通洞動力所は、栃木県日光市にある足尾銅山産業遺構の一つ。レンガ造りの遺構が残っている。 削岩機の....

通洞動力所

通洞動力所 概要・歴史

通洞動力所は、栃木県日光市にある足尾銅山産業遺構の一つ。レンガ造りの遺構が残っている。 削岩機の....

通洞動力所 画像

通洞動力所
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
大きく倒壊している
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

通洞動力所 ストリートビュー・空中写真

通洞動力所 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/33863509.html
このレンガの色合いもまたたまりませんね~♪ すぐ隣には 新梨子油力発電所跡 もあります。 こちらも今回は中に入ってきましたので この通洞動力所を取り上げている廃墟サイトではよく見かけるシールなのですが、 これは一体何のシール
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/32992828.html
まるで廃墟のような佇まいで、この存在感! 足尾の主要道路沿いに建っていて、尚且つ隣には以前ご紹介した 新梨子油力発電所跡 や 通洞動力所跡 も あるので、かなり人目を惹きます。 ※廃墟の書庫に入れましたが、今でも現役のようです^^; 何故
http://ameblo.jp/woncul/entry-10804037667.html
足尾銅山の通洞地区には、栃木県道142号沿いの崖下にレンガづくりの建物が残されている。これは「通洞動力」といい、内部にはコンプレッサーが置かれ、圧縮された空気を通洞坑道へと送っていた。圧縮空気は坑道内部の換気だけでなく、削岩機の動力にも使われていたようだ。役割
http://www.nikko-ashio.jp/heritage/saikou/tudoudouryoku.html
また、そのための電気は、間藤発電所(後に細尾発電所)から送られた高圧電力を併設 の変電設備で変圧し、供給されていました。明治45年には、通洞動力所に大型 コンプレッサー「インガーソルランドPE-2」が導入されました。このコンプレッサーは、 当時の
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-80.html
2011年11月30日 まず最初に紹介するのは通洞動力所である。この建物は主に坑道で利用された掘削機 のための圧縮空気をコンプレッサーで作りだしていたようだ。非常に残念なことだが、 写真を見てわかるように、木造の建物の半分が倒壊してしまっている。
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10926163325.html
【廃墟】通洞動力所-随分前に行った廃墟なのですが紹介します~。 …実はレポ書き忘れてました(笑) 道路の上から普通に見えます。 レンガ作りの入口が素敵です。 木造部分は朽ち気味です.
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/6290272.html
2008年9月17日、10月22日、2009年1月2日、10月13日、2011年10月10日探訪。足尾銅山関連施設の通洞動力所。削岩機の動力に使用する圧縮空気を坑内に供給する為の施設である。明治45年に設置されたコンプレッサー『インガーソルランドPE-2』は出
http://sleepingneko.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
通洞動力所倒☆壊!!さく岩機の動力源である圧縮空気を、動力所内のコンプレッサーで作っていたそう。未だにコンプレッサーが中に保管されているというが……せっかくの産業遺産、もっと大切にしたほうがいいのでは……(;´Д`)これは、跡形も無くなってしまうのは時間の問題
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1360631/blog/29439024/
足尾銅山で私が一番好きだった通洞変電所。今はこの様な姿に…。自然倒壊でした。地震のためなのか…それとも単なる老朽化なのか。廃墟の運命とはいえ結構ショックでした。ここからは私がまだコンデジ片手に廃墟を回っていた時の写真です。この当時から屋根はヤバかったんですね。
http://furonavi.blog.jp/archives/51713346.html
現在公開しているのは全長700mの区間で、「江戸時代」「明治・大正時代」「昭和時代」の各展示場に分かれている。人形模型やパネルなどを通じて鉱山の歴史とともに、技術革新の推移を見て知ることができる。 足尾銅山-通洞坑 足尾銅山観光住所/ 昭和29年に廃坑となった。小滝橋は大正15年に架橋された。 小滝火薬庫跡明治40年頃まで使用したと推測されている。 坑夫浴場跡鉱山住宅の共用施設として設けられた。 製錬所・選鉱所跡製錬所は明治30年廃止、選鉱所は大正9年廃止とのこと。
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/8707093.html
くろべぇの廃墟. 廃墟や産業遺産、近代建築の探訪記. < 前の記事. 2015年02月09日 20:34 久々に味わう廃墟美。この空間はちょっと . 韮山反射炉 笹間渡発電所 ・ N発電所 持越鉱山下田南豆製氷所日本BE研究所 新潟 二居変電所 ・ 弥彦無線中継所
http://polka.wp.xdomain.jp/2009/01/ashio-dozan-hendenjo/
足尾銅山古河工業(株)通洞変電所1日本>関東地方>栃木県>日光市>[訪問日]2009年01月16日[更新日]2016年07月25日足尾銅山の廃墟と化した142号沿いの通洞変電所。こんな建物が観光地の街道沿いにあるってかなりすごい。解体しないで欲しいが、いつか改
http://prototype3100.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
2013年08月29日(木)足尾銅山通洞変電所見た目からして廃墟オーラが出ているのですが、現役ばりばりです∑(´□`;)車止まってるし
https://ameblo.jp/sa6969sa/entry-12346838182.html
★「旧通洞動力所」 場所・ 栃木県日光市足尾町通洞 竣工・ 明治後期(1900) 構造・ 煉県境、日光市の足尾銅山にあります 大間々方面へ帰る途中に発見しましたが、これも崩れかけた廃墟のようです 現在も大正時代の大型コ
https://blogs.yahoo.co.jp/miyu7nano2/68538207.html
ちゃ――ヾ(・∀・)ノ―――すわ鐵の駅散策の途中、こんなところもウロウロしてきましたここはね、足尾銅山観光のすぐ近くの旧道沿い・・怪しげな建物が並ぶエリア
https://blogs.yahoo.co.jp/nobu372002/10693984.html
先月末に足尾に立ち寄った際、見るも無残な廃墟を目の当たりにした。車で通りすがりで横目で見たがどうも気になってしまい、もう一度戻って改めて見てみたところ、赤レンガ
通洞動力所 関連ワード
  • 入る
  • 感じ