足尾銅山(あしおどうざん)は栃木県上都賀郡足尾町(現在の日光市足尾地区)にあった銅山。 江戸時代....

足尾銅山

足尾銅山 概要・歴史

足尾銅山(あしおどうざん)は栃木県上都賀郡足尾町(現在の日光市足尾地区)にあった銅山。 江戸時代....

足尾銅山 画像

通洞駅近くの施設現役施設
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
通洞駅近く
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
本山製錬所
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
KOJI MISUMI [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]

近くのスポット

足尾銅山 ストリートビュー・空中写真

足尾銅山 関連ブログ・参考リンク

http://home.f01.itscom.net/spiral/ashio/ashio01.html
呼称・足尾銅山・本山精錬所 硫酸工場 沈殿湖 場所・栃木県. 自分が廃墟のHPを見る ようになって、強く印象に残った物の一つがこの足尾銅山だった。 最近では修学旅行 なども立ち寄るそうだが、自分の中では教科書の中の話だった。 足尾銅山てまだ残って
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/mine/asio/asio1.html
廃墟写真を撮っている記憶屋廃墟のドイテフが栃木県の足尾銅山にやってきました。
http://tokutomimasaki.com/2007/10/_3_2.html
2007年10月12日 わたらせ渓谷鉄道の通洞駅の側には廃墟がたくさんあります。 道路沿いに巨大廃墟が 普通に存在しているので、変な感覚がしたりしました。 まず目に入った廃墟がこちら。 20071007-19.JPG. どうやら足尾銅山の入り口となっている部分に
http://www.occult-web.com/walk/kanto/tochigi/tochigi12.html
2004年3月21日 江戸幕府開府から7年。1610年(慶長15年)農民が黒岩山で銅山発見。幕府の直山 となり銅山奉行を置く。閉山は昭和48年。360年余に渡って、我が日本国産業(鉱業) の柱として君臨して来た足尾銅山。光と影が存在し、今でも傷跡が癒
http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-179.html
2011年8月20日 繁栄と衰退の間に大きな落差がある廃墟は足尾を除いて他になく、それ故にかつての 繁栄から衰退までのプロセスに想像を掻き立てられる。王道的な廃墟の楽しみ方が 出来る町といえばやっぱり足尾! 本山精錬所風化し続ける廃橋
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/tochigi/mine/ashio/honzan1.htm
HonzanCupper Mine足尾 銅山の数奇な歴史選鉱・砕石工程製錬工程銅の電解精錬足尾の陰終焉1994年頃の足尾本山Back
http://yutabi-nikki.at.webry.info/200811/article_1.html
2008年11月23日 旅好きの日記の廃坑探索に関する詳細記事。(Powered 足尾銅山の坑道総延長は 1200km以上です。(東京⇒ 通洞坑。ここから入りました。足尾3坑道の一つ。 画像. 銅山観光をあとにして少し散策。 足尾駅。なかなか良い雰囲気。 画像
http://ashio.org/ashiospot/douzankanko.html
足尾銅山観光は昭和55(1980)年に廃坑を利用した観光施設として生まれかわりました 。通洞坑は明治18(1885)年に開坑され、有木(本山)坑、小滝坑を結ぶ足尾銅山三大主 坑口の中心となるものです。足尾銅山の坑道の総延長は1234kmで東京・博多間に
http://homepage3.nifty.com/susu/hos1/ashio-kaiko/muratajikon.htm
当時、足尾の小学校は、本山、神子内、足尾、原、小滝の各小学校と横根山分校。赤沢 地区に住んでいた私は足尾小です。 学校の最大イベントは、運動会と修学旅行。6年生 の時は、水戸の大洗海岸への1泊旅行。 お米が配給制度のため、各自5合の持参。
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2012/11/post-8a1c.html
2012年11月1日 わたらせ渓谷の上流にあり、私の世代では鉱毒による公害報道が印象に残っています。 1973年に廃坑となったあと、 足尾銅山の坑道総延長は1234Kmもあります。10m 進むと行き止まりになってしまう丹沢大日鉱山跡とは大きな違いが
http://www42.tok2.com/home/kawasakimania/ruins010_05.html
日光例弊使街道を北上し、ファミテック前を素通り。 まぁあそこはもう行く事は無いので ね。見るものも無い よって廃墟らしい廃墟にははいらない、いたって健康的なそして ヤロー2人組のサミシイ探検となる。 観光施設巡りと言う事で、突起するような事、事件 はツ黴
http://www5f.biglobe.ne.jp/~akiesumi/ashio.htm
この経緯をかじか荘のフロント(マネジャーだろう)に話したら、あちこちと電話連絡をしてくれ、理由はともかく、結果的にかじか荘の広間(22~23畳)に無料で泊めてくれることになった。フロントの対応は今時珍しく極めて親切で、足尾の町興しに水をさしたくなかっツ黴
