宇都野火薬庫

宇都野火薬庫は、栃木県日光市足尾町にある足尾銅山関連施設跡の一つ。宇津乃火薬庫と表記されていることもある。

銅山で用いられるダイナマイトの火薬庫だった。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

宇都野火薬庫 住所

栃木県日光市足尾町

宇都野火薬庫 種類

廃鉱・採石場跡

宇都野火薬庫 画像

宇都野火薬庫 写真・ブログ・リポート

足尾銅山:宇都野火薬庫跡 - 追憶の彼方へ-廃墟黙示録- - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/32478484.html
2008年1月15日 足尾銅山:宇都野火薬庫跡. 傑作(7) 火薬庫へ通じる道の入口には、ご覧のような 建物が建っているのですが、何に使われていたのかは分かりませんでした。 多くの 廃墟サイトなどでも取り上げられているので、何回も目にしていますが、
REPORT - 129 宇都野火薬庫跡 - 冬季|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10968956222.html
2011年8月26日 栃木県足尾町│宇都野火薬庫跡 - 冬季. 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 098 栃木県 宇都野火薬庫跡(国指定史跡). 平成20年3月に国史跡に指定され た足尾銅山関連遺構「宇都野火薬庫跡」、当ブログでも約1年前に
SCENERY - 138 宇都野火薬庫跡|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10967368704.html
2011年8月4日 この廃墟に興味を持って何年か経過したのだけど、タイミングが悪かったのか夏
REPORT - 020 宇都野火薬庫跡|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10529461029.html
2010年5月8日 栃木県足尾町│宇都野火薬庫跡. 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村
around 足尾銅山 宇都野火薬庫跡
http://microman07.blog89.fc2.com/blog-entry-166.html
2010年4月15日 LIVE写真、ときどき廃墟を切り撮ってます。 色々見て頂けると嬉しいです。 Pochic0を フォローしま . 本山精練所は外から眺めるにとどめ、今回は急細尾発電所跡と宇都野 火薬庫跡に行ってきました。 今日の写真は後者。 大雨でテンションが
愚だくさんブログ: AsioRuinⅣ
http://kamehameha.blog.ocn.ne.jp/kannonji/2008/05/asioruin_d407.html
2008年5月4日 昭和29年に閉山され、その後廃墟の一途を辿った小滝地区には、今や一切の建造物は 無く、当時の活況を物語るのは と思い続けて来た宇都野火薬庫跡は、昨年「国史跡 指定」を受けたので、ひょっとすると完全封鎖で入れないんじゃない
利根川文化研究会_例会報告
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tonebun/h210524.htm
2009年5月24日 廃鉱より数十年経っていますが、奇跡的に足尾銅山の施設は朽ちてはいますが そのまま残っており、荒れた山と鉱山 青木達也氏(宇都宮大学工学部技術部)より「 産業遺産としての足尾銅山宇都野火薬庫の特徴-日本の産業史と地域史の
【廃墟】U火薬庫|廃墟に魅せられて
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10747808865.html
復活一発目の廃墟は廃火薬庫です~火薬庫を探していると…、こんな廃屋が。ここかな?と、奥に進むと入口の柵が。更に奥に進むと…うっひょ~♪トンネルぅ中はこんな感じ。
くろべぇの廃墟:宇都野火薬庫-livedoorBlog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/2585477.html
2008年11月22日探訪。明治~大正にかけて建てられた宇都野火薬庫。火薬やダイナマイト庫、雷管庫、火薬の梱包作業所で構成され、当時の銃砲火薬類取締法に定められた仕様を忠実に反映した建物である。昭和29年に役目を終え、現在は、煉瓦造り1棟、御影石造りの3棟が現
宇津乃火薬庫跡(前編) : NeoNATS
http://neonats.blog.fc2.com/blog-entry-219.html
栃木県足尾町【探索日】2003年12月案内人:「異界への招待状」やっくん様足尾銅山の掘削に必要なダイナマイトを貯蔵した建物。火薬庫が造られたのは明治42年頃。当時使われたダイナマイトの大きさは、直径32mm、長さ200mm、重さ250g。多い時では年間130t
愚だくさんブログ: 国指定史跡・宇津乃火薬庫跡見学会
http://kamehameha.blog.ocn.ne.jp/kannonji/2009/10/post_04aa.html
17日土曜日は足尾銅山の世界遺産登録を推進する会の勉強会だった。そして午前中は、何と宇津乃火薬庫の現地見学会まで催された。宇津乃火薬庫に関しては出来うる限り研究紀要などを読んで宇津乃火薬庫跡再考にまとめ上げ、見学会での説明と照らし合わせても間違えはない様子・・
Nikon ScanでRAW保存(NEF形式): Yamaro.net@blog
http://yamaro.asablo.jp/blog/2009/01/17/4062903
宇都野火薬庫跡から。いつもデジタルばかりもなんなので、フィルムで撮ったのも上げてみました。しかもレンズはDX用!TokinaAT-X124PRODXをフィルムカメラでも試してみたかったんです。すると18mm~からは、ファインダ上ではケラレがなく使えました。ただ
宇都野火薬庫 : 放浪バスタード
http://blog.livedoor.jp/summertime_blues-happyjack/archives/47124378.html
足尾銅山の後は他の廃墟もめぐってやる!と、鼻息荒く車を走らせたわけだ。そんで落葉あふれる山の中に来た。入り口。何が?って感じだよな笑。自分でもなんでこんなもの撮ったんだろ。どじゃーん!ここは足尾銅山で使ってたダイナマイトの保管してたとこ落葉もあって雰囲気いいね
柵の向こう側 宇津野火薬庫跡
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-220.html
巨大鉱山である、足尾銅山の宇津野火薬庫跡を見に来た。火薬庫区へ至る途中にあった、建物跡。何かしらの、鉱山施設跡と思われるが…建物を脇から見たら、大変な事になっていた!積上げられた、土管継手。廃車。「CARINASurf」こちらには、エルボーの継手が、大量に有っ