谷山集落は、岐阜県揖斐郡揖斐川町の冬季無人集落。 12世紀頃から人が済、木工品などが盛んだったとい...

谷山集落

谷山集落 概要・歴史

谷山集落は、岐阜県揖斐郡揖斐川町の冬季無人集落。 12世紀頃から人が済、木工品などが盛んだったとい...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

谷山集落 ストリートビュー・空中写真

谷山集落 関連ブログ・参考リンク

http://www.02.246.ne.jp/~susumu/toukai/2/hisaka.htm
鍋倉山から下山すると谷山集落に出ます。 この集落は12世紀から続いてきた古い集落 ですが昭和41年に全戸が離村し廃村となりました。 いまでは、暖かい時期に老人たちが 帰ってきて畑作などをしています。 六合は春日村の中心地です。春日村は国歌・
http://noboru.private.coocan.jp/001-midasi.htm
・2010-04-07 舟伏山(12) 岐阜県山県市 1040m 美山あいの森から、東ルート→ 山頂→西ルート. ・2010-02-21 . ・2006-12-11 小島山 岐阜県春日村 864m 滝集落から .. 2003-09-11 鍋倉山 岐阜県春日村 1050m 谷山廃村跡 から
http://www.za.ztv.ne.jp/taki1377/nabekura-mtb.htm
岐阜は山奥の林道でも突然舗装されていて驚くことが多いなぁ。今日は平日でもあり、 車一台(もちろん自転車も)通らない静かな林道を頑張ります。 出発から30分ほどで 昭和41年に廃村となった谷山の集落跡に着きました。ここは「イイクニ作ろう鎌倉幕府」
http://azusamaya.web.fc2.com/hodou/03nabekura.html
東海自然歩道 岐阜の道. 六合→谷山廃村→鍋倉山→日坂越え→和佐谷→日坂 まったく予期していなかったのだが、鍋倉山はまだ 何度も道に迷ってしまった。時間も かかった。日坂の集落ではテントを張るところがなくて、バス停の待合の中にテントを 張った。
http://blogs.yahoo.co.jp/serikeiko/51338826.html
村から鍋倉山登山. 鍋倉山→谷山----1H10----- 鍋倉山から下っていくと谷山の廃村. 谷山→六合------1H10----- 細い農道をとぼとぼ歩いていくと春日村へ. イメージ 5. 昨日と逆に、津汲から日坂村の方へ登っていく。ずっと広い車道の歩き。 (車の人は、なんでこの道をトボトボ歩いているのだ 東海自然歩道 【岐阜編】」書庫の記事一覧. 東海自然歩道/不破ノ関←牧田(松尾山に登る) 鄙びた集落で旅館業ってやっていけるものなんでしょうか、、、。 他人事ながら心配になります。 山歩きの時に廃 
http://jbl2405.cocolog-nifty.com/masahi/2012/06/post-7d56.html
陰気な林道・・・ 絶対にヒルがいるに決まってる. 24_6_10_4. 登山道の雰囲気が出てきた・・・ これで東海自然歩道か・・・(-_-? 24_6_10_5. 谷山の廃村集落跡・・・ 霊山山の山小屋「金谷」のある集落を思い出すあそこは山ヒルがいた・・・
http://cosmoblue1.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
ゲートの横をすり抜け暫く進むと驚くような立派な舗装道路となり、谷山廃村跡に到着する。道路脇に「谷山集落の歴史」と刻まれた立派な石碑があり、その横には公民館と思しき平屋の建物がある。その周囲には数軒の廃屋が点在している。
http://www.kiyoshi-no-hakoniwa.jp/trail/tokai/1st/13nabekura/record1.html
岐阜 県の名水の解説板が立っている 見上げると岩壁。その下、車道が通っている 谷山廃村集落 は道も家もキレイ それでも葉は伸び花は咲く その先、谷山廃村。 ――廃村、という言葉からは色々なイメージが湧き立つ。その地を
http://blog.goo.ne.jp/g-g-shimizu/e/427c956fc3acfac2cc9070f318d85847
一時間程で、谷山廃村に差掛かる。普通、廃村と言うと哀愁が漂っているが、この廃村の雰囲気はとても明るい。数軒ある家屋は無人であるが廃屋ではなく手入れがされているようである。 路傍に「谷山集落の歴史」を刻んだ立派な
http://blog.livedoor.jp/meteor63/archives/51287701.html
2003年5月、春日村(当時:現在は揖斐川町)の山奥にある谷山廃村を訪ねました。揖斐川町から県道53号線を西へ走り、高橋谷の林道を右折します。コンクリート舗装の狭小な道(本当にすれ違う場所がありません)を5kmほど
http://blog.livedoor.jp/meteor63/archives/51467617.html
ちょっと以前のことになりますが、岐阜県揖斐川町春日の谷山集落を久しぶりに訪れましたので、現在のようすをご紹介しようと思います。谷山集落は、廃村マニアの間では有名な場所です。このブログに2011年9月3日付けで
https://blogs.yahoo.co.jp/seroww250353/14873110.html
廃村谷山 です 戻りは上ヶ流の茶畑へ 「岐阜のマチュピチュ」天空の茶畑です うっすら雪化粧はいいもんでした! あの道まで下って、目的の池田山へ行きましょう
https://blogs.yahoo.co.jp/rinnkurimu/13661965.html
久しぶりに天気もよくてなにもない日曜日!自分の中の予定では今年中に天橋立に行きたかったので行こうと思っていたのですがあろうことが土曜日の朝からGN125のエンジ
https://serow353.naturum.ne.jp/e2599191.html
途中の林道も満喫し、無事に谷山に到着しました。つづき↓ルートはこれ県道32号から高橋谷川沿いに北上し、谷山からの帰りは上ヶ流集落を経由して再度32号へ戻りました。入口はこちら川沿いの林道は半分以上舗装はされていますが、狭いしガードレールがなくてちょっとコワイ日
谷山集落 関連ワード
  • すけ
  • 六合
  • 展望
  • 戻る
  • 車道
  • 道標