バックナービル(Buckner Building)

映画館やボーリング場まであったアラスカ最大のアパート

バックナービルBuckner Building)は、アメリカ合衆国アラスカ州ウィッター(Whittier)にある軍関係の巨大施設。1953年に完成した部屋数1000以上のアラスカ最大のビルで、建物内に病院やボーリング場、映画館、ジム、プールや商店までがあった。

1964年9月3月27日のアラスカ地震で大きな被害を受け、放棄された。

アスベスト被害の可能性、町の出入り口がトンネル一つしかないため瓦礫の運搬が困難、などの理由により、解体が見送られている。

建物の強度に問題がある上、春先には熊がいる場合もあるにも関わらず、地元の子供や廃墟ファンによる探索が後を立たない。

ストリートビューからでもはっきりと確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

バックナービル(Buckner Building) 国

アメリカ合衆国アラスカ州

バックナービル(Buckner Building) 種類

団地・住宅・別荘

バックナービル(Buckner Building) 画像

バックナービル(Buckner Building)

バックナービル(Buckner Building) ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