三井三池炭鉱三川坑

三井三池炭鉱(みついみいけたんこう)は、福岡県大牟田市・三池郡高田町(現・みやま市)及び熊本県荒尾市に坑口を持っていた炭鉱である。江戸時代から採掘が行われてきたが、1889年、三井財閥に払下げられた。日本の近代化を支えてきた存在であったが、1997年3月30日に閉山した。

三井三池倶楽部に隣接している。

事務所跡、斜坑への入昇坑口跡、第二斜坑坑口跡、トロッコ線路、倒壊しかけたコンプレッサー室跡などが残る。

毎週土曜日日曜日および祝日に公開されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三井三池炭鉱三川坑 住所

福岡県大牟田市西港町2丁目

三井三池炭鉱三川坑 種類

廃鉱・採石場跡

三井三池炭鉱三川坑 画像

三井三池炭鉱三川坑

三井三池炭鉱三川坑 ストリートビュー・空中写真

三井三池炭鉱三川坑 スポット

三井三池炭鉱三川坑 写真・ブログ・リポート

産業技術遺産探訪~大牟田・三井三池炭鉱跡めぐり(福岡県大牟田市)
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2001/miike/miike.htm
2001年8月9日 三池港は、三池炭鉱で採掘された石炭を大型船で積出すためにつくられた港です。 隣接する三井炭鉱三川坑跡は三池争議や炭塵爆発事故などが起こった現場です。 .. 1894(明治27)年 七浦に火力発電所が完成、坑外に電燈がつく。
情景探索記 三川抗~光と影~ -三井三池炭鉱-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-611.html
過去にアップしてきた宮原坑、万田抗と並ぶ 三池炭鉱の代表的な坑口が今回の三川坑。 mikawa_01_01.jpg. Nikon D200 + Sigma 10-20mm F3.5 EX DC HSM 前記事でも書きましたが、 ある意味、最も多くの人々の記憶に その名が 
情景探索記 三川抗 ~prologue~ -三井三池炭鉱-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-610.html
Ricoh GR Digital III 宮原抗、そして万田抗と 過去再三に渡り、ご紹介してきた三井三池炭鉱。 mikawa_pro_02.jpg. Nikon D200 + Sigma 10-20mm F3.5 EX DC HSM 数ある三池炭鉱の坑口の中で 忘れてはならない坑口が もうひとつ 
三池炭鉱三川坑
http://homepage1.nifty.com/yamada/mikawa.htm
三池炭鉱三川坑三井三池炭鉱三川坑第一斜坑坑口福岡県大牟田市西港町所在三川坑は昭和15(1940)年から石炭の採掘を始めた坑口です。第一斜坑と第二斜坑があります。戦後の日本の復興を支えた傾斜生産期に最も活躍した坑口です。総労働対総資本といわれた三池争議の主舞台と
九州ヘリテージ - 三井三池炭鉱三川坑
http://kyushu-heritage.jp/map/12mikawa/12mikawa.html
福岡県大牟田市には三井三池炭鉱関連の多くの産業遺産が残されています。私はそれらを巡るために何度か大牟田市を訪れているのですが、三川坑跡だけなかなか見つけられずにいました。三川坑は平成9年の三井三池鉱閉山まで操業していたので、あっさり跡形もなくなることはないでし
REPORT - 0314│三井三池炭鉱三川坑|6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10846141446.html
日本の大規模炭鉱企業の一つに三井財閥、三井系の炭鉱は独自の発展を遂げた北海道を覗き、過去全国に散らばっていた。今回はその中でも比較的有名物件として知られる三井三池炭鉱三川坑を取り上げたい、しかもご紹介するのは人気の正面口からの守衛室や事務所ではなく(まあ此方に
三井三池炭鉱三川坑の一般公開( 福岡県 ) - 地理・交通系お気楽ブログ(仮) - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mildwest_95/10151136.html
「♪月が出た出た、月が出た、三池炭鉱の上に出た」の“炭坑節”で知られる福岡県大牟田市。ここ数年、毎年11月3日の文化の日に、市内(&隣の荒尾市)にある炭鉱施設跡など近代化遺産の一般公開が行われています。私は一度、数年前の公開の際に各施設をひとまわりしたことがあ
建築マップ 福岡県[三池炭鉱三川坑]1/5
http://allxa.web.fc2.com/a-map/jp_fukuoka/mikawa/mikawa01.html
福岡県最南端の大牟田市を中心とする地域はかつて三池(みいけ)炭鉱で大いに栄えました。江戸時代には早くも藩の経営による初歩的な採掘が行われていて、明治初期の官営(国営)化で本格的な開発が始まり、1888(明治21)年に三井に払い下げられます。以後、国内屈指の出炭

ピックアップ廃墟