羅生峠(国道45号線旧道) 概要・歴史

羅生峠(国道45号線旧道)

羅生峠は、岩手県大船渡市の国道45号線旧道にある峠。現在の羅生トンネルが通過しているエリアにある。

比較的良く整備されている。

状態
2011年09月15日 作成
2019年09月04日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

羅生峠(国道45号線旧道) 住所

岩手県大船渡市三陸町越喜来浪板

羅生峠(国道45号線旧道) 種類

廃道

羅生峠(国道45号線旧道) ストリートビュー・空中写真

羅生峠(国道45号線旧道) 関連ブログ・参考リンク

道路レポート 国道45号 羅生峠旧道 後編
http://yamaiga.com/road/r45_rasho/main2.html
2006年9月7日 本来の旧国道である左の道は、切り通しとも申し訳程度に繋がっている感じで、一面の 枯葉に覆われ、廃道の気配さえある。 三陸国道事務所で . ボンネットトラックは不整地 に強く、速度は出せないが、原木運材や鉱山などで利用されることが多いという。 昭和42年の全国隧道リス...
道路レポート 国道45号 羅生峠旧道
http://yamaiga.com/road/r45_rasho/main.html
よく岩手県は峠の国などといわれる。 地形図に峠と記されているものいないものを含め、県内には二千を越える峠があるとも言わるほどに、古来多くの峠が拓かれてきた。 それは、岩手県が全国有数の山がちな県域を持つことと当然無関係

ピックアップ廃墟