旧五色林道 概要・歴史

五色林道は、山形県米沢市板谷にある五色温泉に通じる道。

新道と旧道があり、旧道には林道区間と廃道区間がある。林道部分はジークライトの鉱山用道路として利用されているが、廃道化した部分は藪に覆われ踏破困難となっている。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

旧五色林道 住所

山形県米沢市板谷

旧五色林道 種類

廃道

旧五色林道 関連ブログ・参考リンク

林道日記/五色林道/新五色林道
http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/2.Rindou_File2/414.ym-goshiki-QandN/414.ym-goshiki-QandN.html
五色林道の起点は本来板谷村の東端にあり、奥羽本線起工に合わせて換線を受けた 新板谷峠と旧板谷峠を繋げる形と思われる。戦後、現在の主ルートである山形県道154 号桧原板谷線(考えるにどのルート想定した県道なんだろう?恐るべし山形県道)の 旧道が 左手が旧五色林道入口。板谷駅からここ...
2011SpringTour「五色林道 廃道区間」
http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/5.touring-report/5.2010-11/11-itaya.B/11SPT-itaya.html
板谷・旧五色林道探訪 . 旧五色林道は、その一部が県道に入れ替わっているが、現在 も辛うじて生き残っている。 イヤイヤマテマテ、廃道の師と仰がせて頂く事にしたおぉ じぃ師に因れば、二分山のEDタイヤは空気圧の加減で最強のオフタイヤに、しいては

ピックアップ廃墟