大谷鉱山(京都府) 概要・歴史

大谷鉱山(京都府)は、京都府亀岡市にあった鉱山。タングステンを採掘していた。

1914年(大正3年)に採掘開始。第二次大戦終了まで国内最大規模を誇っていたというが、一時休山して1951年再開。国際暴落などにより1983年(昭和58年)3月閉山となった。粟村鉱業所(株)の経営。

坑口跡、ズリ跡が残る他、住宅地と密接したエリアには鉱山住宅や売店跡が廃屋となって残っている。また鉱長の社宅が綺麗な状態で現存している。

状態
2011年09月15日作成  2019年06月26日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大谷鉱山(京都府) 住所

京都府亀岡市ひえ田野町鹿谷

大谷鉱山(京都府) 種類

廃鉱・採石場跡

大谷鉱山(京都府) 画像・写真

大谷鉱山(京都府)

大谷鉱山(京都府) ストリートビュー・空中写真

大谷鉱山(京都府) スポット

大谷鉱山(京都府) 関連ブログ・参考リンク

京都の鉱山跡?
http://homepage3.nifty.com/hi-red/otani.html
やっと念願が叶ったときには鉱山跡はほとんど消滅し、坑道や軌道がどこにあったの かも分から
大谷鉱山01
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/ootani01.html
大谷鉱山(おおたに こうざん) 京都府亀岡市稗田野町鹿谷 1/1 大谷鉱山は京都府 亀岡市中心部から西方向、湯の花温泉方向へ行ったところにある。近くに「 大谷鉱山 のタングステン(w)採掘が粟村鉱業所により開始されたのは1914年(大正3年)である 。
大阪の穴新編
http://www.uranoahp.com/oosakanoana/oosakanoana.htm
奈良の鍾乳洞、廃坑でのコウモリ観察会に参加したのをきっかけに、大阪のコウモリを 調べようと思い立ちました。 最初は情報も少なく、 廃坑の調査は原則的には地主と 採掘権を持つ人の了解を得るべきでしょうが、北摂の古い鉱山はおそらく江戸時代、さあ 、誰に断ればいいのでしょう。 以下に...
残照記 : 鉱夫ヶ辻 -京都府、大谷鉱山-
http://hanatare-ruins.doorblog.jp/archives/51723605.html
それは突然現れる鉱山廃墟とは思えない、まるでそこいらの廃屋のように建っている大谷鉱山社宅群に到着。大谷鉱山は明治時代に開かれた銅鉱山である。戦後は一時期操業を停止したが昭和26年からタングステン鉱山として再開。昭和58年の閉山までこの農村に鉱山村を構えていたと
大谷鉱山01
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/ootani01.html
大谷鉱山(おおたにこうざん)京都府亀岡市稗田野町鹿谷1/1探訪:2006年11月大谷鉱山は京都府亀岡市中心部から西方向、湯の花温泉方向へ行ったところにある。近くに「京都縦貫自動車道」が通っており「大井IC」下車が一番近い。場合によってはちょっと遠まわりだが「R
大谷鉱山
http://hasiru.net/~maekawa/mine/otani/otani1.html
大谷鉱山その1京都府亀岡市ひえ田野町鹿谷(2005年1月8日撮影)京都市から亀岡市内に入って約20分、国道9号線沿いにある道の駅「ガレリアかめおか《前の信号交差点を過ぎて最初の信号交差点を左折すると間もなく京都縦貫道に突き当たる。これをくぐってすぐを右折し、そ
丹波マンガン記念館(新大谷鉱山) @京都最強の秘境に挑戦【京都秘境ハンター】 - お墨付き!
http://osumituki.com/hack/kyotokanko/unexplored-region/84389.html
今回は京都最強・京都唯一の秘境に行ってきました。場所は京北の弓削(ゆげ)の山中です。そこに「新大谷鉱山」という京都府で唯一の「見学できる坑道」が存在しているのです。施設名は「丹波マンガン記念館」と言い、知っている人は知っている。知らない人はまったく知らないとい

ピックアップ廃墟