広尾線(幸福駅、愛国駅) 概要・歴史

広尾線(ひろおせん)は、北海道帯広市の帯広駅で根室本線から分岐し十勝平野を南下して広尾郡広尾町の広尾駅に至る国鉄の鉄道路線。

1929(昭和4)年から1932(昭和7)年にかけて帯広 - 広尾間が開業した。西側の区間は、2つの軽便鉄道を買収して延長した日高本線として1935(昭和10)年に様似まで開業したが、様似 - 広尾間は未開業に終わり、国鉄バス襟裳線がその間を結んでいた。

1980(昭和55)年の国鉄再建法制定にともない第2次特定地方交通線に指定され、国鉄分割民営化直前の1987(昭和62)年2月に廃止された。

同線には幸福駅(こうふくえき)と愛国駅(あいこくえき)があり、1973(昭和48)年3月、NHKの紀行番組で紹介され一大ブームとなり、「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで全国的な人気を博した。現在でも両駅とも観光地として整備されているが、愛国駅横にあったヨ3500形車掌車を再利用した売店は閉店している。

2018年時点で、待合室のみの駅を含む旧駅舎が4駅(愛国、幸福、忠類、大樹)残存しており、記念公園(愛国、幸福、忠類)になっているものや、他目的に転用されたもの(大樹)などがあるが、営業当時の面影を残している。

