朝熊山ケーブルカー 概要・歴史

東洋一の急勾配

朝熊山ケーブルカーは、三重県伊勢市・鳥羽市の朝熊山にあった朝熊登山鉄道のケーブルカー。

1925(大正14)年に開通。1078mで高低差415mを登り、東洋一の急勾配とされた。

第二次世界大戦中の1944(昭和19)年、線路を軍需物資として徴収されたため休止となる。

第二次世界大戦後に再開されることなく1962(昭和37)年に正式に廃線となった。

路盤跡のほか、平岩駅(山麓駅)プラットホーム跡、隧道跡、朝熊岳駅(山頂駅)などの遺構が残る。朝熊岳駅跡は2006(平成18)年に鉄条網で囲われ近寄れなくなった。

朝熊岳駅付近の朝熊峠には江戸時代に開業したという「とうふ屋(東風屋)」という宿があり、一時は朝熊山山頂付近唯一の旅館として賑わった。ケーブルカー休止後も茶店として臨時営業していたが、1964(昭和39)年に火災で焼失した。焼け跡の遺構が残る。

状態
2019年06月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

朝熊山ケーブルカー 住所

三重県伊勢市朝熊町

朝熊山ケーブルカー 種類

廃線・鉄道駅

朝熊山ケーブルカー 画像・写真

朝熊山ケーブルカー
朝熊山ケーブルカー駅跡

朝熊山ケーブルカー ストリートビュー・空中写真

朝熊山ケーブルカー スポット

朝熊山ケーブルカー ブログ・リポート

廃線(ケーブルカー) - 日々の足跡 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ymk351974/4464378.html
2009年10月12日 そこで、今夜は、伊勢の朝熊(あさま)山にあったケーブルカーの廃線を紹介します。 今年6月に行った京都の「愛宕鋼索鉄道」跡に似ている雰囲気ですが、それもそのはず 、開業時期が愛宕は昭和4年でしたから、ここを参考にし 愛宕山の参詣登山道入り口 の一の鳥居すぐ傍にあ...
朝熊山の廃線ケーブルカー廃線歩き (1)
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn015/asamacab/asamaca1.html
朝熊山登山鉄道は戦時中に金属供出のために廃線になったケーブルカーだ。昨年は上 の駅だけ見てきた(レポ)。 今回(2007年3月20日)の目的は登山道(朝熊岳道)を歩い て、ケーブルカー跡との交叉地点に行き、路線を見下ろすこと(できれば路線内を歩く
朝熊山の廃線ケーブルカー廃線歩き (4)
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn015/asamacab/asamaca4.html
朝熊山の廃線ケーブルカー廃線歩き (4) ケーブルカー廃線跡を戻りたくないので 突
朝熊山の廃線ケーブルカー廃線歩き (5)
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn015/asamacab/asamaca5.html
朝熊山の廃線ケーブルカー廃線歩き (5) 痛い痛いと言いながら、好奇心に勝てず
伊勢電気鉄道(神都線)+朝熊登山鉄道
http://homepage3.nifty.com/NFC/ise-shintosen.htm
路線概要(廃線直前の1961年1月当時). 全路線長:14.0km 内宮 .. 朝熊登山鉄道を 合併、朝熊線として同社路線となる。 昭和5年 . この間楠部から平岩までは電車で約 13分、平岩から朝熊岳まではケーブルカーに変わり約9分で結んでいた。 このケーブル
朝熊山
http://mienotaki.raindrop.jp/maruta/sub1.htm
参考コースタイム 近鉄朝熊駅(12分800m)であいの広場・登山口(50分1.8km) ケーブルカー跡(20分600m)22町道標・朝熊峠(20 今は廃線になってるが、バスが 通ってた。40年も前のことです。30分ほど歩くと「おばば石」と呼ばれる岩があります。
朝熊登山鉄道2 第2トンネル: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
http://netishim.seesaa.net/article/222344341.html
2011年8月25日 朝熊登山鉄道2 第2トンネル. 次のトンネルが見えています。 01.JPG 架線の支柱が 折れているのでしょうか。 02.JPG トンネルは第1。 03.JPG ではどんどん登ります。 04. JPG 05.JPG 06.JPG 鬱蒼。これは来た季節は正解です。 間違ったら
朝熊(あさま)山に行って参りました - 「連れ」と「連れの連れ」のハイキング
http://blogs.yahoo.co.jp/yami_aru/5388625.html
2010年4月17日 今日のお出かけポイント. 1.「朝熊山頂」からの景色は素晴らしいらしいので堪能しよう ! 2.伊勢神宮の鬼門を守る静謐な「金剛證寺」を散策する。 2.かつての「朝熊 ケーブルカー跡」(廃線)を歩いてみる。
朝熊山ケーブルカー跡の探索 TaGu ブログ/ウェブリブログ
http://rc-tagu.at.webry.info/201306/article_17.html
2013年6月24日 朝熊山ケーブルカーのふもと駅跡。 写真中央の階段ぽく見える部分はそれです。 当時、東洋一と言われたケーブルカーだったのですが戦争の際に鉄の原料とされて廃線。 画像. ここは市道?の終点にありますが個人の敷地&お屋敷に入る所 
朝熊ヶ岳(あさまがだけ)555m/朝熊岳道/朝熊岳八大龍王社/金剛證寺
http://www48.tok2.com/home/yamabiko/yamabiko15/asamayama.html
しばらく進むと、かっての、朝熊登山鉄道のケーブルカー軌道跡に橋が架かる。 このケーブルカーの悲しい運命(歴史)は、次の写真をクリック、 戦後は、復活することもなく、S37に正式に廃線、S39伊勢志摩スカイライン開通を見越しての決断と思う。、.
廃線レポート 朝熊登山鉄道 鋼索線
http://yamaiga.com/rail/asama/main.html
廃線レポート朝熊登山鉄道鋼索線第1回公開日2015.9.6探索日2014.2.1所在地三重県伊勢市トップ>廃線レポ>1/今回はちょっとばかりスリリングな廃線跡を紹介しよう。皆さまは、日本一、いや、東洋一とさえといわれた、そんなケーブルカーをご存知であろうか。大

ピックアップ廃墟