http://zuckerzeit.blog17.fc2.com/blog-entry-362.html
2011年の一文字、【麺】。 2012年も、【麺】。 2010,06,05-06 スガッチウェディングツー · 自家塗装グリーン/スーパーカブ(藤沢市) · --.--.-- -- --:-- 本山製錬所を探索した後、少し戻って気になっていた廃墟スポットに行ってみることに。 移動中も廃墟がたくさん。 2010,06,13 25 このへん、中に入ってみたいなぁ。 2010,06,13 26 おそらく当時の施設。 完全に朽ちているけど、今は企業に管理されてるみたい。 有効利用してるのかな? 2010,06,13 27 向かいのビル。 ガラスも割れ放題。 2010,06,13 28
http://blogs.yahoo.co.jp/itsint2006/54354735.html
廃墟の中に咲く可憐な花たち」なんていうイメージで想像していましたら、 意外に花が少ないです。道端にもあんまり 植林によって視界に入る限りの山の緑 先日、ポストの台になっている枕木にハチ(種類はわからないけど大きかった)が、
http://blogs.yahoo.co.jp/yamasakiiii/25402493.html
ぐんま昆虫の森でフォトコンを観賞した後、ふと思い付いたのが足尾銅山の事であった、と言うのも18日(土)に NHKで「足尾から来た女」前編 が放映され、録画してあった事が頭に浮かび、その足尾がぐんま昆虫の森から近い事に気付いたので、妻と早速. 廃鉱でも使い道があれば良いですが、大方は負の遺産になりますね。 [ 浅間の煙 ]. 2014/1/23(木) 午後 3:27. 顔アイコン. 足尾に出かけたのですね!私の好きな地域です。あの煙突の絵まで覚えていてくださり恐縮です。かじか荘も今頃は冬ごもりで 
http://tetsu-zei.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_1c0e.html
こんにちは、みなさん。 実は私、散策会なるものに加入しております。このクラブ、山歩き(山登りではありません、念のため)を主な目的とするクラブです。 今回の目的は「足尾銅山の廃坑めぐり」です。 Photo_2 さて、早朝東武線に乗って出発。
http://blogs.yahoo.co.jp/kakusan_no1/11356171.html
この「足尾銅山公害」に立ち向かったのが 田中正造 です. 国会で足尾銅山公害を問題提起し、奮闘した人です. 結果として、足尾銅山を廃坑にすることはできず、. 田中正造の意思に反して、国が渡良瀬遊水地を作り強引に問題を解決して.
http://www.geocities.jp/tetsu_ori/haisen/ashio.html
間藤駅から本山方面をのぞむ, 2.はっきり残る路盤跡 8.旧精錬所に進入する廃線跡 もともと足尾銅山の生産物を運搬するために建設された足尾線は,間藤までは旅客も扱い,末端の間藤-足尾本山間は貨物専用線として営業していた。 途中,明治時代の水力発電所の跡なんていうものもある。 特に南橋や深沢といった集落では,廃墟となった炭住群が圧倒的な迫力をもってこの地の壮大な歴史を雄弁に語ってくれる。
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-11508894759.html
そうです足尾銅山です。足尾銅山は大好きなんだわ。3回ぐらいは行ってるだろうか。芳醇な廃墟がいくつも残っているだけでなく、あのかつて栄えていた頃が垣間見られる町の風景が、なんとも心をくすぐられる。そんな足尾銅山にはもっとも有名な本山選鉱所(解体されてしまったが)
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.asio.htm
足尾銅山小学校のとき社会で勉強した、田中正造、足尾鉱毒事件。あれから10年経って、まさか廃墟目的でここを訪れることになろうとは。足尾銅山は江戸前期から既に採掘が行われていたが、1877(明治10)年、古河市兵衛(古河機械金属創業者)が開発を担ってから急速に発展
足尾銅山 関連ワード
  • 30年
  • NHK
  • あたり
  • お金
  • わたらせ
  • サチ
  • ダム
  • ドラマ
  • ホテル
  • 三國さん
  • 主人公
  • 事件
  • 人々
  • 公害
  • 公害事件
  • 写真
  • 前編
  • 副社長
  • 創業100年
  • 務めている
  • 原敬
  • 原野
  • 問題
  • 坑夫たち
  • 報告
  • 大煙突
  • 姿
  • 子銅山
  • 尾野真千子
  • 展示場
  • 岡登用水
  • 岩宿遺跡
  • 弱っている
  • 撮影
  • 放送
  • 政府
  • 故郷
  • 新田サチ
  • 日本
  • 日本三
  • 旧変電所
  • 明治
  • 映画
  • 最後
  • 本山製
  • 来た
  • 東京
  • 柄本明
  • 栃木県
  • 歴史
  • 殺す
  • 汚染
  • 深見東州
  • 渡良瀬川
  • 猛毒
  • 用水
  • 田中
  • 田中正造
  • 石川三四郎
  • 社会主義者
  • 社宅跡
  • 福島
  • 福田家
  • 福田英子
  • 笠懸野
  • 紹介
  • 終わり
  • 続き
  • 考える
  • 英子
  • 行き
  • 言葉
  • 講演
  • 谷中村
  • 足尾
  • 足尾鉱毒事件
  • 足尾銅山公害
  • 足尾銅山鉱毒事件
  • 足尾駅
  • 農家
  • 通洞駅
  • 野蛮
  • 鉱山集落跡
  • 鉱毒
  • 鉱毒事件
  • 銅イオン
  • 銅山
  • 間藤駅