羽幌炭礦鉄道・名羽線 概要・歴史

羽幌炭礦鉄道(はぼろたんこうてつどう)は、かつて北海道苫前郡羽幌町に鉄道路線を有した民営鉄道。札幌証券取引所に上場していた。

1941(昭和16)年に築別 - 築別炭礦間16.6kmで営業開始。

羽幌炭鉱から産出される石炭を搬出するために建設された鉄道だった。

戦後は上羽幌坑と羽幌坑(三毛別)の開坑により出炭量が増加し、沿線人口も増えた。1958(昭和33)年から気動車の運行を開始して貨客分離に努め、国鉄定期列車に併結して羽幌駅まで乗り入れを行った。

また羽幌 - 朱鞠内間については、名羽線(めいうせん)として1962(昭和37)年に着工された。

羽幌炭礦鉄道は1970(昭和45)年の炭砿の閉山とともに廃止された。

名羽線は1981(昭和56)年10月に工事中断、未成線となった。

状態
2019年08月02日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

羽幌炭礦鉄道・名羽線 住所

北海道苫前郡羽幌町築別炭砿

羽幌炭礦鉄道・名羽線 種類

廃線・鉄道駅

羽幌炭礦鉄道・名羽線 画像・写真

羽幌炭礦鉄道・名羽線
築別川に残る羽幌炭礦鉄道の第3築別川橋梁

羽幌炭礦鉄道・名羽線 ストリートビュー・空中写真

羽幌炭礦鉄道・名羽線 スポット

羽幌炭礦鉄道・名羽線 ブログ・リポート

未成線-名羽線(羽幌側)
http://www.ab.auone-net.jp/~haikyo/haisen/meiu/meiu.html
第8二股ずい道(左:朱鞠内方、右:曙方坑口から出てくるやまうち氏のパジェロミニ) IMG_2331.jpg IMG_2333.jpg ▲第7二股ずい道(左:朱鞠内方、右:曙方) IMG_2335 .jpg IMG_2339.jpg ▲左:第2二股川橋りょう 右:二股林道架道橋(廃道を渡ってい
魅惑の鉄道写真 2
http://homepage3.nifty.com/nihon100kei/tetudou2.htm
これは羽幌から建設された炭鉱鉄道の羽幌炭礦鉄道とつなげるもので、『名羽線』構 想 の一環である。 この『名羽線』は、 . 移管先である『秋田内陸縦貫鉄道』を運営する 地元自治体が、いつ廃線を決断してもおかしくない・・との状況 である。 観光資源として は、
名羽線・羽幌炭坑鉄道廃線跡調査3
http://www.tetsuroni.jp/haisen/meiu/meiu3.html
2007年10月6日 炭坑住宅。廃坑となる僅か数年前に建てられたらしい。 築別駅入り口に立つ病院跡。 炭坑住宅の窓から築別駅を見る。山の手前の広場が駅跡。 築別駅跡。一面の原っぱに なっている。
[61℃] 国鉄名羽線/あとがき
http://homepage2.nifty.com/61degc/rail/hokkai/meiu/notes.html
廃線跡の光景は一期一会です。 ネガのスキャンから 版を進めるに従って、いかに 自分
名羽線(羽幌側)
http://165.kumoha.com/mikaigyo/news/meiu-e1.htm
サークルの夏旅行があろうことか2年連続で北海道であったため、行っていなかった 未成線の調査も行ってみる事にした。行ったのは名羽線の羽幌側。昨年作の幻の鉄道 建設公団AB線3道北の未成線で取材したが、時間不足のため取材できなかった場所で
築別炭鉱線(羽幌炭礦鉄道)(2)
http://tkohara.la.coocan.jp/souya5.html
5. 築別炭鉱線(羽幌炭礦鉄道)(2) ―. (羽幌町) 日程的に羽幌町築別炭鉱で時間を 使うことを許されたのは8/10(火)のみ。その段階で三橋 築別炭鉱に住む子供たちが 通っていた太陽小学校(廃校)では、毎年の遠足で曙小学校まで出かけたのだそうです。
【幌鐵局】北海道廃線/名羽線
http://homepage2.nifty.com/badger/hkddis/naba.htm
名羽線」と聞いても、はて?と考える人の方が多いのではないでしょうか。以前はごく限 られた鉄道ファンにしか知られていませんでしたが、深名線廃止フィーバーの中で紹介 されたこともあり少しは知名度が上がったと思います。 名前の通り、名寄-羽幌間を結
第三橋梁 - 北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
http://ouendaichi2009.web.fc2.com/douhokuhtml/daisan.html
途中の曙集落からさらに築別川上流へ向けて走ると築別炭鉱、また三毛別川に沿って 暫定開業していた名羽線を借用し羽幌炭鉱に至っていた。 また、上羽幌鉱 羽幌炭鉱 鉄道廃止。 ここは、 国鉄名羽線(曙~三毛別間3.9km)完成し、羽幌炭礦鉄道動力 車による非営業線運送開始。羽幌本坑に 19...
名羽線とは - nifty
http://homepage2.nifty.com/61degc/rail/hokkai/meiu/outline.html
名羽線とは. 概要・略史・建設状況. 国鉄名羽線の概要. 名羽線という名称. 名羽線の 計画は、1922(大正11)年の改正鉄道敷設法に、雨竜川を越えて名寄と羽幌を結ぶ鉄道 「名雨線」と記されたことから始まります。 名雨線という線区名は、名寄から初茶志内(
羽幌炭鉱鉄道 築別~築別炭鉱 - Something About Railways - FC2
http://kihadekakueki.web.fc2.com/haborotankoutetudou.html
月に鉄道は完成した。その後、他の産炭地と同じようにエネルギー革命による石炭産業の衰退で、昭和45年12月15日炭鉱閉山と同時に廃止となった。 て進めなくなる。廃線跡は何度も築別川を渡るが、見所の一つの橋梁群の最初,、第一築別川橋梁辺りから廃線跡は道々に近づき追うことが出来る。 ...
[61℃] 羽幌炭砿鉄道 - nifty
http://homepage2.nifty.com/61degc/rail/hokkai/meiu/haboro.html
名羽線とは切っても切り離せない、密着した歴史を持つ羽幌炭砿鉄道についても触れておきましょう。 築別砿の近くには当時の小学校(*)を改築した町営宿泊施設「緑の村」があり、炭鉱と鉄道の資料が展示されていましたが、2000( アパートの廃墟群.
羽幌町築別にて炭鉱鉄道の遺構を見る! - Bojan International Weblog
http://blogs.yahoo.co.jp/bojan_international/43857061.html
閑静な住宅街(TM) の中に大倉山シャンツェを見た! [photo]. 2010/9/17( こういう最果ての、廃墟じみたSFじみた、無人の風景、なんか好きです。 2010/9/2(木) 8/3 第42回北海道中学校ソフトボール大会(富良野の頑張り). 8/3 第42回 
フクダジマ探検記 羽幌炭礦鉄道
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-142.html
2013年9月3日 今となっては国鉄羽幌線も廃線と化してしまっており、 ただただ広い空き地 まで伸びている。 曙-三毛別駅間では国鉄名羽線の未成線を羽幌炭礦鉄道が借りて運行する「国鉄非営業線運送」という珍しい形態での石炭輸送が行われていた。

ピックアップ廃墟