羽村山口軽便鉄道

羽村山口軽便鉄道は、大正5年から昭和4年にかけて村山・山口両貯水池造成の為、砂利・建設資材の運搬を目的として建設された東京都水道局の軽便鉄道。羽村市の多摩川から貯水池まで約12.6kmの路線だった。

多摩川べりの羽村の堰付近から青梅線を越えたあたりまではインクライン、そこから先は軽便鉄道によって運搬されていたという。

路線跡のほとんどが生活道路もしくは遊歩道となっているが、一部が横田基地となり、この部分の痕跡は確認できない。

地図は横田トンネル。自転車道として活用されている。付近には6つの隧道がある。

赤坂トンネル自転車道の東側を辿っていくと、転用されていない廃隧道が見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

羽村山口軽便鉄道 住所

東京都武蔵村山市

羽村山口軽便鉄道 種類

廃線・鉄道駅

羽村山口軽便鉄道 画像

羽村山口軽便鉄道

羽村山口軽便鉄道

羽村山口軽便鉄道

羽村山口軽便鉄道

羽村山口軽便鉄道 写真・ブログ・リポート

「線路を歩こう。」羽村山口軽便鉄道
「線路を歩こう。」羽村山口軽便鉄道
http://www.kichijoji.gr.jp/ikaga/200811_01/page05.html
064, 12:23。多摩湖自転車道に出た。 この道路は仕事でたまに通るが、実はこの 周辺は廃墟化した建物が数多くあって、不法投棄も多く、沿道はかなり汚らしい。 そもそもは 手前に戻ると○ブ○テル街があって、日中でもそれなりに客が入っている。 理由は
貯水池をめぐる軽便鉄道
http://www.toy-train.com/japan/kop/hamura.html
謎の軽便鉄道発掘の副題で資料の少ない、村山・山口貯水池建設の軽便鉄道を調べた 労作です。トンネルがまだ残っていて通ることができると出 の貯水池防空対策工事に も使われました。この羽村-山口軽便鉄道の廃線跡とトンネルが残っているのです。
羽村山口軽便鉄道
http://hkuma.com/rail/hamu00.html
羽村山口軽便鉄道(通称)は、村山貯水池や山口貯水池のダム建設用砂利を運搬する 目的で設けられた、東京都水道局の工事用軌道です。 多摩川べりの羽村 た様です。 訪問したのはちょうど桜の時期、ヒラヒラと花吹雪散る中を走る廃線散歩となりました。
羽村山口軽便鉄道(5)
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn020/hamuyama/hamuyam5.html
羽村山口軽便鉄道(5). 廃線跡周辺はほとんど住宅地だが、たまに畑が点在。 ← 面白い形の家発見。 突然、バス停(武蔵村山高校 その先、廃線跡はIHIガスタービン 研究所発電所の敷地に入り込んでいた。覗いてみたら、廃線跡が道になっているよう だった。
羽村・山口軽便鉄道
http://www.geocities.jp/kotsubamm/noyamakita.html
羽村・山口軽便鉄道 (野山北自転車道区間) その1 H21年 10月8日 唐突だが この先にも廃線が続いているが・・・ 時間の関係でこの微妙な位置から本レポートを開始 することにする。 この先は工場内を貫通し、米軍横田基地を超え、 羽村の市街地を横断 し、
羽村山口軽便鉄道
http://kanso.cside.com/neko_tabi/sayamako01.htm
羽村山口軽便鉄道は大正5年から昭和4年にかけて村山・山口両貯水池造成の為に 砂利・建設資材を運ぶために徐々に延伸された東京都水道局の軽便鉄道です。 羽村 から貯水池までのたった12.6kmの路線でした。 今回はこの廃線跡から、6連?
羽村~横田基地
http://hkuma.com/rail/hamu01.html
羽村山口軽便鉄道. 多摩川サイクリングロードの終点、羽村の堰から一旦奥多摩街道 へ出て立川方面へ折り返し、すぐ先のマンション脇から左手の河岸段丘を急坂で登ると 右手にゲートボール場がある。ここが廃線跡が明確に分かる、探索のスタート地点だ。
廃線探索 羽村山口軽便鉄道-1(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/100320hamurayamaguchi.html
2010年4月4日 羽村山口軽便鉄道は大正5年から大正13年にかけて当時の東京市人工の増加に対応するため村山貯水池建設と羽村・山村線導水管布設工事を行い、さらなる人口増加に対応し、昭和4年から新たに山口貯水池の建設に着手、これに先立ち 
羽村山口軽便鉄道
http://www.kanso.cside.com/neko_tabi/sayamako01.htm
村山・山口両貯水池造成の為に砂利・建設資材を運ぶために徐々に延伸された東京都水道局の軽便鉄道です。 羽村から貯水池までのたった12.6kmの路線でした。 今では地元の方が犬の散歩や買い物で利用する生活道になっています。 今回はこの廃線跡 
シリーズ東京・多摩ミニ探訪
http://www.e-tama.com/tanpo/tt-new.htm
羽村山口軽便鉄道」廃線跡を歩く 今年の春は早いようだ。 3月24日JR・駅からハイク多摩・武蔵野ウォーク 廃線跡を訪ねてに参加した。 今日はJR「廃線跡を訪ねて」シリーズの3回目だ。「羽村山口軽便鉄道」は東京市民の水がめとして村山貯水池(多摩湖)を 
羽村山口軽便鉄道跡 - トップページ
http://poist.travel.coocan.jp/trips/20131228_hamura/page1.html
2013年12月28日 羽村山口軽便鉄道の廃線跡は、今もほぼ全線に渡って遊歩道として残っています。 考えてみれば、これはとても不思議なことです。 1931年(ごろ)の廃線から82年も経過しているのに、なぜ廃線跡が今なお残っっているのか。 土地が貴重な 
「線路を歩こう。」羽村山口軽便鉄道
http://kichijoji.gr.jp/ikaga/200811_01/index.html
2008年11月30日 この貯水池が「村山貯水池」であり、その導水管工事のために敷設されたのが羽村山口軽便鉄道というわけだ。 武蔵村山市には鉄道がないので、廃線跡を利用して敷設すればよさそうなものだが、導水路の真上であり、古い工事で土被りも