国道253旧道 雪中隧道 概要・歴史

国道253旧道雪中隧道は新潟県十日町市犬伏にある隧道である。

現在のトンネルは蛇行する渋海川をショートカットするように造られているが、かつての国道253号は川筋に沿う形だった。雪中隧道は冬季の通行安全のため、昭和32年に工事開始された。

その後道路改良により自動車の冬期交通が可能となり、雪中隧道は放棄された。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

国道253旧道 雪中隧道 住所

新潟県十日町市犬伏

国道253旧道 雪中隧道 種類

廃道

国道253旧道 雪中隧道 関連ブログ・参考リンク

雪中隧道
雪中隧道▲ 404?
http://www17.ocn.ne.jp/~medicplz/homepage01/road/settyuu.html
この隧道は昭和38年に完成した歩行者用の隧道で、現道の国道253号線沿いから少し入った場所にぽっかりと口を開けています。夏場は猛烈な茂みとなり、冬場は雪に覆い尽くされてしまうので、1年を通して見つけづらい隧道となっています。因みに、この隧道は国道253の旧道に当たる部分に面しているため...

ピックアップ廃墟