清華寮

清華寮は、東京都文京区小日向1丁目にある廃屋。昭和初期に、当時統治下だった台湾からの学生を受け入れる為に、台湾総督府によって建設された。「S寮」等として紹介されていることもある。

2007年7月に煙草の不始末から火災が発生、住人二人が死亡、土地建物が閉鎖された。

2013年解体。

解体され現存していません

清華寮 住所

東京都文京区小日向1丁目

清華寮 種類

団地・住宅・別荘

清華寮 写真・ブログ・リポート

精華寮-TheAbandonedDormitory
http://www.tomboy-urbex.com/seika-dormitory-urbex/
日々、成長をする東京23区。この区内では廃墟は早々に取り壊され、新しいビルが建ったりします。そんな中で清華寮はその規模の大きさを保ちながら廃墟として健在しています。外見や内部を見れば過去に火災があった事がわかります。多くの部屋が燃えてしまっていますが、中国人留
REPORT - 084 清華寮|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10836861416.html
2011年3月21日 拓殖大学の文京キャンパスが在る文京区茗荷谷の住宅街に鬱蒼と手付かずの木々が 茂る一角が人目を引く、お寺さんが多いこの住宅街だから新しい住人は神社仏閣関係 とも勘違いしそうだけど現在は有名な廃墟として名高い「清華寮」跡が
文京区のオバケ屋敷
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/9734/bunkyo.html
物件名:清華寮/所在地:文京区小日向1-23-31/建設年:昭和2年/施主:学祖財団 (台湾総督府の財団法人) 構造:鉄筋コンクリート地上3階地下1階/敷地面積:3100 平米/延べ床面積:1750平米日本近代建築総覧No.16232. 廃墟風近代建築へ戻る
情景探索記 Prologue -清寮-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-778.html
2011年2月10日 何が違うかというと、いつも目にしているような時間の流れと共に朽ちていった廃墟の姿 とは何かが違う。 足を踏み入れ しかし廃墟が放火の的になるというのは実は めずらしい話ではなくここも建物が廃墟となったところに放火をされたのか?
情景探索記 痕 -清寮-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-779.html
2011年2月12日 火事廃墟 いやー知らぬが仏ってやつですね 最初から知ってたら私もどうしてたか… ちょっと私の好みと方向性が違い 廃墟がメインですが、被写体にはこだわらず、 感性 を刺激されたものは何でも撮影して紹介している雑食系の内容となっ
情景探索記 共通点 -清寮-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-780.html
2011年2月12日 にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ いろんな廃墟を回っておられるponichi さんだから いつもと違う 廃墟がメインですが、被写体にはこだわらず、 感性を刺激 されたものは何でも撮影して紹介している雑食系の内容となってます。
東京23区某所 清華寮
http://collruins.sakura.ne.jp/seikaryou1.html
東京23区某所 清華寮. 我が家から眼と鼻の距離にある廃墟。 ここにはかつて人が住み 、暮らしていた。 訪問にあたり、ネットや公式の情報を色々と探すのが慣例なのだが、 どうもここの廃墟には不自然な点が多い。 まず第一に二階の208号室より発火という 
あをべにブログ 清華寮 (旧高砂寮)
http://soukublog.blog113.fc2.com/blog-entry-698.html
2012年11月28日 この火災で建物は酷くダメージを受けましたが、その後は所有権の諸問題により解体 などの処理がなされずにそのまま廃墟と化し、異様な姿のまま誰からも触れられずに残 され続けているとのことです。これが、この「清華寮」の実態のようなの 
デジカメブログ 巨大廃墟
http://xmystx.blog45.fc2.com/blog-entry-1502.html
2012年11月25日 SUBJECT: 巨大廃墟. 清華寮 茗荷谷駅の近くの巨大廃墟にまたやって来たよ. 清華寮 西日の当たる時間帯にな 清華寮 だけど来るの遅すぎてすぐに日が落ちちゃったよ. 20:18 廃墟探訪 ボヨヨン / HOME / 宮寺清掃センター 
清華寮FILE4 | 廃異不思議探検隊 - TeaCup
http://navy.ap.teacup.com/husitan/569.html
