしても大阪
#149 奥川並の桜らしくない桜 | たまに一言のあしあと
http://tamanihitokoto.blog87.fc2.com/blog-entry-154.html
~奥川並の桜らしくない桜~春の廃村。夏場には、何とも重い感じの緑の雑草で全体が覆われ、蒸し上がるような暑苦しさとともに何人も近づけない雰囲気を
奥川並(余呉町)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/25.Shiga/Yogo_Okukawanami.html
◆奥川並(おくかわなみ/オクコーナミ)※この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「敦賀」(昭和26.9)を使用したものである所在:長浜市余呉町奥川並地形図:中河内/敦賀形態:谷沿いに家屋が集まる離村の背景:移転事業標高:約370m訪問:2011年6月
#236 奥川並(旧伊香郡余呉町)と奥川並分校 : たまに一言のあしあと
http://blog.livedoor.jp/ekon_bangai-ashiato/archives/1033092402.html
久しぶりに「奥川並」集落跡を訪れた。「奥川並」は、滋賀県最北部の旧・伊香郡余呉町(現・長浜市)にあった集落で、高時川の支流、奥川並川の上流部に位置する。「奥川並」とともに北丹生六ヶ字と呼ばれていた「針川」「尾羽梨」「鷲見」「田戸」「小原」のいずれの集落も、時期
余呉奥川並集落(昭和44年廃村) | 滋賀探索サイト FIND OUT
https://shiga.findout.biz/shiga_info/fo2017101921
奥川並集落は、昭和44年の集団離村により廃村となった。集団離村に至った理由として、自然環境の厳しさに加えて、主要産業だった製炭業が衰退したためと言われている。余呉の廃村集落群の中でも、山間部の最奥地にあり、冬季には3mを超す豪雪により遮断される極限の自然環境に

ピックアップ廃墟