船渡峡(国道361号線旧線) 概要・歴史

船渡峡は、岐阜県高山市高根町にある景勝地。現在中之宿トンネルが通っている朝日貯水池からその上流にかけて、断崖沿いを通っていた国道361号線の旧道がある。また使われ亡くなった廃橋梁を確認できる(地図)。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

船渡峡(国道361号線旧線) 住所

岐阜県高山市高根町中洞

船渡峡(国道361号線旧線) 種類

廃道

船渡峡(国道361号線旧線) 関連ブログ・参考リンク

国道361号線-船渡峡廃道 周辺図
http://usa-nekosando.web.infoseek.co.jp/miti_361huna-map.html
【国道361号線-船渡峡廃道 周辺図】 国道361 中之宿トンネルの西の坑門の前に、 かつての難所「地蔵尾の下道」のいきさつを記した看板があります。 現在もこの道は、 断崖の横に残っているらしく、詳しい事が「ぎふこくナビ」の「鳥屋峠」の所にあります。

ピックアップ廃墟