八総鉱山(八総鉱山小学校) 概要・歴史

八総鉱山(やそうこうざん)は福島県南会津郡の田島町および舘岩村(現南会津町)にあった鉱山。

銅・鉛・亜鉛・硫化鉄を産出した。

江戸時代末期に採掘が始まり、明治期に古河財閥創始者の古河市兵衛が鉱業権を取得したが本格開発に着手することはなかった。以後断続的に採掘が行われ、終戦後の1949(昭和24)年、住友金属鉱山が買収して翌年に開発に着手、旧舘岩村側の旧八総鉱山と旧田島町側の旧滝ノ原鉱山を通洞坑で結び、旧田島町側に選鉱場を設けた。その後、主として銅山として経営され、ほかに鉛、亜鉛、硫化鉄を産出した。

1956(昭和31)年から1961(昭和36)年の最盛期には年間平均生産粗鉱量は約16万トンに達した。この時期の従業員は500名以上であり、家族を含めると約2,300名が居住し、田島町立八総鉱山小学校が設置されるほどに栄えた。

1970(昭和45)年7月に終掘し、9月に閉山した。その翌年、小学校も廃校となった。

現在、現地には、選鉱場跡地に稼動中の中和処理場があり、通洞坑跡、鉱滓沈殿池跡、選鉱機械の基礎コンクリート跡等が残る。コンクリート擁壁で整備された採鉱用の道路は、荒海山への登山道に利用されている。

八総鉱山小学校跡地は会津高原オートキャンプ場、後にあらかい健康キャンプ村として活用されているが、2011(平成23)年末に一部を除いて解体された。

状態
2019年07月12日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

八総鉱山(八総鉱山小学校) 住所

福島県南会津郡南会津町

八総鉱山(八総鉱山小学校) 種類

廃鉱・採石場跡

八総鉱山(八総鉱山小学校) 画像・写真

八総鉱山(八総鉱山小学校)
八総鉱山のズリ山と選鉱場跡地
八総鉱山(八総鉱山小学校)

八総鉱山(八総鉱山小学校) ストリートビュー・空中写真

八総鉱山(八総鉱山小学校) スポット

八総鉱山(八総鉱山小学校) ブログ・リポート

八総鉱山小学校 - nifty
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/moku_yasoh.htm
田島町立 八総鉱山小学校 八総鉱山は44年に閉山。銅、鉛、亜鉛、硫化鉄などを産出していた。 最盛期は昭和30年代で、八総鉱山の人口は2千人を越えた。 その鉱山小学校は閉山2年後の昭和46年に廃校。 (参考HP) "八総鉱山小学校"のページ 
八総鉱山(福島県)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/8sou/8sou.html
八総鉱山福島県南会津郡田島町・館岩村八総鉱山は、徳川時代より採掘されており本格的には昭和25年~44年まで20年間にわたり住友金属鉱山が八総鉱山として操業した、田島町側に通洞坑を設け選鉱場を設置し銅、鉛、亜鉛、硫化鉄を浮選方式で日産500トン処理20年間で粗鉱
南会津の輪!!:八総鉱山小学校 解体される - 南会津.COM Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/minami_aizu/archives/52141464.html
南会津町滝原の八総鉱山跡にある田島町立八総鉱山小学校。その八総鉱山小学校が遂に解体されてしまいました。八総鉱山は南会津町滝原(田島地区)から南会津町八総(舘岩地区)の間にあった鉱山で、江戸時代末期には既に採掘されていた記録があるので驚きです。最初は館岩側の旧八

八総鉱山(八総鉱山小学校) キーワード

セブンイレブン ホテル 八総鉱山跡 大岩 止めた 登山口 稜線 車

ピックアップ廃墟