やはり廃墟マニアに知れ渡る前は、クロウズ達の溜まり場だったのですねー。BB弾も落ちていた気憶があります。 私が話しを聴いたサラリーマン(23位)の方も同じ様なことを言っていました、NAさんの知り合いかもしれませんね。(笑) 寮が生きていた頃の雰囲気 
清華寮FILE6 end | 廃異不思議探検隊 - TeaCup
http://navy.ap.teacup.com/husitan/571.html
続き>> 私が訪問した時、近隣に住むサラリーマンの男性と出会ったので、それとなくこの物件の事を尋ねてみたところ、偶然にも歴史的建造物や廃墟などが好きな方だったので、火災当日大混雑した様子や屋内のこと等、大体の話しが聴けた。 クリックすると元 
清華寮 | 廃異不思議探検隊 - TeaCup
http://navy.ap.teacup.com/husitan/566.html
2013/5/9. 清華寮 廃墟Z そして1927年(昭和2年)、旧台湾総督府関連の財団法人”学租財団”が台湾人留学生用の寮として、文京区茗荷谷小日向にある国有地を借り、当該”清華寮”を建設した。 鉄筋コンクリート三階建て地下一階。 住人約50人が暮してい 
清華寮FILE3 | 廃異不思議探検隊 - TeaCup
http://navy.ap.teacup.com/husitan/568.html
宝島社発売別冊宝島「日本の廃墟」☆当ブログも紹介されました。 comment. 海野さんおつかれ… on 日金山 東光寺 4 終 · 拝見させていただき… リンク集のページへ. ,. RSS. « 清華寮FILE4 | Main | 清華寮FILE2 ». 2013/5/12. 清華寮FILE3 廃墟Z 
清華寮FILE5 | 廃異不思議探検隊 - TeaCup
http://navy.ap.teacup.com/husitan/570.html
そして、奨学会の登記から一年半後の2007年7月19日早朝、住人の煙草の不始末に因り、出火、寮の70%が焼け、中国人の母と娘が死亡、他の住人も負傷した。それ以降住人達は家を失い、建物は廃墟化した。 これもキナ臭いと誰もが 
清華寮FILE2 | 廃異不思議探検隊 - TeaCup
http://navy.ap.teacup.com/husitan/567.html
2013/5/10. 清華寮FILE2 廃墟Z この寮で営業していた人もいた様だ。 さて敷地内の探索は マカオやシンガポールでこんな建物見たことあるな、清華寮に似たモダンな建物が沢山あったなぁ」(私とスギヤマはアジアが好きで、時々旅行に行っているため)
廃墟探訪~S寮~|wesampo
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-11481863612.html
住宅密集地に堂々と佇むこちらの学生寮跡、S寮でございます!!ここは火事に遭って廃墟化してしまった悲しき廃墟。白丸が訪問したのは今からちょうど2年前のことです。そう、スマホを買いに行ったあの日のことです。
廃墟的絶対静寂空間-◆○華寮其の壱
http://dimensionx.myqnapcloud.com/kikou/view.php?jun=1&cat=0&subcat=28&mob=
都内に有る寮の後である。この寮については、京都の光華寮と同じく、中国との裁判などになっており、両者は似た立場であるといえる。前回の合同探索で、ここだけは是非にと教えてもらい、そのあたりをGoogleMapで見たら、いかにも振る見た建物が見えたので、これかと特定
【廃墟探索】東京都S寮(1)|崩壊雑記
http://ameblo.jp/lmn5693/entry-11173587767.html
今回は都内某所に残る学生寮の廃墟をご紹介します。廃墟探索を始めてからまだまだ間もない私ですが、こちらの物件は感動しましたね。憧れの軍艦島に似ている部分もあり、少し興奮気味でシャッターを切っていました。
【廃墟】S寮|廃墟に魅せられて
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10817868244.html
住宅地のど真ん中。火事で廃墟になった物件のようです。なんとも重厚感のある建物です。す、凄い…。威圧感がハンパない。
追悼清華寮|Bsightseeing*|Blog|siku(ジク)|Minkara-TheCar&AutomobileSNS(Blog-Parts-Maintenance-Mileage)
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1360631/blog/29835114/
東京都文京区。ここに色々と問題のある建物が随分と長い間放置されていました。建物の名前は「清華寮」。昭和初期、台湾人留学生を受け入れる為に作られたこの寮。戦争も終わりこの建物の所有者団体自体が消滅。土地自体は国有地である為、すったもんだしていた曰く付きの建物でし