状態
2019年05月21日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

広尾線(幸福駅、愛国駅) 住所

北海道帯広市

広尾線(幸福駅、愛国駅) 種類

廃線・鉄道駅

広尾線(幸福駅、愛国駅) 画像・写真

広尾線(幸福駅、愛国駅)
広尾線幸福駅

広尾線(幸福駅、愛国駅) ストリートビュー・空中写真

広尾線(幸福駅、愛国駅) スポット

広尾線(幸福駅、愛国駅) 関連ブログ・参考リンク

広尾線探索① 愛国駅|HAJIの冒険記
http://ameblo.jp/tanken32/entry-11225980693.html
4 日前 愛国駅と広尾線のあゆみ. HAJIの冒険記. 駅舎内には広尾線の資料が展示されている 。 HAJIの冒険記. 次回へ続く. 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ]. トーチカ 植苗 おととい; 80年代洋楽♪ 『ア… 04月15日; トーチカ 苫小牧元町 04月14日
廃線研究所 国鉄広尾線
http://www.ogaemon.com/haisen/hiroo-sen/hiroo.html
おがえもん廃線研究所. 調査時期 平成13年10月 広尾線とは根室本線の帯広から 南下して帯広に至る84kmの路線でした。 開通は昭和4年(1929)11月2日に帯広~ 中札内間、昭和5年(1930)10 愛国から幸福ゆきのきっぷ. 広尾線廃線調査写真の ページへ.
広尾線廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/hiroo1.html
根室本線の帯広駅から南下し、太平洋に面した広尾までの84Kmの距離を結んでいた 広尾線は、昭和2年(1927)8月1日に敷設工事が着手され、昭和4年11月2日に帯広~ 中札内間、翌、昭和5年10月10日に中札内~大樹間、更に昭和7年(1932)11月5日に
広尾線 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/hiroo.html
十勝地方の中心都市帯広と大平洋岸の町広尾を結んでいた広尾線は、1922年に公布 された鉄道敷設法にある「胆振国苫小牧 の大部分が撤去され、かろうじて駅舎と構内 の一部が残されるなど、他の廃線跡でもいえることだが、将来への不安は常に残る。
廃線跡の旅31・広尾線
http://homepage2.nifty.com/RW-kusamakura/haisen31.htm
広尾線は、北海道の帯広から広尾までの84.0kmを走っていた路線である。愛国から 幸福の切符が人気となり、収支 愛国駅と幸福駅の間にあった大正駅も、廃線当初は 駅構内が保存され、新幹線車両が展示されていた。尋ねる人もなく落ち着いた雰囲気の 駅
廃線探索 広尾線 愛国駅・幸福駅
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/090307hiroosen.html
2012年7月7日 北海道十勝支庁管内の帯広市の帯広駅で根室本線から分岐し、十勝平野を南下して 広尾郡広尾町の広尾駅に至る。国鉄再建法の制定にともない第2次特定地方交通線に 指定され、国鉄民営化直前の1987年に廃止された。国鉄広尾線時代
北海道の廃線<広尾線>
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/3683/hiroosen.htm
国鉄広尾線 ひろおせん 十勝と日高を結ぶ夢を持って着工された路線である。1932年( 昭和7年)に広尾まで開通した。この区間に愛国駅・幸福駅があり「愛の国から幸福へ」 という言葉で区間切符が1974年(昭和49年)頃から爆発的な売れ行きを示すように
国鉄広尾線廃線跡
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/062hiroo1.html
駅名, 営業キロ. 帯広, おびひろ, 0.0. 依田, よだ, 4.1. 北愛国, きたあいこく, 6.7. 愛国, あいこく, 11.0. 大正, たいしょう, 16.7. 幸福, こうふく, 22.0. 中札内, なかさつない, 28.1. 更別, さらべつ, 35.4. 上更別, かみさらべつ, 42.0. 忠類, ちゅうるい, 50.0. 十勝東和
国鉄広尾線廃線跡1 帯広-愛国間
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/062hiroo2.html
帯広駅. 広尾線とは逆の帯広駅西側に、広尾線のレールを使用したオブジェがある。 広尾線は根室線と並行してしばらく東へ進んでいたが現在は根室線の高架があるのみ である。600mほどで根室線の方がカーブして分岐する。 高架が続く, 分岐点 根室線は 左
国鉄広尾線 - The Ruins of Rail --- 廃線跡を旅する
http://www.kysd.net/hiroo.html
広尾線はもともとは、苫小牧より鵡川、浦河、広尾を経て帯広に至る鉄道、すなわち現在 の日高線と一体になって計画された線区である。現実的には十勝地方随一の都市帯広 と、同地方唯一の港である十勝港を結ぶことを主目的として、建設が開始された。
旧国鉄広尾線 と 黄金道路 をめぐる帯広→えりも岬 の旅 【第1ステージ
http://hattrick-republicofchina.at.webry.info/201307/article_1.html
旧石坂小学校は廃校になったようで、大樹町郷土資料館になっていた。二宮金次郎さんの銅像があった。十勝では二宮金次郎さんの銅像をよく見かける。二宮尊徳さんは二宮?か小田原か、とにかく相模国西部の出身だと思うけど、横須賀 
廃線研究所 国鉄広尾線 現地調査1 - おがえもん.
http://www.ogaemon.com/haisen/hiroo-sen/hiroo-pt1.html
広尾駅 広尾線の調査は終点の広尾駅からスタートしました。 駅舎は現在も健在でバスターミナルの待合室として活用され、バスの窓口があります。駅舎内は広尾線の記念館も兼ねています。 改札口もそのまま残されています。駅裏のホームなどがあった場所は 
愛国おみやげの現在 : 仄暗いお散歩
http://honoguraiosanpo.blog.jp/archives/1020080383.html
休もうにも、ここ数年営業している雰囲気ゼロ。田母神さんのキーホルダーを売るとか、別の方向性で再生はできないものでしょうか。この構図から考察すると、コンセプトとしては、編成された連なる車両のおみやげ屋さん・・・鍵がかかってました(当然)。旧国鉄駅は、現在バスの停
幸福駅
https://ameblo.jp/kaworispace/entry-12307778422.html
幸福駅(こうふくえき)は 日本国北海道(十勝支庁)帯広市幸福町にあった日本国有鉄道(国鉄)広尾線の駅(廃駅) 広尾線の廃線に伴い 1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった 雰囲気がとてもあります₍₍ ପ(๑˃̶◡ ˂̶)੭
北海道・愛の国から ~ 幸福へ
https://ameblo.jp/yamano-himawari-musume/entry-12311083239.html
ブロ友さんたちの中には、 この 広尾線 の 愛国駅、幸福駅 が一大ブームになった頃の ことをご存知の方が多いのではなった頃の ことをご存知の方が多いのではないでしょうか? 1987年(昭和62年)に廃線になっています。
5月5日 道の駅巡り
https://ameblo.jp/m-monogram/entry-12292124336.html
乃湯から道の駅「なかさつない」へ移動時に 偶然看板をみつけ、ここかっ!!!って(笑 帯広市幸福町にある、旧国鉄広尾線沿線内の駅名 1987年2月2日に広尾線は全て廃線。 駅舎も廃駅になる予定が駅名の縁起の良さから存続。 現在

ピックアップ廃墟